フリーワード検索

ジャンルから探す

トップ > カルチャー >  北陸 > 石川県 >

妙立寺は前田家の祈願所だった!忍者寺と呼ばれるが忍者とは関係がない!?

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年5月17日

この記事をシェアしよう!

妙立寺は前田家の祈願所だった!忍者寺と呼ばれるが忍者とは関係がない!?

もともとは金沢城内にあった祈願所が前身となっている妙立寺。
忍者寺と呼ばれるにいたった経緯や、戦にまつわる役割を通じてその歴史を紐解きます。

妙立寺とは

忍者寺と呼ばれる寺が金沢にあります。日蓮宗の寺院で、日蓮聖人の法孫・日像上人作の祖師像を安置するこの寺は、兼六園や金沢城と並んで金沢の観光名所として知られるほどの人気です。

寺の正式な名前は「妙立寺(みょうりゅうじ)」。それなのに忍者寺と異名がついたのは、寺のあちこちに多彩なカラクリがあるからです。実際、妙立寺は忍者とは全く関係ないのですが、忍者寺と呼ばれるほどカラクリだらけの寺はどのように建てられたのでしょうか。

妙立寺の歴史

妙立寺の始まりは、前田利家が金沢城内に設立した祈願所を、その後3代前田利常が金沢城近くに移築建立したことでした。

当時、加賀藩と幕府の関係は悪かったため、幕府の征伐に備えて出城の役割をもたせた寺院群が寺町台につくられました。金沢城が直接攻撃されるより先に、寺町台で迎え撃つとの計画があったようです。妙立寺はその寺院群の監視所として、万治2(1659)年に現在地へ移築されました。

妙立寺内部の仕掛け

その後も妙立寺は祈願所としての役割を保ち、歴代の藩主たちは藩の命運や庶民の平和を祈り、妙立寺を崇めたといいます。藩主が庶民に気づかれないよう、お忍びで詣でるための隠し拝殿が、本堂内に中2階のような形で設けられています

創建当時、幕府によって3階建て以上の建築が禁止されており、妙立寺は正面から見ると2階建てに見えます。しかし、中2階や中々2階が存在するため、実際の内部は4階7層建てというから驚きです。

この寺自体も出城としての役割を備えていたため、建物内には落とし穴や隠し階段などの仕掛けが満載で、建物全体が迷路状という複雑な構造を有しています。部屋数は23室、階段は29カ所にも及び、階段は堂内の動線を複雑化させる役目がありました。

床板を外せば落とし穴になる階段、引き戸を錠のように利用した床下階段、押し入れ内の壁裏にある隠し階段など、出城にふさわしい実用性があらゆる階段にちりばめられています。蹴込み部分に障子が張られている階段は、外部から忍び寄る敵の足の影を見て、内部から槍で突き刺すためのものだったようです。

妙立寺が忍者寺と呼ばれるわけ

階段以外の仕掛けも見事です。本堂正面の床には畳2畳分ほどの賽銭箱が埋め込まれていますが、実は深さが3mもあり、落とし穴になるというものです。落とし穴階段から続く小さな部屋は、階段から転げ落ちた敵を待ち伏せして攻撃できるだけでなく、自分が身を隠すこともできました。

また、外から通じる階段の引き戸の脇には別棟へつながる隠し通路がありますが、敵が戸を開くと通路が自動的に隠れるため、気付かれないようになっていました。これだけのカラクリがあるのだから、忍者寺と思われるのも無理はありません。

妙立寺のまだ解明されていない謎

本堂の屋根突端部には、ガラス張りの望楼が設けられました。見張り台の役割を兼ねており、金沢城だけでなく、加賀平野までを遠望できるほど見晴らしが良いです。金沢城と光による通信も可能だったというのも頷けます。

望楼へは、庫裏の3階にある茶室“霞の間”から階段通路を経て行くことができます。本堂と庫裏が一体となった前衛的な数寄屋建築としての評価も高いです。

建物の中央にある井戸は横穴があり、実際どこまで伸びているのか確認はされていませんが、金沢城まで伸びていたのではないかという言い伝えがあります。井戸には継ぎ目や切れ目がないため、大きな岩をくり抜いて井戸にしたと考えられています。

このようにまだ解明されていない部分もありますが、この謎が多くの観光客の好奇心を駆り立てるのでしょう。

妙立寺

住所
石川県金沢市野町1丁目2-12
交通
JR金沢駅から北陸鉄道広小路方面行きバスで20分、広小路下車、徒歩3分
料金
大人1000円、小人700円、幼児不可(障がい者手帳持参で本人のみ割引あり)

『石川のトリセツ』好評発売中!

地形、交通、歴史、産業…あらゆる角度から石川県を分析!
石川県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。石川の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。地図を片手に、思わず行って確かめてみたくなる情報満載!

Part.1 地図で読み解く石川の大地

・石川県は天気予報が難しい?能登と加賀の地形と天気
・伊能忠敬を苦しめた外浦・内浦
・珠洲岬はなぜパワースポット?
・霊峰白山と「しらやまさん」
・金沢は街そのものが博物館
・能登の歴史的遺産「千枚田」
・金沢の用水が果たした役割
・坂を上ると世界が変わる?魔性が宿る金沢の坂
・市内に25ヵ所以上の石切り場が存在!小松は日本の宝玉の産地

Part.2 石川を走る交通網のアレコレ

・開業後、石川はどう変わったか?北陸新幹線のココがすごい!
・活発化する海の玄関口、金沢港
・官民共用で発展する小松飛行場
・路面電車「青電車」が消えた理由
・鉄道交通の要「金沢駅」の誕生秘話
・粟崎へ人々を運んだ浅野川電鉄
・石川の伝統工芸が随所にあしらわれた、能登を走る2つの観光列車
・石川県唯一の私鉄、北陸鉄道の歴史をふりかえる

Part.3 石川の歴史を深読み!

・実は3代利常が名君だった!
・前田家の運命を決めた末森城
・利家の妻が有名なのはなぜ?賢妻としてまつが残した功績
・地名の由来はお坊さん?金沢モダンを象徴した香林坊
・縁結びの聖地、恋路海岸に伝わる悲恋伝説
・城郭建築の美を感じる金沢城
・芭蕉や与謝野晶子が愛した加賀四湯
・江戸時代から続く近江町市場
・日本在来馬「能登馬」とは?
・「小京都」と呼ばれたくない!金沢で受け継がれる武家文化
・那谷寺は胎内くぐりの聖地だった
・平家の末裔と2つの時国家
・倶利伽羅峠と安宅関で辿る義経の悲劇
・有名古墳&遺跡はココに注目

…etc.

Part.4 石川で育まれた文化や産業

・六の数字に込められた意味とは?日本三名園「兼六園」は理想の庭
・人間国宝の数が日本一!石川県に息づく伝統工芸の土壌
・古九谷に込めた前田家の対抗心
・あの国宝は実は下絵だった!? 等伯の最高傑作『松林図屏風』
・三文豪が愛した犀川と浅野川
・大伴家持の能登巡行と万葉集
・偉人を輩出した第四高等学校
・祭りのない金沢、祭り天国能登
・和倉温泉と日本一の宿「加賀屋」
・県民の寿司愛と豊富な海の幸
・北前船で発展した大野醤油

…etc.

『石川のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  北陸 > 石川県 >

この記事に関連するタグ