「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  大分【臼杵】歴史と文化が息づく「石仏群」&城下町めぐり

大分【臼杵】歴史と文化が息づく「石仏群」&城下町めぐり

臼杵城址

春は千本桜、夏はツツジが咲く
弘治2(1556)年ごろに大友宗麟が築城。のちに福原、太田と城主は代わり、稲葉氏が明治まで15代を守った。当時は臼杵湾に浮かぶ海城で、別名「丹生島城」。今は臼杵公園として整備され、復元した大門櫓と鐘楼が見られる。

臼杵城址

無料で見学することができる

臼杵城址の詳細情報


住所
大分県臼杵市臼杵丹生島91-1
交通
JR日豊本線臼杵駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休

おすすめ立ち寄りスポット

旧臼杵藩主稲葉家下屋敷

大名屋敷の内部を見る
稲葉家の臼杵滞在所として明治35(1902)年に建築された国の登録有形文化財。屋敷内の茶房から庭園を眺めることができる。

旧臼杵藩主稲葉家下屋敷

書院造り奥座敷など格式漂う造り

旧臼杵藩主稲葉家下屋敷・旧平井家住宅の詳細情報


住所
大分県臼杵市祇園洲6-6
交通
JR日豊本線臼杵駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
無休

野上弥生子文学記念館

造り酒屋の実家が記念館に
『秀吉と利休』で知られる臼杵出身の作家、野上弥生子の生家の一部を改装した文学館。約200点の遺品や著作などのほか、師夏目漱石の書も展示。

野上弥生子文学記念館

弥生子の少女時代の勉強部屋が残る

野上弥生子文学記念館の詳細情報


住所
大分県臼杵市臼杵浜町538
交通
JR日豊本線臼杵駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:30~17:00(閉館)
休業日
無休

臼杵市観光交流プラザ

イベントも行う観光の拠点
2014年に観光拠点施設としてオープン。歴史や文化、食などの情報を発信し、観光客はもちろん市民も集え、町歩きのスタート地点として臼杵の魅力を伝えている。

臼杵市観光交流プラザ

臼杵公園のすぐ近くに建つ

臼杵市観光交流プラザの詳細情報


住所
大分県臼杵市臼杵100-2
交通
JR日豊本線臼杵駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(閉館)
休業日
無休

ほり川母家

新鮮なふぐを贅沢に楽しむ
臼杵の城下町に建ち、宿とイタリア食堂を併設している。ランチではふぐミニ会席や近海で獲れた魚介をふんだんに使った海鮮丼を味わえる。

ほり川母家

海鮮丼セット(1944円)

ほり川母家の詳細情報


住所
大分県臼杵市臼杵祇園西5
交通
JR日豊本線臼杵駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:00(閉店)、17:00~22:00(閉店)
休業日
不定休12月31日~翌1月3日休

後藤製菓

臼杵銘菓とアイスのコラボ
臼杵産のショウガを輪かけした臼杵せんべいを販売。なかでもアイスを挟んだオリジナルのせんべいは、バニラと抹茶、ショウガの風味が好相性。

後藤製菓

生姜を練り込んだせんべいでサンドする

後藤製菓 新町店の詳細情報


住所
大分県臼杵市新町2組
交通
JR日豊本線臼杵駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:30
休業日
無休

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる大分・別府 由布院’18」です。掲載した内容は、2017年7~9月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。消費税の見直しにより各種料金が変更される可能生があります。そのため施設によっては税別を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。また、2016年4月発生の熊本地震、2017年7月の九州北部豪雨、および2017年9月の台風18号の影響により交通機関の状況が変更する場合があります。おでかけの際は最新の情報をご確認ください。

エリア

 >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×