コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【静岡】どんなトコ?エリア&基本情報をチェック!

【静岡】どんなトコ?エリア&基本情報をチェック!

by mapple

更新日:2019年1月20日

東西に広く、海あり、山あり、街あり、自然ありと、さまざまな魅力にあふれる静岡県。エリアによって楽しみ方も千差万別。何を目的にどこを訪れるか、おでかけ前にエリアの特徴をチェック!

富士山麓

ご存知、世界遺産の富士山の麓に広がるエリア。朝霧高原を中心に、動物たちと触れ合える施設が数多くある。澄んだ空気と水にはぐくまれた素材を生かしたグルメも楽しめる。

静岡を代表する富士山と茶畑(富士市)

伊豆

熱海や修善寺など、数多くの温泉地を有する伊豆半島。海を望む開放的な絶景露天風呂も多く、非日常のリゾート感を味わえる。新鮮な海の幸も豊富で、心もお腹も大満足。

日本平・三保・清水

「三保松原」や「日本平」などの定番観光地が集まるエリア。それぞれの施設の改修が進み、観光地としての魅力を再発見できるようになってきた。清水港の鮮魚も見逃せない。

大井川・焼津・藤枝

「きかんしゃトーマス」で人気の大井川鐵道で、静岡県の山懐の奥へ向かうと世界が注目する絶景・寸又峡が待っている。カツオの水揚げ量日本一を誇る焼津港も見逃せない。

コバルトブルーが美しい、寸又峡の夢の吊橋(川根本町)

浜名湖・浜松・掛川

うなぎや浜松餃子、フルーツなど、食のバリエーションが豊富なエリア。浜名湖ではマリンレジャーが盛んで、湖畔の舘山寺温泉の宿を拠点に観光を楽しみたい。

日本一長い湖の周囲の長さを持つ浜名湖(浜松市)

静岡タウン

家康公が将軍の職を譲り、大御所として過ごした駿府城下町・静岡タウン。お茶スイーツや静岡おでんなど、静岡ならではの食材を使った飲食店が、コンパクトな街なかに集結。

旅のプランニングアドバイス

静岡を旅するときに押さえておきたいポイントは、主に【交通機関をどうするか】【宿泊はどうするか】【訪れる時期はいつが良いのか】の3つ。

電車派なら

東西に長い静岡県。新幹線の駅が6つもあるので、駅を拠点に行きたいエリアへバスやレンタカーで移動しやすい。また、海を感じたいなら「伊豆急行」、素朴な山あいの風景を楽しみたいなら「大井川鐵道」、夜景を売りにしている「岳南鉄道」など、魅力的なローカル鉄道も多くあるので、併せて楽しみたい。

クルマ派なら

静岡県の東西を、東名高速道路、新東名高速道路の2本の高速道路が結んでいるので、効率よく静岡県を回りたいなら、それぞれのICをうまく活用するのが便利。新東名は山間を通りトンネルが多く快適な道路。景色を楽しむなら、海沿いや茶畑の中を走る東名高速がおすすめ。

泊まるなら

温泉宿に泊まりたいなら、「舘山寺温泉」や「伊豆」の温泉宿を目指したい。それら以外のエリアは、ビジネスホテルが比較的多くなるが、最近は、静岡の景色や食を生かした個性的な宿泊施設も多く誕生している。静岡タウンにもゲストハウスができるなど、旅の目的に合わせた宿の選択肢が増えてきている。

イベントもチェック

「大道芸ワールドカップ in 静岡」や「浜松まつり」、「河津桜まつり」などのイベントが有名だが、それら以外にも、旬の味覚や四季折々の花などの旬を目指して旅をすると楽しいのが静岡県の魅力。巻末のおでかけカレンダーをチェック!

富士山を見たいなら

静岡に来たら、いつでも富士山が目の前に見えると思ったら大間違い。季節や時間帯によっては、晴れているのに見えないということもある。富士山のふもとにある富士市の調査では、平成29年度に富士山が見えた日は、年間で214日。特に、11〜2月頃が比較的よく見えるので、プランニングの参考に。

旅立つ前の基本知識Q&A

静岡を訪れる前に知っておくと、さらに旅が楽しくなる基本情報や地元ネタをご紹介。

静岡ってドコにあるの?

静岡は、東京と名古屋の間の太平洋側にあります。東海道新幹線だと、静岡駅までは東京駅からでも名古屋駅からでも「ひかり」でちょうど1時間です。ちなみに「のぞみ」は止まりません。新幹線以外の交通網では、在来線の東海道本線、クルマだと東名高速道路、新東名高速道路が東西をつないでいます。空港は、富士山静岡空港が茶畑の真ん中にあります。

静岡の人気観光地ってドコ?

日本最大のサファリゾーンを持つ「富士サファリパーク」は、富士の麓にあり年間通して親子連れに人気です。また、島田市の新金谷駅を起点としてほぼ毎日SL運行をしている「大井川鐵道」も、近年は「きかんしゃトーマス号」が走ることもあり根強い人気です。浜松市にある「エアーパーク」は、航空自衛隊による日本唯一のテーマパークで無料ということもあり賑わっています。また「うなぎパイファクトリー」も無料の工場見学施設として人気が高いです。

大井川鐵道を走るSL

富士サファリパーク名物、泳ぐゾウ

静岡でディープな旅がしたい!

静岡おでんは、繁華街に点在している「おでん横丁」などで食べられます。横丁には、お母さんが一人できりもりするカウンターだけのお店が多くあり、地元のご常連と並んで静岡おでん片手に静岡割り(お茶割り、つまり焼酎のお茶割り)を飲めば、もう立派な静岡人です。また、大井川鐵道以外にもローカル鉄道が多数あり、「岳南電車」や「天竜浜名湖鉄道(通称:天浜線)」などでは、のんびりとした静岡の風景を味わえます。

岳南電車

静岡おでん

静岡の美味しいモンって何?

何はなくとも、駿河湾で獲れる新鮮な海産物です。各漁港周辺には、リーズナブルかつボリューム満点の魚料理を提供するお店が多数あり、まぐろやかつお、桜えびにしらすなどなど、静岡ならではの味覚を味わえます。また、静岡には「静岡おでん」、浜松には「浜松餃子」、富士宮には「富士宮やきそば」と、地元に根付いたローカルフードが多数あります。最近では、静岡県内だけでチェーン展開する、牛肉100%のハンバーグが食べられる「炭焼きレストランさわやか」が大人気。そして何より、どんなお店に行っても、食のレベルが全体的に高いのが静岡県のすごいところです。

浜松餃子

清水港のまぐろ丼

富士宮やきそば

炭焼きレストランさわやかの、げんこつハンバーグ

静岡のカルチャーってどんな感じ?

人口300万人の静岡県には、NHKのほか民放4局のテレビ局があることも手伝い、全国発売前の商品をテストマーケティングすることがあります。また平日夕方の情報番組は4局揃い踏みでしのぎを削っていることもあり、テレビ番組発信のローカルネタが充実しているのも特徴。静岡県民に愛されるローカルタレント&アナウンサーも多くいます。

地元民しか知らないローカルフードって何?

全国的には知られていませんが、静岡県民ならみんな知っている飲食店といえば、「スマル亭」「五味八珍」「どんどん」。いずれも個性的なテレビCMを流していることもあり、長年地元で愛され続けています。また、静岡市の繁華街で深夜3時まで営業している「静岡弁当」のあみ焼き弁当、朝が早いお茶屋さんのために早朝から開いているという「藤枝朝ラーメン(通称:朝ラー)」など、その土地ならではの文化に根付いたローカルフードも見逃せません。

静岡弁当のあみやき弁当

筆者:mapple

まっぷる静岡 浜名湖・富士山麓・伊豆’19

発売日:2018年10月05日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×