コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  金沢【21世紀美術館】周辺アートスポットをチェック!

金沢【21世紀美術館】周辺アートスポットをチェック!

by mapple

更新日:2018年4月24日

金沢21世紀美術館周辺にはさまざまな美術館や博物館がそろう。徒歩で多彩な美や文化に触れられるアートスポットだ。

兼六園周辺は県内一の文化エリア

兼六園を中心としたエリアは、県内でも随一の文化スポットであり、「兼六園周辺文化の森」と呼ばれている。さまざまな美術館や博物館、資料館がそろい、石川の伝統工芸や美術、歴史などを深く学べる。

鈴木大拙館

世界が尊敬する仏教哲学者を知り、そして思索する場
金沢市出身の仏教哲学者、鈴木大拙の思想や足跡などを紹介。回廊で結ぶ玄関棟、展示棟、思索空間棟の3つの棟と、3つの庭から構成されており、来館者が思索を深められる場も用意されている。【金沢21世紀美術館から徒歩8分】

【より深く味わうためのキーワード】 鈴木大拙

鈴木大拙(1870〜1966年)は、鎌倉円覚寺の釈宗演らに師事し、1897年に渡米。以来、長年にわたってアメリカに拠点を置き、欧米をはじめとした海外に日本の文化を伝えた。

お役立ちinfo

鈴木大拙館など金沢文化振興財団運営の17施設を見てまわれる1DAYパスポート(510円)を販売中。利用施設の受付窓口で購入できる。

凛とした静けさが心を洗う水鏡の庭と、思索空間。建物の設計は世界的建築家の谷口吉生氏が手がけた

日本が誇る仏教哲学者の足跡を振り返るだけでなく、自ら考えることも目的にした施設

この小径を歩きたい

鈴木大拙館の裏手から中村記念美術館までの「緑の小径」は、木漏れ日の差し込む気持ちのいい散策路だ。

石川県立美術館

優れた石川の美術工芸を発信
石川県立美術館は石川県の美術・工芸の粋が鑑賞できる。加賀の伝統文化を伝える古美術品をはじめ、石川県ゆかりの作家の近現代絵画・彫刻・工芸の優れた数々の作品を総合的に展示する。【金沢21世紀美術館から徒歩5分】

【より深く味わうためのキーワード】石川の伝統工芸

石川では古くから伝統の技と美が受け継がれてきた。九谷焼や輪島塗、加賀友禅などの国指定10品目をはじめ、県指定なども含めると県内の伝統的工芸品数は36品目にも上る。

お役立ちinfo

毎月第1月曜日、5月18日の「国際博物館の日」、10月第3日曜日の「いしかわ文化の日」はコレクション展示室などの観覧料が無料に。

コレクション展示室は7つ。芸術員会員や人間国宝の作品も数多く所蔵する

野々村仁清作の国宝・色絵雉香炉は常設で鑑賞できる

さまざまな視点で石川の美を発信する

この小径を歩きたい

「美術の小径」は中村記念美術館と石川県立美術館をつなぐ。辰巳用水の分流が流れ、夏場は市民の憩いの場に。

石川県立歴史博物館

原始から近現代まで祭りや暮らし、歴史を伝える
映像と音響、床振動で祭礼を体験できたり、日本最大級を誇った加賀藩の参勤交代を大型壁面パネルなどで紹介したりと、原始から近現代までの石川の歴史と文化を楽しく学べる。【金沢21世紀美術館から徒歩6分】

【より深く味わうためのキーワード】 いしかわ赤レンガミュージアム

加賀本多博物館と合わせ、2館3棟の建物の愛称は「いしかわ赤レンガミュージアム」。陸軍兵器庫などとして利用された歴史ある建築物で、国の重要文化財に指定されている。

お役立ちinfo

同じ敷地内には加賀藩の政治を主導した本多家の名品を展示する加賀本多博物館があり、お得な2館共通券(一般500円)もある。

展示室への入室は16:30まで。無料で利用できる交流体験館やほっとサロンもある

金沢市立中村記念美術館

茶道美術の奥深さをお茶とともに味わう
お茶道具と金沢ゆかりの工芸作品が鑑賞できる。茶道美術を中心に、古九谷、加賀蒔絵、加賀象嵌など工芸品から現代作家の作品までを所蔵。呈茶屋では抹茶と和菓子を手ごろな料金で楽しめる。【金沢21世紀美術館から徒歩6分】

【より深く味わうためのキーワード】茶の湯文化

加賀藩三代藩主・前田利常が仙叟宗室を招き、五代藩主・綱紀の頃には職人や町人まで茶の湯に親しんだ。その文化が根付き、現在でも茶道に親しむ人はとても多い。

重要文化財5点をはじめ、所蔵品約1000点を多彩なテーマで公開

呈茶室からは茶室と庭園をのぞめる

金沢能楽美術館

「加賀宝生」の世界に触れる
金沢に息づく能楽専門の美術館。1階は初心者もわかりやすい工夫を凝らした展示や着装体験ができ、2階のメイン展示室では貴重な装束や能面など能楽の美の世界に触れられる。【金沢21世紀美術館から徒歩すぐ】

【より深く味わうためのキーワード】 加賀宝生

「空から謡が降ってくる」と言われるほど、金沢は能楽が盛んな地域。なかでも、宝生流が根付いており、「加賀宝生」とも呼ばれるほど、独自の発展を遂げている。

能楽の世界を通して、金沢の文化の奥深さや優雅さを実感できる

【アート鑑賞後に立ち寄りたい!】 21美周辺の素敵Cafe

パティスリーオフク

和菓子も味わえる洋菓子店
大正時代創業の歴史ある和菓子店がパティスリーに。3代目の和菓子と4代目のスイーツを一緒に販売している。

古都美

和洋が溶け込む心地いい空間
大野の醤油や加賀のほうじ茶など、地元の食材を生かし、和と洋を融合させた見た目もかわいいお菓子がいろいろ。

カフェ&ブラッスリー ポール・ボキューズ

世界的巨匠が手がけるカフェ
フランス料理の巨匠ポール・ボキューズ氏プロデュース。テラスも備えた空間でデザートやランチが楽しめる。

甘味処 漆の実

漆器で提供する和スイーツ
1780(安永9)年から続く老舗漆器店、能作が営む甘味処。優美な漆器に盛られた自慢の和スイーツをどうぞ。

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる金沢 能登・加賀温泉郷19」です。掲載した内容は、2017年11月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×