コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  上高地ハイキング!【河童橋〜明神橋コース】チェック!

上高地ハイキング!【河童橋〜明神橋コース】チェック!

by mapple

更新日:2018年9月22日

河童橋から明神岳の麓に広がる神域・明神池をめざすコース。存在感のある巨木や森を流れる小川など、自然豊かな上高地を満喫できる。

起伏に富んだ原生林を歩くコース

パワースポットとしても人気が高い明神池。この池をメインスポットに散策するコースの最初の見どころは❶河童橋。今回は体力のあるうちに歩きたい右岸歩道からまわっていく。小さな湿原の❷岳沢湿原が最初の撮影スポット。そこを過ぎて原生林や水辺のある❸梓川右岸歩道を歩くが、前半は木道の平坦なコース、後半はアップダウンが続く。森林浴を満喫し、梓川沿いの開けたところに到着すれば、明神池はもうすぐ。❹穂高神社奥宮で参拝をし、❺明神池へ。❻嘉門次小屋でランチなど休憩を取るのもおすすめ。❼明神橋を渡り、上高地 明神館が見えてきたところで❽梓川左岸歩道に入る。こちらは平坦な道が続く。小梨平を抜ければ❶河童橋に戻る。

【コースDATA】
歩行時間 約2時間
歩行距離 約7km
体力 ★★☆
テクニック ★☆☆
トイレ 5カ所

コースポイント
左岸歩道は距離が少し短い。ふかふかの白い砂地の下白沢の押し出しが見どころだ。

【Start】上高地バスターミナル
⬇ 徒歩5分
1.河童橋
⬇ 徒歩15分
2.岳沢湿原
⬇ 徒歩すぐ
3.梓川右岸歩道
⬇ 徒歩45分
4.穂高神社奥宮
⬇ 徒歩すぐ
5.明神池
⬇ 徒歩すぐ
6.嘉門次小屋
⬇ 徒歩5分
7.明神橋
⬇ 徒歩すぐ
8.梓川左岸歩道
⬇ 徒歩55分
【Goal】上高地バスターミナル

サルに近づいたり、エサを与えないようにしよう

野生のカモへのエサやりは生態系が崩れるので厳禁

下白沢の押し出し付近は梓川が見えたり、河原に出られる場所もある

嘉門次小屋の前にある、山案内人の上條嘉門次のレリーフ

穂高神社奥宮への参道は、「上高地 明神館」前に立つ碑から続く

【Start】上高地バスターミナル

上高地観光の拠点となるバスターミナル。このコースのスタート&ゴールになるバス停だ。

1.河童橋

梓川に架かる上高地最大の名所
河童橋からスタート。梓川右岸歩道を行くルートと、梓川左岸歩道を行くルートがある。ここでは右岸歩道から明神橋を渡り、左岸歩道へ行くルートを紹介。

穂高連峰を望む河童橋。記念撮影をする観光客で賑わう

2.岳沢湿原

六百山を望む美しい湿原
湧き水をたたえる湿原は、六百山が望める絶景ポイント。イワナやカワマスなどが泳ぎ、マガモやオシドリの姿も見られる。6月中旬〜下旬にはレンゲツツジが、7月中旬にはニッコウキスゲが湿原を彩る。

木のデッキが造られているのでここから湿原を眺めよう

コース途中にあるイチイの大木。ほかの木より成長が遅いため、木漏れ日を得ようと枝を数多く伸ばしている

3.梓川右岸歩道

癒しの原生林と涼しげな水辺の道
梓川の右岸の散策路。変化に富む原生林や小川などの風景を楽しみながら木道を歩ける。左岸に比べると多少のアップダウンがあるので、時間に余裕をもった散策をしよう。

森の中を流れる清流に癒される。苔むした風景も美しい

歩きやすい木道が続く。木道から外れないように歩こう

上りもあるが、ゆるやかな階段状なので、楽に歩ける

起伏のある道を歩く
右岸歩道の後半に入ってくると、少々上りと下りを繰り返す箇所も出てくる。そんなにきつくはないが、無理せず休憩を取りながら歩こう。

4.穂高神社奥宮

日本アルプスを守る山の神様にお参り
祭神は穂高見命で、日本アルプスの総鎮守。穂高神社の嶺宮は奥穂高岳の山頂に祀られ、本宮は安曇野市にある。上高地(本来は「神垣内」)の名は、穂高神社とその祭神、穂高見命に由来する。

趣のある穂高神社奥宮の鳥居。ここをくぐると神域に入る

旅の無事を祈ってお参り。すぐ横に明神池への入口がある(拝観料300円)

河童橋が描かれている奥宮オリジナルのお守り

5.明神池

イワナも泳ぐ神秘的で澄んだ池
穂高神社奥宮の神域にある池。ヒョウタン形で、一之池と二之池があり、かつては三之池があったが消失した。湧き水でできた池なので、とても静かな水面をたたえている。明神池に行くには拝観料300円が必要。

鏡のように澄んだ明神池の一之池。明神岳の伏流水が湧き出ている

奥にあるのが二之池。碑に書かれた「眀」の字に注目

なぜ“明”が“眀”の字なの?
碑をよく見ると「明」の日へんに1本棒が多い「眀」となっている。訓読みで「みる」と読み、よりよく見えるようにと、このように書かれているという。

6.嘉門次小屋

焼きたての絶品イワナに大満足の食事処
明神池のほとりに135年前に建てられた小屋は、かつてウォルター・ウェストンの山案内を務めた上條嘉門次の住まいだったところ。現在は食事処兼宿泊施設として人気だ。奥には囲炉裏の間があり、イワナを焼きたてで提供してくれる。

囲炉裏で約50分かけてじっくりイワナを焼くので頭も骨も食べられる

イワナの塩焼き1000円。焼く直前に生け簀から上げるため新鮮

リンゴジュース500円。安曇野産の完熟リンゴを使用

7.明神橋

明神岳を眺める絶景の橋
明神池から少し歩いてたどり着く吊り橋。橋の上から眺める明神岳の雄々しい姿は見事で、撮影スポットにもなっている。ここがコースの中間地点となり、折り返しは左岸歩道へ向かう。

梓川に架かる明神橋。明神岳は尖った山容が印象的だ

8.梓川左岸歩道

白砂を踏みしめるゆるやかな歩道
歩きやすい道が続く左岸歩道には、イチイやシナノキなど巨木が点在。ハルニレ、ダケカンバなどの広葉樹の森のほかに、カラマツやコメツガなどの針葉樹の森もある。雰囲気の違う森や植物をじっくり観察できる。

左岸はとくに高低差もなく林の中をゆっくりと歩ける

白い砂地と石は花崗岩が砕けたもの。休憩ポイントとしてもいい

白い砂地が続く下白沢の押し出し
六百山から押し出されてきた岩くずが、年月を経て堆積したこの場所を「下白沢の押し出し」という。この周辺一帯は白い砂地で覆われているので、ふかふかした歩き心地だ。

【Goal】上高地バスターミナル

Cafe do Koisyo

手作りケーキやこだわりのコーヒー
パティシエが作る手作りケーキと、こだわりの焙煎ドリップコーヒーが味わえる。登山の休憩に立ち寄ってみたい店だ。

ランプの明かりが出迎えてくれる

なめらかな口どけのクリームブリュレ800円はパティシエールの自信作

森のリゾート小梨

上高地でキャンプ!
小梨平にある「森のリゾート小梨」キャンプ場はカラマツ林の中にサイトが広がる。常設テントやケビンもあるので、宿泊しやすい。

常設テントは5月中旬から9月下旬まで利用できる

小梨平付近に広がるカラマツ林。秋は黄金色に染まって美しい

森のリゾート小梨から見る穂高連峰も撮影場所として人気

上高地ビジターセンター

上高地の自然を知る
館内の展示などで上高地の自然が学べる施設。ガイドウォークの受付もしている。建物入口には2代前の河童橋の欄干も展示。

オリジナルグッズの販売もしている

緑色の水草は清流に生息するバイカモ。白い花が咲く

上高地のおいしい水の源は清水川
上高地ビジターセンターのそばを流れる清水川は、湧き出てからたった300mで梓川に合流する小さな清流だ。四季を通じて水温は6℃ほど。一年中枯れることも、にごることもない。この水が上高地の飲料水に使われる。

筆者:mapple

まっぷる上高地 乗鞍・奥飛騨温泉郷

発売日:2018年03月07日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×