全国の初詣人出ランキングベスト10の神社、お寺の初詣情報。

おすすめ初詣スポット2011
MAPPLE 観光ガイド
明治神宮、川崎大師、浅草寺など、人出ランキングベスト10の有名初詣スポットを特別に紹介!

初詣スポットの人出ランキング・ベスト10(1〜5位)

6位〜10位のページへ

※ランキング順位は、各物件の主催者調べによる2013年三が日の参拝者数をもとに作成しています。

 

第1位

明治神宮

(東京都渋谷区)
明治神宮
2013年三が日の人出約313万人

明治天皇と昭憲皇太后のご神霊をお祀りする為に創建された。初詣者数は三が日で300万人以上、例年全国1位を記録している。ご利益は皇室弥栄・世界平和・家内安全・社運隆昌・縁結び・厄除け・交通安全・合格成就。

明治神宮の詳細情報はこちら

ページトップへ

第2位

成田山新勝寺

(千葉県成田市)
成田山新勝寺
2013年三が日の人出約300万人

940(天慶3)年に寛朝大僧正によって開山され、御本尊は不動明王。また、光明堂の裏にある奥之院には大日如来が祀られている。300畳の広さを誇る大本堂から大塔へ進むと、眼下に成田山公園が広がる。3つの池の上流にある雄飛の滝はパワースポットとしてもお見逃しなく。

成田山新勝寺の詳細情報はこちら

ページトップへ

第3位

川崎大師 平間寺

(神奈川県川崎市川崎区)
川崎大師 平間寺
2013年三が日の人出約298万人

尊賢上人により開基され、古くから厄除けのお大師さまと親しまれ、厄除けをはじめ諸願成就の護摩祈願をおこなっている。境内には、平安朝様式の大本堂や薬師殿、八角五重塔、仏教の経典が納められている経蔵などがある。

川崎大師 平間寺の詳細情報はこちら

ページトップへ

第4位

浅草寺

(東京都台東区)
2013年三が日の人出約281万人

参道の仲見世には名物の雷おこしや人形焼きなどを売る店が軒を並べる。江戸時代に建立された本堂などの伽藍は関東大震災にもびくともしなかったが、東京大空襲でほとんどが焼失。急勾配の屋根が特徴的な本堂や五重塔などは戦後に再建された。大提灯で有名な雷門も1960(昭和35)年に松下幸之助の寄進によって再建されたものだ。

浅草寺の詳細情報はこちら

ページトップへ

第5位

伏見稲荷大社

(京都府京都市伏見区)
伏見稲荷大社
2013年三が日の人出約270万人

全国で3万社を超える稲荷神社の総本宮。朱塗りの楼門は、1589(天正17)年に豊臣秀吉が寄進したと伝えられている。重要文化財の本殿は1499(明応8)年に再興された檜皮葺きの建造物。

伏見稲荷大社の詳細情報はこちら

ページトップへ

6〜10位のページへ