「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【出雲大社】知っておきたい!お参り場所とルート!

【出雲大社】知っておきたい!お参り場所とルート!

5.手水舎で手と口を清める

松の参道を抜けた左側に、身を清める手水舎がある。御本殿をはじめとした社殿が立ち並ぶ神域の「荒垣」に入る前にここに寄って、水で手と口を清めよう。

5.手水舎で手と口を清める

左手・右手・口の順番で清めよう

6.銅の鳥居をくぐって神域へ

手水舎の右前方にある、神域を邪気から守る青銅製の鳥居をくぐって荒垣の中へ入る。現在の鳥居は寛文6(1666)年に毛利藩から寄進されたものと伝わり、重要文化財に指定されている。

6.銅の鳥居をくぐって神域へ

ついに神域に入ります!

7.神馬・神牛像にごあいさつ

銅の鳥居から神域に入って左側に、神馬・神牛の2つの動物像がある。なでるとそれぞれにご利益があると伝わっているので、祈願していこう。

7.神馬・神牛像にごあいさつ

神馬のご利益は子宝と安産

7.神馬・神牛像にごあいさつ

神牛は学力向上のご利益がある

8.拝殿で大国主大神に最初のお参り

いよいよ神様にお参りです
銅の鳥居の正面にある拝殿が、大国主大神への第一の参拝ポイント。名前や日頃の感謝を念じながらお参りしよう。ひたすらお願いだけをするのはあまりよくないので注意。

8.拝殿で大国主大神に最初のお参り

いつもありがとうございます

9.御本殿にしっかりお参り

御本殿は瑞垣と玉垣に囲まれ、瑞垣内は荘厳な神域なので通常は入れない。そのため、御本殿の正面にある八足門から参拝する。瑞垣の周囲はぐるりと歩くことができるので、いろいろな場所から御本殿に向かってお参りするのもよい。

9.御本殿にしっかりお参り

よいご縁をお願いいたします

八足門内への特別参拝ツアーあります

通常は入ることのできない八足門の中、より御本殿に近いところで参拝できる特別ツアーがあるので、間近でお参りしたい人は参加してみよう。

●問い合わせ 0852-21-0277(ナイスデイツアーセンター)
●催行日 祭礼や行事日などを除く毎日(要事前予約)
●時間 13:00〜、14:30〜の1日2回
●料金 3000円
●定員 各回35名
※門内拝礼は服装制限あり、撮影不可
※ツアー日程と詳細は要問い合わせ

八足門内への特別参拝ツアーあります

特別な日やご祈祷を受けた人以外は普段入れない特別なエリアに入ることができる

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる松江・出雲 石見銀山’19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×