フリーワード検索

トップ > カルチャー >  関東 > 埼玉県 >

絶滅動物の化石が続々発見されている秩父盆地~パレオパラドキシアや巨大ザメの化石が!~ 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2021年11月10日

この記事をシェアしよう!

絶滅動物の化石が続々発見されている秩父盆地~パレオパラドキシアや巨大ザメの化石が!~

秩父盆地周辺では大型の海棲生物の化石が発見されています。
かつて古秩父湾に生息していたパレオパラドキシア、カルカロドン・メガロドンとはどんな生物だったのでしょうか?

化石の産地としては国内有数の秩父盆地

秩父盆地は、国内有数の化石の産地として知られています。

約1500万年前の新生代新第三紀中新世、秩父盆地周辺は、盆地の西縁を海岸線とした古秩父湾と呼ばれる湾でした。当時の日本の気候は温暖で、古秩父湾や周辺の海ではアザラシの仲間やヒゲクジラ、ハクジラなど大型の海棲哺乳類(かいせいほにゅうるい)が泳ぎ回っていたといいます。

内陸の秩父が化石産地であるのには、こういった太古の環境が影響しています。

絶滅動物・パレオパラドキシアは秩父盆地産化石の代表格!

秩父盆地に産出される化石の代表格といえば、1972(昭和47)年、秩父市大野原(おおのはら)で地元の高校生によって全身骨格が発見されたパレオパラドキシアでしょう。

絶滅動物・パレオパラドキシアとは?

パレオパラドキシアは、約1500万年前に生息していた海棲哺乳類で、体長は1.5〜2.0mくらい。柱を束ねたような奥歯や厚い板状の胸骨が特徴で、見た目はカバのようだったと考えられています。現生するゾウやジュゴン、マナティーと近い仲間と見られ、絶滅してしまった束柱目(そくちゅうもく)というグループに属します。

名前は「昔の(パレオ)矛盾した(パラドキシア)生き物」という意味で、頭骨や歯はジュゴンなどの水棲生物に似ているのに、ゾウなどの陸上動物に似た丈夫な手足をもっていることから名づけられました。

また、何を食べていたのかはよくわかっていませんが、貝などを食べていたとも、海草を食べていたともいわれています。

絶滅動物のパレオパラドキシアの貴重な全身骨格化石は秩父盆地で産出された

パレオパラドキシアの化石は、日本〜北アメリカ大陸の太平洋側で産出しますが、国内の約50標本のうち、20標本が埼玉県で見つかっています。しかも、世界で9標本しか出ていない全身骨格のうち、2標本(秩父市大野原産、および小鹿野町般若(おがのまちはんにゃ)産)が秩父盆地産というから驚きです。

全身骨格2体は1999(平成11)年に県指定天然記念物に指定され、2016(平成28)年にはパレオパラドキシアの化石や秩父の露頭などが「古秩父湾堆積層および海棲哺乳類化石群」として国の天然記念物に指定されています。なお、埼玉県立自然の博物館(長瀞町)では、実物の化石や復元骨格模型が展示されています。

絶滅動物・パレオパラドキシア化石の秩父盆地での発見場所

絶滅動物・パレオパラドキシア化石の秩父盆地での発見場所

赤色(文字は白色)で示した6地点で見つかったパレオパラドキシア化石6体が、国の天然記念物に指定されています。

1951(昭和26)年に秩父市寺尾の荒川河床で初産出したのを皮切りに、1972(昭和47)年には秩父市大野原築瀬で全身骨格化石(世界で2例目)が見つかりました。また、1981(昭和56)年には秩父2体目の全身骨格化石が小鹿野町般若で採取されました。

絶滅動物・カルカロドン・メガロドンとは?

秩父からは、湾周辺に生息していたカルカロドン・メガロドンの化石も見つかっています。

カルカロドン・メガロドンは巨大な肉食性のサメで、秩父市久那(くな)の巴川(ともえがわ)では、5本の保存状態のよい歯の化石が見つかっています。

また、深谷市菅沼の荒川川床の比企層群土塩層(ひきそうぐんつちしおそう)と呼ばれる約1200万年前の地層からは、全部で73本の歯の化石が発見されました。この化石は狭い範囲でまとまって見つかっており、同じサメの歯であることがわかりました。ここで発見された歯の大きさを、現存するホオジロザメの歯に当てはめて推定すると、カルカロドン・メガロドンの体長は12mにもなります。

このような海棲生物化石が豊富に見つかっていることは、太古の秩父盆地が豊かな海だったことの証になっています。

『埼玉のトリセツ』好評発売中!

日本の各県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。埼玉県の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載!

『埼玉のトリセツ』●地図で読み解く埼玉の大地

八王子構造線が走る埼玉は西に山、東に低地の西高東低/地質・地形の見どころ満載!地球の窓、長瀞の大自然をゆく/クジラも泳ぐ古秩父湾が正方形状の秩父盆地になった!?/パレオパラドキシアに巨大ザメ、貴重な動物化石を秩父で産出!/海なし県なのに砂丘群の謎、中川低地に形成された河畔砂丘/入間川沿いで完全形化石も発見、日本固有種のアケボノソウって?・・などなど埼玉のダイナミックな自然のポイントを解説。

『埼玉のトリセツ』●埼玉を駆け抜ける鉄道網

国鉄・大宮工場に始まり鉄道の町に成熟した大宮/日光を巡る鉄道バトル、国鉄vs東武鉄道のゆくえ/東北新幹線の開通と埼京線敷設の苦難の歩み/埼玉ほか首都圏をぐるり、最強の貨物船・武蔵野線/西武新宿線は「新宿」ではなく国分寺~川越線で始まった!/「おとぎ列車」でSLも走っていた3駅2.8㎞、西武山口線の魅力・・などなど、意外と知られていない埼玉の鉄道トリビアを厳選してご紹介。

『埼玉のトリセツ』●埼玉で動いた歴史の瞬間

9基が現存するさきたま古墳群と稲荷山古墳で出土した鉄剣の意味/直径74mの巨大円墳・八幡山古墳が「関東の石舞台」と呼ばれるわけ/秩父で産出された同を使った日本初の流通貨幣、和同開珎/源頼朝による鎌倉幕府樹立と武蔵国を根拠地とした武蔵武士/太田道灌が長尾景春を討ち、難攻不落の鉢形城が遂に落城/江戸湾に注ぐ坂東太郎を東へ、利根川東遷と荒川西遷の大工事・・・などなど、興味深いネタに尽きない埼玉の歴史。知れば知るほど埼玉の歴史も面白い。

『埼玉のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  関東 > 埼玉県 >

この記事に関連するタグ