コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【しまなみ海道】瀬戸内海!おすすめロケーションカフェ!

【しまなみ海道】瀬戸内海!おすすめロケーションカフェ!

【しまなみ海道】瀬戸内海!おすすめロケーションカフェ!

by mapple

更新日:2019年2月16日

しまなみ旅を楽しむなら瀬戸内海の多島美はハズせない。オーシャンビューが自慢のカフェでひと休み。

open cafe 遠見茶屋

カレイ山展望台のそばにある山上のオープンカフェ
標高約200mの高台に建つ絶景カフェ。席は開放的なテラス席のみで、能島や伯方島など瀬戸内海に浮かぶ島々を眺めながら名物のカレーやコーヒーをどうぞ。営業は春から秋の土・日曜、祝日のみなのでご注意を。【大島】

絶景point
瀬戸内海を見下ろす店内には壁がないため、ここちよい潮風が吹き抜ける

open cafe 遠見茶屋
open cafe 遠見茶屋

カレイ山のカレーライス(サラダ付)800円は1日限定25食のため予約がベター

Pâtisserie T’s cafe玉屋

オーシャンビューのパティスリーカフェ
穏やかな瀬戸内海を望む店内では、季節のフルーツをふんだんに使ったスイーツを楽しめる。夏季限定のまるごとピーチは、桃の中に甘さ控えめのカスタードが入る人気メニュー。【伯方島】

絶景point
天気がいい日には四国の山々が見られることも。ウッドデッキのテラス席が特等席

Pâtisserie T’s cafe玉屋

まるごとピーチ 600円(6月中旬~8月中旬)、アイスティー550円。スイーツはテイクアウトもできる

Pâtisserie T’s cafe玉屋

どの席からも海を望める

Pâtisserie T’s cafe玉屋

ウッドデッキのテラス席もある

Bubuka-歩歩海

全席海を望むグッドロケーション
開放的な2階、個室感覚の縁側など全席から海を一望できる絶景カフェ。瀬戸内海の魚や契約農家の無農薬野菜を使い、和食出身のオーナーが本格的な一皿でもてなす。【大三島】

絶景point
開放的な店内から来島海峡大橋や、瀬戸内海を行き交う船を眺めてリラックス♪

Bubuka-歩歩海

メインに副菜、小鉢が付くブブカのお昼ご飯 1290円

Bubuka-歩歩海

自家製酵母の手作りパンで作るオーブンサンド 480円~

Bubuka-歩歩海

ハンモックがある2階

オミシマコーヒー焙煎所

コーヒーも眺めもスペシャルな焙煎所
みかん畑と瀬戸内海の多島美を眺めながら、自家焙煎コーヒーを味わえる。南米の高品質の豆をていねいにハンドドリップしたコーヒーと自家製デザートをどうぞ。【大三島】

絶景point
コーヒーの香りが漂う店内からは、みかん畑×瀬戸内海の眺望を楽しめる

オミシマコーヒー焙煎所

見晴らしのよいテラスで一服

オミシマコーヒー焙煎所

香り高いオリジナルブレンド 500円

オミシマコーヒー焙煎所

セルフリノベーションした築70年の古民家

注目の古民家カフェ&ブルワリー@大三島

大三島みんなの家

伊東豊雄建築プロデュースで話題
建築家・伊東豊雄氏が主宰する「伊東建築塾」の塾生と地元の人たちが元法務局の建物を再生。島食材で作るランチやスイーツなどを味わえる。

大三島みんなの家

10種類のスパイスをブレンドしたシミールカレー(ドリンクセット) 1050円

大三島みんなの家

オミシマコーヒー焙煎所のホットコーヒー 400円、村上井盛堂さんのレモンバターケーキ 350円

大三島みんなの家

ワークショップなども不定期で開催!

大三島ブリュワリー

しまなみ初の地ビール醸造所
無農薬の島産柑橘を使ったものなど3~4種類のビールがスタンバイ。大正時代の建物を再生した店内に醸造所を併設しており、できたてのビールを味わえる。【2018年5月オープン】

大三島ブリュワリー

(右から)ホワイトエール800円、ゴールデンエール900円、ペールエール800円(いずれもパイント)、ビールの種類は季節によって異なる

大三島ブリュワリー

豚トロベーコン 500円など、おつまみも数種類

大三島ブリュワリー

持ち帰りはできないので、店内でできたてをゴクリ

筆者:mapple

まっぷる愛知 名古屋 知多・三河’19

発売日:2018年10月18日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×