フリーワード検索

トップ > カルチャー >  九州・沖縄 > 鹿児島県 >

指宿枕崎線を満喫!開聞岳など薩南の絶景のほかJR最南端駅もある 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年5月19日

この記事をシェアしよう!

指宿枕崎線を満喫!開聞岳など薩南の絶景のほかJR最南端駅もある

薩摩半島を半周、錦江湾や開聞岳の美しい景観のなかをいく指宿枕崎線。
観光特急「指宿のたまて箱」も走るJR最南端のローカル線の魅力に迫ります。

指宿枕崎線とは

指宿枕崎(いぶすきまくらざき)線は、鹿児島中央〜枕崎間87.8㎞を結ぶローカル線です。

錦江湾(きんこうわん)(鹿児島湾)沿いに薩摩半島の東岸を進み、温泉地として名高い指宿を経由し港町の枕崎に至る路線で、観光客や通勤通学客の足になっています。また、JR線でもっとも南を走る路線としても知られています。

指宿枕崎線の全路線図

指宿枕崎線の全路線図

指宿枕崎線は、鹿児島中央駅を起点に薩摩半島をおよそ半周。約87.8㎞を終点の枕崎駅まで全36駅で結んでいます。

なお、枕崎駅は1963(昭和38)年に延伸開業したものですが、南薩鉄道(現・鹿児島交通)枕崎線の駅として1931(昭和6)年にはすでに開業していました。また、鹿児島交通枕崎線は1984(昭和59)年に廃止となりました。

指宿枕崎線の歴史

指宿枕崎線は、大正期に指宿地区の町村長らによる鉄道建設期成同盟会の陳情によって「鹿児島付近より指宿、枕崎を経て加世田(かせだ)に至る鉄道」として南薩(なんさつ)鉄道と結び、薩摩半島を1周する環状鉄道を形成する目的で工事にこぎつけました。

まず、西鹿児島(現・鹿児島中央)〜指宿間を着工し、1930(昭和5)年12月に西鹿児島〜五位野間、1934(昭和9)年12月までに指宿駅まで開業し、1936(昭和11)年3月に山川駅まで全通し指宿線となりました

いっぽう、計画だけに終始していた山川〜枕崎間の鉄道建設が地域の陳情によりのちに具体化し、1960(昭和35)年3月、山川〜西頴娃(にしえい)間がようやく開業。1963(昭和38)年10月には枕崎駅まで延伸し、晴れて指宿枕崎線と改称しました。

指宿枕崎線の特急「指宿のたまて箱」は人気の観光列車

全線開業には時間がかかりましたが、赤字ローカル線として廃止されることもなく、現在も風光明媚な薩南の路線として活躍しています。

特急「指宿のたまて箱」は人気の観光列車で、それまで運転されていた特別快速「なのはなDX」を置き換え、グレードアップした列車です。指宿枕崎線を訪れたらぜひ乗車してみたい列車です。

白と黒の大胆な色使い、木を生かした内装デザインは水戸岡鋭治氏によるものです。「たまて箱」とは、薩摩半島に伝わる浦島太郎の竜宮伝説をテーマにしたもので、乗車時には白い霧が噴出される演出があります。車内にはゆったりとした座席が並び、観光気分はいっそう高まります。

1号車は客船やヨットに用いられるチーク材を使用した車両で、錦江湾に面したカウンターのある回転椅子の座席や、指宿に関する書籍を集めた本棚などがあります。2号車は南九州産の杉材を使用した車両で、海側の全席が錦江湾に面した回転椅子になっており、子どもも楽しめる背が低いキッズチェアも設けられています。

運行区間は鹿児島中央〜指宿間で、錦江湾の美しい車窓を満喫できます。

指宿枕崎線・西大山駅はJR日本最南端の駅

指宿駅から先は、国鉄型車両が現役で、その気動車のクロスシートに身を委ねてみましょう。やがて、のんびりと走る普通列車の車窓に見えてくるのは開聞岳(かいもんだけ)(標高924m)。日本百名山のひとつであり、その形状から、富士山になぞらえて薩摩富士とも呼ばれます。

指宿駅をすぎると、薩摩富士・開聞岳が出迎えます。田園地帯にレールが延びる開放的な風景のなかを列車は走ります。

途中の西大山(にしおおやま)駅はJR日本最南端の駅。北緯31度11分に位置し、開聞岳も望める抜群の立地です。小さなホームには最南端を示す標柱があり、旅情と雄大な絶景を求めて全国から観光客が訪れます。

列車はさらに風光明媚な沿線を進み、春は菜の花畑も美しい田園地帯を抜け、カツオ漁の基地がある枕崎に達します。

『鹿児島のトリセツ』好評発売中!

地形、交通、歴史、産業…あらゆる角度から鹿児島県を分析!
鹿児島県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。鹿児島の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。地図を片手に、思わず行って確かめてみたくなる情報を満載!

Part.1 地図で読み解く鹿児島の大地

・鹿児島を筆頭に九州になぜ火山が多く一直線に並ぶ?
・大正時代に驚くべき大噴火!桜島の形成とメカニズム
・アンモナイトやクビナガリュウなど恐竜時代の化石が獅子島で続々!
・屋久島は巨大な花崗岩の塊を付加体が取り巻いている!
・超巨大火山「喜界カルデラ」に知られざる溶岩ドームが存在!
・薩摩富士・開聞岳や池田湖ほか薩摩半島南東部の火山群の歴史
・テーチ木と奄美の赤黄色土が生む日本を代表する絹織物・大島紬

…などなど鹿児島の自然のポイントを解説。

Part.2 鹿児島を駆け抜ける充実の鉄道網

・明治時代開通の鹿児島線 鹿児島~国分に始まる鉄道史
・新大阪からの直通も走る!九州新幹線鹿児島ルートの全貌
・国内屈指の大幹線として君臨・東京直通も走った鹿児島本線
・日本最長の寝台特急も走った九州東部を縦貫する日豊本線
・「おれんじ食堂」の投入など奮闘する肥薩おれんじ鉄道
・開聞岳ほか薩南の絶景を満喫!JR最南端駅もある指宿枕崎線
・県内唯一の私鉄も今や幻に・鹿児島交通枕崎線&知覧線

…などなど鹿児島の鉄道事情を解説。

Part.3 鹿児島で動いた歴史の瞬間

・鹿児島の古代史総論
・国内最古級の大規模な定住集落跡・上野原遺跡とは?
・政府と薩摩の間に起った軍事的衝突
・日本の南の玄関口・鹿児島に鉄砲やキリスト教が伝来
・九州統一を目指す島津氏VS九州攻めに乗り出した豊臣秀吉
・江戸~薩摩間約1700㎞!最も遠方からの参勤交代
・鹿児島城の築城と薩摩藩独自の外城制度
・薩英戦争が薩摩藩にもたらした近代化と倒幕への方針転換
・戦後アメリカの統治下となった奄美群島が日本復帰

…などなど鹿児島の歴史を徹底解説。

Part.4 鹿児島で育まれた産業や文化

・近代産業の礎を築いた集成館
・日本の金産出量の約9割を占める菱刈鉱山がすごい!
・かつては海軍の航空基地・鹿児島空港開港の歴史
・志布志湾に浮かぶ人工島にある志布志国家石油備蓄基地とは?
・鹿児島臨海工業地帯の造成の変遷をたどる
・ロケット打ち上げ施設は国内唯一・日本で宇宙に一番近い県
・古代より栄えた坊津の港に代わり枕崎が遠洋漁業の拠点に!
・本土が半分がやせたシラス台地なのになぜ全国有数の農業県になれた?

…などなど鹿児島の産業と文化を丁寧に解説。

『鹿児島のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  九州・沖縄 > 鹿児島県 >

この記事に関連するタグ