フリーワード検索

トップ > カルチャー > 

【戦国時代】手取川の戦い~能登と加賀を駆け抜ける信長の奇襲に敗れた柴田勝家

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2021年11月10日

この記事をシェアしよう!

【戦国時代】手取川の戦い~能登と加賀を駆け抜ける信長の奇襲に敗れた柴田勝家

織田信長の時代
群雄割拠のなか、尾張に織田信長が登場し、前時代の有力大名・今川義元を討ち取ります。群雄が領土争いに明け暮れるなか、天下統一を見据えた信長は、上洛を目指した戦略をもとに美濃・伊勢を攻略していく。ここに天下統一へ向けた戦いが始まります!

北陸で激突した上杉と織田。電光石火の追撃で柴田勝家率いる織田軍を渡河中に襲います。

【戦国時代】織田信長東上直前の情勢

群雄割拠の情勢のなか、関東甲信越地域は、武田・北条・今川・上杉の争いの場となった。中国地方では毛利氏と尼子氏が覇権を握り、九州は島津・大友・龍造寺3氏の争いに突入。畿内では三好政権が京を抑え一歩先んじた状況でした。

伊達晴宗の米沢移動
天文17年(1548)、伊達晴宗、本拠地を米沢に移します。

武田信玄の信濃侵攻
父・信虎以来の目標である信濃攻略を進めます。

甲相駿三国同盟
武田・今川・北条3氏が同盟を締結。それぞれの目標制圧に注力しました。

織田信秀の台頭
尾張守護代・織田大和守家に仕える清洲三奉行のひとり織田信秀が台頭しました。

天文法華の乱
天文元年(1532)、天文法華の乱が勃発。法華宗徒が京から駆逐されました。

三好政権
三好長慶が幕府の実権を掌握します。

二階崩れの変
天文19年(1550)、大友家中で政変が勃発・大友義鑑が没し、嫡男・義鎮が家督を継承しました。

ザビエルの来日
天文19年(1549)、ザビエルが鹿児島に上陸しキリスト教を伝えます。

鉄砲伝来
天文12年(1543)、種子島に鉄砲が伝来しました。

手取川の戦い~北陸で激突した上杉と織田

天正4年(1576)、越中を攻略した上杉謙信は、能登へと兵を進めました。翌年の7月、守護畠山(はたけやま)氏の居城七尾城(ななおじょう)を包囲します。七尾城側では城内に疫病(えきびょう)が発生し、当主の春王丸(はるおうまる)までもが病死するという悲惨な事態となります。そこで重臣の長続連(ちょうつぐつら)は、織田信長に援軍を要請しました。

謙信と信長は数年前まで同盟を結んでいた間柄でしたが、信長が北陸進出を始めたために同盟は破綻。互いにもはや衝突を避けて通れない相手となっていたのです。

手取川の戦い~電光石火の追撃で柴田勝家率いる織田軍を渡河中に襲った謙信

信長は8月8日、重臣の柴田勝家を大将とする4万の軍勢を編成し、援軍として七尾城に派遣します。

それを知った謙信は9月15日、城内の内紛に乗じて七尾城を陥落させると、信長を加賀で迎え撃つため、驚異的なスピードで南下し、23日に松任城(まつとうじょう)に到達しました。

これに対し、手取川を渡ったところで七尾城陥落を知った織田軍は、目的を失ったため、退却を始めます。謙信が目と鼻の先の松任城にいることなど知るよしもありませんでした。

織田勢の退却を好機と見た謙信は、23日深夜、渡河中の織田軍を急追して強襲。電撃的な攻撃を受けた織田軍が混乱の極みに達するなか、上杉軍は織田軍の将兵1000余りを討ち取る一方的な勝利をおさめました。

戦国の豆知識:手取川の戦い

手取川の戦いで圧勝した上杉謙信は、『歴代古案』に収録されている書状のなかで、「(信長は)案外に手弱の様体、この分に候わば、向後天下(京都)までの仕合わせ、心やすく候」と述べています。

『地図でスッと頭に入る戦国時代』好評発売中!

『地図でスッと頭に入る戦国時代』本書の特長

イラストや写真を使ったわかりやすい地図と図解で、下克上を繰り広げた複雑な戦国史が一目瞭然!
武将たちの戦略と合戦の布陣をビジュアル化!戦国時代を舞台にした小説・映画・ドラマがより一層楽しめる
群雄割拠した武将それぞれの戦いをトーナメント表にした巻頭特別折込付録

『地図でスッと頭に入る戦国時代』見どころ

【〝北条早雲〟の伊豆制圧―1493年】
地図:北条早雲の台頭を許した関東の情勢(北条早雲の関東進出の戦略がわかる)
【鉄砲伝来―1543年】
地図:火縄銃の波及(種子島に伝来した新兵器が多方面に広まっていく様がわかる)
【三好政権―1549年】
地図:三好政権の支配地(信長以前の畿内を支配した政権のしくみと失敗の構造がわかる)
【キリスト教伝来―1549年】
地図:イエズス会の布教体制(教区)(カトリックの布教体制とキリシタン大名の関係がわかる)
【桶狭間の戦い―1560年】
地図:合戦後の東海情勢(義元没後に起こった今川家崩壊の過程がわかる)
【第4回川中島の戦い―1561年】
地図:疑問だらけの大会戦(川中島の戦いに関する通説のウソがわかる)
【堺の降伏―1569年】
地図:堺の硝石と金(信長が畿内進出後真っ先に堺を押さえた理由がわかる)
【長篠の戦い―1575年】
地図:長篠の戦い戦況図(武田軍を鉄砲の前へ誘き寄せた信長の高度な戦術がわかる)
【大坂の夏の陣―1615年】
地図:徳川軍の進軍経路と大坂の陣(なぜ大坂城の南側が戦場となったのか?がわかる)

『地図でスッと頭に入る戦国時代』監修者

小和田哲男(おわだてつお)
1944年、静岡県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。現在、
静岡大学名誉教授。(公益財団法人)日本城郭協会理事長。専門は日本中世史。著書に
『家訓で読む戦国 組織論から人生哲学まで』(NHK 出版)、『戦国武将の生き方死に
ざま』(新人物往来社)、『明智光秀・秀満:ときハ今あめが下しる五月哉』(ミネルヴァ書房)
など多数。

『地図でスッと頭に入る戦国時代』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー > 

この記事に関連するタグ