フリーワード検索

トップ > カルチャー >  九州・沖縄 > 鹿児島県 >

志布志線の志布志駅が日南線と大隅線を中継!SLの牙城だった栄光の路線 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年5月19日

この記事をシェアしよう!

志布志線の志布志駅が日南線と大隅線を中継!SLの牙城だった栄光の路線

九州で最後までSLが走り、万能機関車C58形が大活躍した志布志線。
3路線が合流する志布志駅は「鉄道の町」として発展するも、やがて廃線に…。

志布志線とは

志布志(しぶし)線は、かつて西都城〜志布志間を結んでいたローカル線です。

国鉄線からSLが引退した1975(昭和50)年、九州では熊本、鹿児島鉄道管理局管内にだけSLが走っていましたが、志布志線はその最後の牙城だったことでも知られます。

志布志線の全路線図

志布志線の全路線図

紆余曲折を経て、志布志線は上のような路線に落ち着き、西都城駅を起点にして志布志駅までの38.6㎞を10駅で結んでいました

全盛期には、こちらも廃線になった大隅線、現役の日南線が志布志駅で連絡し、同駅周辺は大いに賑わいました。

志布志線の歴史

志布志線の歴史は大正期に始まりました。鹿児島線が開通した頃、志布志線沿線の地域は道路事情が悪く鉄道の建設が望まれていました

そこで「日隅鉄道期成会」が組織され政府に請願。軽便(けいべん)鉄道により都城〜志布志間の路線が計画され、1920(大正9)年12月に着工されました。

1923(大正12)年1月に西都城〜末吉(すえよし)間が初開業し、延伸を繰り返し1925(大正14)年3月までに志布志駅まで全通。志布志線と命名されました。

志布志線の複雑な変遷

志布志線の変遷はやや複雑で、その後、志布志駅から東進したのち宮崎県の日南(にちなん)海岸沿いを北上。1941(昭和16)年には北郷(きたごう)駅まで延伸開業し、志布志線は西都城〜北郷間の延べ95.1㎞となりました。

22年の時を経た1963(昭和38)年、志布志線は南宮崎駅まで延伸。ここで南宮崎〜志布志間を日南線とし、志布志線は西都城〜志布志間の路線に戻っています。

志布志線が日南線と古江線を中継

以後、志布志線は日南線と古江(ふるえ)線を中継する基幹交通として重要な役割を果たしました

古江線は志布志〜国分間を結び、1987(昭和62)年に廃止された大隅線の旧称です。南隅軽便鉄道(のちに大隅鉄道)として古江〜串良間を1923(大正12)年までに開業し、のちの国有化で古江線(のちに古江西線)となり、志布志からの古江東線と結ばれ古江線になりました。1972(昭和47)年に国分まで全通し、ここでようやく大隅線と改称されました。

この古江線と日南線も合流する志布志線の終点、志布志駅は鉄道の要衝として大いに賑わいました。これら3路線の車両基地である志布志機関区のほか、車両区、保線区などが集まり、鹿児島鉄道管理局の志布志管理所も設けられ、志布志は「鉄道の町」として発展しました。

志布志線の中型SLの機関車C58形

志布志機関区には日南線、大隅線用のタンク機関車C11形が多数配置されていましたが、特筆すべきは志布志線用、傑作機で知られるC58形です。

これは中型SLで、旅客・貨物列車の両方をできる万能の機関車として427両が製造されました。使いやすく高性能なことから全国のローカル線で活躍し、九州では志布志線が最長寿を誇りました。

晩年は志布志線のC58形を求め、SLファンが多数訪れましたが1975(昭和50)年1月、志布志線からもその姿を消しました。

志布志線の廃止と志布志鉄道記念公園

志布志線は、ディーゼル列車に変わっても地域に親しまれ多くの列車を運転しましたが、進展するモータリゼーション、道路の整備、沿線の過疎化から次第に利用者が減少。第2次特定地方交通線になり廃止が承認されました。

存続の願いむなしく1987(昭和62)年3月に廃止され、盛大な式典のもと63年間の歴史に幕を下ろしました

志布志機関区や車掌区はなくなり、賑わった駅は1990(平成2)年に約70m北東に移設され、現在は日南線の無人駅としてひっそりと佇んでいます。

機関区の跡地の一部は「志布志鉄道記念公園」となり、志布志線で活躍したC58 112、車掌車のヨ8951、気動車のキハ52 130が保存され、往年の栄華を後世に伝えています。

『鹿児島のトリセツ』好評発売中!

地形、交通、歴史、産業…あらゆる角度から鹿児島県を分析!
鹿児島県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。鹿児島の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。地図を片手に、思わず行って確かめてみたくなる情報を満載!

Part.1 地図で読み解く鹿児島の大地

・鹿児島を筆頭に九州になぜ火山が多く一直線に並ぶ?
・大正時代に驚くべき大噴火!桜島の形成とメカニズム
・アンモナイトやクビナガリュウなど恐竜時代の化石が獅子島で続々!
・屋久島は巨大な花崗岩の塊を付加体が取り巻いている!
・超巨大火山「喜界カルデラ」に知られざる溶岩ドームが存在!
・薩摩富士・開聞岳や池田湖ほか薩摩半島南東部の火山群の歴史
・テーチ木と奄美の赤黄色土が生む日本を代表する絹織物・大島紬

…などなど鹿児島の自然のポイントを解説。

Part.2 鹿児島を駆け抜ける充実の鉄道網

・明治時代開通の鹿児島線 鹿児島~国分に始まる鉄道史
・新大阪からの直通も走る!九州新幹線鹿児島ルートの全貌
・国内屈指の大幹線として君臨・東京直通も走った鹿児島本線
・日本最長の寝台特急も走った九州東部を縦貫する日豊本線
・「おれんじ食堂」の投入など奮闘する肥薩おれんじ鉄道
・開聞岳ほか薩南の絶景を満喫!JR最南端駅もある指宿枕崎線
・県内唯一の私鉄も今や幻に・鹿児島交通枕崎線&知覧線

…などなど鹿児島の鉄道事情を解説。

Part.3 鹿児島で動いた歴史の瞬間

・鹿児島の古代史総論
・国内最古級の大規模な定住集落跡・上野原遺跡とは?
・政府と薩摩の間に起った軍事的衝突
・日本の南の玄関口・鹿児島に鉄砲やキリスト教が伝来
・九州統一を目指す島津氏VS九州攻めに乗り出した豊臣秀吉
・江戸~薩摩間約1700㎞!最も遠方からの参勤交代
・鹿児島城の築城と薩摩藩独自の外城制度
・薩英戦争が薩摩藩にもたらした近代化と倒幕への方針転換
・戦後アメリカの統治下となった奄美群島が日本復帰

…などなど鹿児島の歴史を徹底解説。

Part.4 鹿児島で育まれた産業や文化

・近代産業の礎を築いた集成館
・日本の金産出量の約9割を占める菱刈鉱山がすごい!
・かつては海軍の航空基地・鹿児島空港開港の歴史
・志布志湾に浮かぶ人工島にある志布志国家石油備蓄基地とは?
・鹿児島臨海工業地帯の造成の変遷をたどる
・ロケット打ち上げ施設は国内唯一・日本で宇宙に一番近い県
・古代より栄えた坊津の港に代わり枕崎が遠洋漁業の拠点に!
・本土が半分がやせたシラス台地なのになぜ全国有数の農業県になれた?

…などなど鹿児島の産業と文化を丁寧に解説。

『鹿児島のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!