フリーワード検索

ジャンルから探す

トップ > カルチャー >  関東 > 栃木県 >

東北本線の歴史~熊谷から分岐して県南を通る予定だった!?路線決定の紆余曲折~ 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年5月10日

この記事をシェアしよう!

東北本線の歴史~熊谷から分岐して県南を通る予定だった!?路線決定の紆余曲折~

首都圏と東北を結ぶ大動脈として、県内を縦断する東北本線。路線は大宮駅から高崎線と分岐して県央を宇都宮に向かいますが、当初は熊谷から県南を迂回する案もありました。

東北本線の歴史は日本鉄道会社からはじまる

栃木県内を南北に縦断するJR東日本の東北本線は、東京駅と盛岡駅を結ぶ鉄道路線で、かつては上野駅と青森駅をつなぐ、日本最長の営業キロ数を誇る路線でした。そもそも1881(明治14)年に、維新の大立者として知られる岩倉具視(いわくらともみ)の呼びかけで設立された「日本鉄道会社」が、東京~青森を5つの区に分けた大規模な鉄道路線の計画を立てたのが始まりです。

東北本線の歴史:分岐点問題の発生

日本鉄道会社の計画では、東京から高崎を経て前橋に至る区間を第1区とし、その途中から分岐して白河までが第2区とされました。この、栃木県内を通る第2区について、それではどこから分岐して白河へつなげるのかが大きな問題となります。

東北本線:熊谷分岐案

当時、足利を中心とした栃木県南部の両毛(りょうもう)地域は、織物産業で大いに発展しており、貿易港である横浜からの輸出量増加に対応するため、新たな交通輸送網である鉄道に大きな期待が寄せられたのでした。このため、栃木県の産業界からは第2区の路線について、「熊谷から分岐し、足利、佐野、栃木を経由して宇都宮に至る」という希望が示されます。

東北本線:大宮分岐案

しかし日本鉄道会社は、「地方に利益があるということで、路線を大きく迂回させることは認められない」とし、分岐は宇都宮に短距離でつながる大宮からと決定しました。

一方、両毛地域の産業界が熱望した県南部各都市を結ぶ鉄道路線は、のちに両毛鉄道(現在のJR両毛線)として開通することとなります。

大宮分岐案と熊谷分岐案のルート比較

両毛地域の人々が希望した、熊谷から分岐して宇都宮へ至るルートは、大宮分岐と比較すると、東京と東北を結ぶ幹線としては明らかに大きな迂回となります。

東北本線の歴史:ルート問題の発生

栃木県内を縦断する日本鉄道の第2区開発において、栃木県南地域では「どこから分岐するか?」が問題になったのに対し、栃木県北地域では「どこを通すのか」が課題となりました。宇都宮~白河については、古くからの交通の基幹である旧奥州街道に沿って鉄道を敷設しようと考えるのが一般的でしょう。しかし実際には、宿場や城下町が続く旧街道沿いではなく、人口が少なく原野が続く荒地の中を通る、矢板(やいた)~西那須野(にしなすの)~黒磯(くろいそ)というルートが選ばれました

東北本線はなぜひと気のないルートが選ばれたのか?

これについては、旧来の輸送業に携わる人たちや、機関車の火の粉で火事が起こることを不安に思った住民等から、鉄道敷設が反対されたことが理由として挙げられます。加えてもう1つ、当時、大山巌三島通庸など、「明治の元勲」と呼ばれた軍人や官僚たちが、西那須野や黒磯の原野を農場として開拓しており、その開発に資するために、あえてこうした原野を通る路線が決定されたともいわれています。こうした紆余曲折を経て、1887(明治20)年7月16日、大宮~白河の第2区線全線が開通しました。

東北本線の歴史:暴風雨による大きな被害

全線開通から3年後の1890(明治23)年8月、暴風雨により線路が寸断され、特に鬼怒川に架かる鉄橋は大きな被害を受けました。その復旧には多大な費用がかかり、また川沿いの地盤が脆弱(ぜいじゃく)であることなどから長期的な安全が担保できないとして、宇都宮~矢板の路線については、当初よりも南を大きく迂回する形に変更されました。一方で北部の黒田原~白河についても、増大する輸送量に対応するため、地形に沿って屈曲させた路線を改め、より直線的に双方を結ぶように変更されました。

こうして1920(大正9)年11月1日、栃木県の新しい大動脈となった日本鉄道の第2区は、ほぼ現在の東北本線と同じ路線となったのです。

東北本線の計画路線と変更路線

旧奥州街道よりかなり西側を通り、那須の原野を直線的につなぐ東北本線。鬼怒川を渡る地点も、当初より南の下流に変更され、現在の路線は東に張り出すように屈折しているのがわかります。

出典:『近代鉄道事情 那須野が原に汽笛が響く』(那須野が原博物館刊)を元に作成

『栃木のトリセツ』好評発売中!

地形、交通、歴史、産業…あらゆる角度から栃木県を分析!
栃木県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。栃木の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。地図を片手に、思わず行って確かめてみたくなる情報満載!

Part.1 地図で読み解く栃木の大地

・雷が多い理由は地形にあり!
・奥日光は男体山がつくった?
・日本最大の渡良瀬遊水地ができた理由
・川を横切る川!? 不毛の扇状地を潤す那須疏水
・奈良の大仏に那須の金!? 栃木は地下資源の宝庫だった!
・F.L.ライトが山ごと買った大谷石の魅力
・葉脈から動物の体毛までくっきり! 古塩原湖に眠る太古の記憶
・栃木にゾウやサイがいた! 化石と野州石灰の産地・葛生

Part.2 栃木を走る充実の交通網

・県南を通る予定だった!? 東北本線の紆余曲折
・日本のマンチェスターを目指せ! 織物の街をつなぐ両毛線
・栃木随一の観光地をめぐるJR日光線と東武日光線の軌跡
・地域の産業を牽引した人車鉄道/郷愁誘う各地の廃線をたどる
・わたらせ渓谷鐵道の前身は足尾鉄道
・幾多の苦難を乗り越えた真岡線
・構想から25年を経て着工! 宇都宮~芳賀にLRTが走る
・要衝・下野国を貫く街道の変遷
・舟運で“蔵の街”となった栃木市

Part.3 栃木で動いた歴史の瞬間

・なぜ「那須」が付く市や町が多い?
・遺跡からたどる東山道と律令期の下野国
・平将門を討った豪傑・藤原秀郷とは何者か?
・足利氏には2つの流れがあった! 鎌倉幕府と下野御家人の関係
・名族宇都宮氏の栄枯盛衰
・ザビエルやフロイスも讃えた「坂東の大学」足利学校
・江戸幕府最大の聖地・日光東照宮創建
・廃藩置県、そして栃木県誕生!
・「一の宮」が2つ? 日光二荒山神社と宇都宮二荒山神社
・不毛の原野が酪農王国に! 那須野が原の大開拓

Part.4 栃木で生まれた産業や文化

・木綿、紬、絹織物、麻…栃木は織物の名産地
・益子焼が始まってまだ170年足らず? 益子が「陶器の里」になったわけ
・半世紀にわたって生産量日本一!! 栃木はなぜいちご王国になった?
・関東平野が工業誘致にぴったりだった? 宇都宮は新たなものづくり都市へ
・「それって栃木?」県名抜きで知名度の高い観光名所

『栃木のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  関東 > 栃木県 >

この記事に関連するタグ