フリーワード検索

ジャンルから探す

トップ > カルチャー >  関東 > 栃木県 >

塩原カルデラの「古塩原湖」に眠る太古の記憶~葉脈から動物の体毛までくっきりわかる! 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年5月10日

この記事をシェアしよう!

塩原カルデラの「古塩原湖」に眠る太古の記憶~葉脈から動物の体毛までくっきりわかる!

尾崎紅葉、平塚らいてう、与謝野鉄幹・晶子夫妻に、高村光太郎・智恵子夫妻も訪れた塩原渓谷。文人墨客に愛された紅葉の名所も、30万年前は深い湖の底でした。

塩原カルデラの一部と考えられる塩原盆地

塩原(しおばら)渓谷に沿って塩原温泉郷が続く塩原盆地は、かつては大陸のプレート運動により形成されたものだと思われていましたが、近年は高原(たかはら)火山群の活動で生じた塩原カルデラの一部と考えられています。

塩原カルデラの地形形成の過程

今から数十万年前、高原火山群が活動を開始し、塩原カルデラで巨大噴火が起きます。地下のマグマが流出して支えを失った地盤が陥没し、そこの南半分を高原火山から流れ出た新しい溶岩が埋めたことで、現在見られる三日月形のカルデラ地形ができあがったという説が有力です。

やがて河川が流入して雨水も溜まり、南北約3㎞、東西約5㎞の巨大なカルデラ湖が出現しました。地質学の世界で「古塩原湖」または「塩原化石湖」と呼ばれるものです。そこに周囲の山から流れ込む砂礫(されき)が堆積し、のちに塩原湖成層として知られる地層となりました。

塩原カルデラ湖は植物化石の宝庫

塩原湖成層は我が国屈指の植物化石の宝庫です。これまで170種を超える植物化石のほかに、昆虫やカエル、ネズミといった小動物の化石も発見され、「木の葉石」の名前でよく知られています。特にカルデラ中心部付近の泥岩層から採れる化石は、種類が豊富で保存状態も良く、植物の葉脈から動物の体毛までくっきり鮮明に見えます。

木の葉化石園

住所
栃木県那須塩原市中塩原472
交通
JR宇都宮線西那須野駅からJRバス塩原温泉行きで45分、終点でゆーバス上三依塩原温泉口駅行きに乗り換えて4分、木の葉化石園入口下車、徒歩3分
料金
入園料=大人500円、小人300円/化石探し体験=600円/(20名以上の団体は大人450円、小人270円)

塩原カルデラ湖の化石から当時の植生を読み解く

1905(明治38)年の開園という「木の葉化石園」の敷地内では、実際の塩原湖成層の地層とそこから採掘されたセピア色の美しい植物化石の実物を見ることができます。

化石から当時の植生を読み解くと、湖周辺にはブナ、イヌブナ、オノオレカンバ、クリ、ミズナラ、ミズメなどからなる落葉広葉樹林が広がっていて、これらは現在の塩原地域の植生とほとんど変わりません。そのため当時のこの地の気候は、現在とほぼ同じだったと推測されています。太古の塩原の記憶を鮮明に今に伝えてくれるのが、木の葉石なのです。

古塩原湖(塩原化石湖)の位置のイメージ図

現在の塩原盆地の真ん中を西から東へ箒川(ほうきがわ)が流れており、川に沿うように、三日月形をしたかつての古塩原湖がありました。中塩原の「木の葉化石園」がある場所は湖の中心部に当たり、その周辺の厚い泥岩層から保存状態の良い植物化石が多く見つかっています。

塩原カルデラ湖を実感できるスポット

余談ですが、塩原盆地がカルデラ湖だったことを実感したければ、塩原街道から木の葉化石園へ向かう県道266号に入り、土平(どだいら)園地を目指すとよいでしょう。この県道は、昭和30年代後半、塩原と那須を結ぶ「塩那(えんな)スカイライン」として総延長65㎞、最高で標高1700m地点を走る日本有数の観光用山岳道路として計画されました。しかしバブル崩壊の影響などにより、一部区間を除き廃道とする決定がなされた県道です。幻となった天空の道路から、眼前の大パノラマを見てみましょう。視界いっぱいに広がる高原火山群、下方に目を移すと細長く開けた空間の底にへばりつくように、塩原温泉郷が小さく見えます。はるか遠い昔、紛れもなくそこは湖だったのです。

『栃木のトリセツ』好評発売中!

地形、交通、歴史、産業…あらゆる角度から栃木県を分析!
栃木県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。栃木の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。地図を片手に、思わず行って確かめてみたくなる情報満載!

Part.1 地図で読み解く栃木の大地

・雷が多い理由は地形にあり!
・奥日光は男体山がつくった?
・日本最大の渡良瀬遊水地ができた理由
・川を横切る川!? 不毛の扇状地を潤す那須疏水
・奈良の大仏に那須の金!? 栃木は地下資源の宝庫だった!
・F.L.ライトが山ごと買った大谷石の魅力
・葉脈から動物の体毛までくっきり! 古塩原湖に眠る太古の記憶
・栃木にゾウやサイがいた! 化石と野州石灰の産地・葛生

Part.2 栃木を走る充実の交通網

・県南を通る予定だった!? 東北本線の紆余曲折
・日本のマンチェスターを目指せ! 織物の街をつなぐ両毛線
・栃木随一の観光地をめぐるJR日光線と東武日光線の軌跡
・地域の産業を牽引した人車鉄道/郷愁誘う各地の廃線をたどる
・わたらせ渓谷鐵道の前身は足尾鉄道
・幾多の苦難を乗り越えた真岡線
・構想から25年を経て着工! 宇都宮~芳賀にLRTが走る
・要衝・下野国を貫く街道の変遷
・舟運で“蔵の街”となった栃木市

Part.3 栃木で動いた歴史の瞬間

・なぜ「那須」が付く市や町が多い?
・遺跡からたどる東山道と律令期の下野国
・平将門を討った豪傑・藤原秀郷とは何者か?
・足利氏には2つの流れがあった! 鎌倉幕府と下野御家人の関係
・名族宇都宮氏の栄枯盛衰
・ザビエルやフロイスも讃えた「坂東の大学」足利学校
・江戸幕府最大の聖地・日光東照宮創建
・廃藩置県、そして栃木県誕生!
・「一の宮」が2つ? 日光二荒山神社と宇都宮二荒山神社
・不毛の原野が酪農王国に! 那須野が原の大開拓

Part.4 栃木で生まれた産業や文化

・木綿、紬、絹織物、麻…栃木は織物の名産地
・益子焼が始まってまだ170年足らず? 益子が「陶器の里」になったわけ
・半世紀にわたって生産量日本一!! 栃木はなぜいちご王国になった?
・関東平野が工業誘致にぴったりだった? 宇都宮は新たなものづくり都市へ
・「それって栃木?」県名抜きで知名度の高い観光名所

『栃木のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  関東 > 栃木県 >

この記事に関連するタグ