フリーワード検索

トップ > カルチャー > 海外

海外の文化、歴史、地理に関する記事

11〜20件を表示 / 全 50件

【合肥新城の戦い】諸葛亮の中原回復の希望を頓挫させた呉の失態

曹操(そうそう)に次いで劉備(りゅうび)が白帝城(はくていじょう)に没し、三国の争いの中心は蜀の諸葛亮(しょかつりょう)へと移っていきます。 劉備からその子・劉禅(りゅうぜん)と漢王朝再興を託さ...

【石亭の戦い】周魴の罠にはまった曹休軍に呉軍が大打撃を与える

曹操(そうそう)に次いで劉備(りゅうび)が白帝城(はくていじょう)に没し、三国の争いの中心は蜀の諸葛亮(しょかつりょう)へと移っていきます。 劉備からその子・劉禅(りゅうぜん)と漢王朝再興を託さ...

諸葛亮の北伐~漢王朝復興のため5度にわたり魏討伐に出陣~

曹操(そうそう)に次いで劉備(りゅうび)が白帝城(はくていじょう)に没し、三国の争いの中心は蜀の諸葛亮(しょかつりょう)へと移っていきます。 劉備からその子・劉禅(りゅうぜん)と漢王朝再興を託さ...

【濡須口の戦い】弱体化した呉を狙った曹丕が敗退、蜀呉同盟復活の契機となる

曹操(そうそう)に次いで劉備(りゅうび)が白帝城(はくていじょう)に没し、三国の争いの中心は蜀の諸葛亮(しょかつりょう)へと移っていきます。 劉備からその子・劉禅(りゅうぜん)と漢王朝再興を託さ...

夷陵の戦い~関羽の復讐に燃える劉備~

200年の官渡(かんと)の戦いを制した曹操は、その後袁紹(えんしょう)の息子たちを滅ぼし、207年までに河北を掌握し、群雄のなかで随一の実力を手にしました。曹操は次の目標を荊州、そして孫家(そんけ)の...

曹丕の即位で三国時代の幕を開ける~曹操の死と魏王朝誕生~

200年の官渡(かんと)の戦いを制した曹操は、その後袁紹(えんしょう)の息子たちを滅ぼし、207年までに河北を掌握し、群雄のなかで随一の実力を手にしました。曹操は次の目標を荊州、そして孫家(そんけ)の...

関羽の死を巡る三国志諸作品の記述と関帝信仰

関羽の死を巡る正史、演義、日本の三国志作品の記述には、それぞれの国の関帝信仰が影響を与えています。とくに関羽に対する信仰が根強い中国では、関羽を神として祭り上げる傾向が見られます。 ◉正史と演義...

樊城を陥落寸前まで追い詰めた関羽、呉の寝返りにより麦城に散る!

200年の官渡(かんと)の戦いを制した曹操は、その後袁紹(えんしょう)の息子たちを滅ぼし、207年までに河北を掌握し、群雄のなかで随一の実力を手にしました。曹操は次の目標を荊州、そして孫家(そんけ)の...

夏侯淵のみとなった寒中へ侵攻す曹操を撃退~定軍山の戦い~

200年の官渡(かんと)の戦いを制した曹操は、その後袁紹(えんしょう)の息子たちを滅ぼし、207年までに河北を掌握し、群雄のなかで随一の実力を手にしました。曹操は次の目標を荊州、そして孫家(そんけ)の...

合肥の戦いと濡須口の戦い

200年の官渡(かんと)の戦いを制した曹操は、その後袁紹(えんしょう)の息子たちを滅ぼし、207年までに河北を掌握し、群雄のなかで随一の実力を手にしました。曹操は次の目標を荊州、そして孫家(そんけ)の...