コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  【淡路島】旅のポイント&楽しみ方をチェック!

【淡路島】旅のポイント&楽しみ方をチェック!

by mapple

更新日:2018年2月28日

播磨灘、大阪湾、紀伊水道の3つの海に囲まれた淡路島は、瀬戸内海で最大の島。周囲約203㎞の島内は大きく淡路、洲本、南あわじの3つのエリアに分かれている。どのエリアも観光スポットや食事どころ、温泉などが充実し、多彩な楽しみ方ができる。

淡路エリア

鮮やかな花々をウオッチング

こんなトコロ

見どころ
景観が見事な花スポットが集中する島内屈指のフラワーゾーン。

グルメ
岩屋港に揚がる「生しらす」を使った料理が人気を集める。

遊びどころ
兵庫県立淡路島公園アニメパーク ニジゲンノモリ、淡路ワールドパークONOKOROなどがファミリーにおすすめ。

淡路島国営明石海峡公園には近畿最大のチューリップ花壇が

スリルなアトラクションが楽しめる淡路ワールドパークONOKORO

洲本エリア

城下町とグルメを楽しむ

こんなトコロ

見どころ
洲本中心街の紡績工場跡や風情あるレトロな町並みをチェック。

グルメ
洲本の市街地や由良で味わう島の食材を使った料理は絶品。

遊びどころ
夏は大浜海水浴場、西海岸の五色県民サンビーチが人気。温泉もある。

赤レンガが美しい洲本アルチザンスクウェア

南あわじエリア

南国気分でリゾート遊び

こんなトコロ

見どころ
鳴門のうず潮や白砂青松の慶野松原海水浴場、スイセンの咲く灘黒岩水仙郷が定番。

グルメ
福良や阿那賀には新鮮魚介が味わえる店が集合。沼島のハモも絶品。

遊びどころ
淡路ファームパークイングランドの丘、淡路じゃのひれドルフィンファームが子どもにピッタリ。

観潮船に乗ってうず潮を間近に見学

淡路ファームパークイングランドの丘でかわいい動物とふれあえる

島めぐりアドバイス

クルマなら

島一周は東海岸から西海岸へ
淡路島を1日で一周する場合、高速道路から東海岸を走る国道28号へ出て南下した後、西海岸を走る県道31号で北上すると美しい夕日が眺められる。

島の横断は慎重に
淡路島を東西に横断するなら、県道71・88・46号を使おう。島の南部に行くほど横断には時間がかかるので要注意。

海風がここちよい道路を快適ドライブ

バスなら

主要バスターミナル周辺の観光を
淡路島の路線バスは便数が少ないので、前もって時間をしっかり調べること。京阪神からの高速バスが停車する主要バスターミナル周辺に限定した観光がオススメ。

バスの起点となる洲本高速バスセンター

船なら

明石港と岩屋港を結ぶ高速船「淡路ジェノバライン」が運航しているが、岩屋港から先のバスの便が少ないのが難点。橋を渡れない自転車を載せられるので、サイクリングを楽しむには向いている。

島旅の楽しみBEST3

魅力あふれる、淡路島ならではの旅のおめあてがこちら。

BEST1 島の花

四季の彩りにうっとり♥︎
ジャパンフローラ2000(淡路花博)の開催で、一躍「花の島」として有名になった淡路島。温暖な気候に恵まれ、春は菜の花やチューリップ、夏はアジサイやヒマワリ、秋はコスモス、冬はユリやスイセンと、一年を通じて花が絶えることなく訪れる人を迎えてくれる。

by fotolia - ©Masamitsu

淡路エリア
あわじ花さじきを黄色く染める春の菜の花

淡路エリア
パルシェ香りの館をパステル色に彩る秋のコスモス

ココにも注目!
●淡路夢舞台
●県立淡路島公園
●淡路市立香りの公園
●灘黒岩水仙郷

BEST2 島のグルメ

山海の幸がたっぷり!
淡路島の名物タマネギや地元の野菜、フルーツを使ったヘルシーメニューが大人気。島の漁港に揚がる身の締まった魚介、とろけるような甘みが特徴の淡路牛はまさに絶品。「御食国(みけつくに)」の異名を誇る淡路島のグルメ水準は全国でもトップランクだ。

淡路エリア
正寿司の大将オススメ天然コース

洲本エリア
農Cafe【八十八屋】の季節の八十八屋ランチ

南あわじエリア
焼肉平松の淡路牛の焼き肉

ココにも注目!
●海鮮丼を見逃すな!
●ご当地ランチをチェック!
●タコを目指して突き進め!
●タマネギを味わい尽くせ!

BEST3 島の遊び

家族で楽しめる♪
淡路島は恵まれた自然を生かしたレジャー施設が充実。動物とのふれあいやさまざまな体験メニューなどがそろい、ファミリーからも大好評だ。青空の下、家族や友人たちとバリエーション豊かな遊びで盛り上がろう。

洲本エリア
大浜海水浴場の夏は海水浴客で大賑わい

南あわじエリア
淡路じゃのひれドルフィンファームでイルカと握手

ココにも注目!
●人気のテーマパークで遊びつくそう!
●厳選 島レジャースポットへGO!
●レジャースポットでおもいっきり遊ぼう!
●キッズにおすすめ島ビーチ

筆者:mapple

まっぷる淡路島 鳴門’18

発売日:2017年12月13日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる淡路島 鳴門’18」です。掲載した内容は、2017年6~10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×