フリーワード検索

トップ > カルチャー >  北海道・東北 > 北海道 >

アイヌ語由来が多い北海道の難読地名から見るアイヌ民族の生活と文化

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2021年11月24日

この記事をシェアしよう!

アイヌ語由来が多い北海道の難読地名から見るアイヌ民族の生活と文化

北海道にある変わった地名は、ほとんどがアイヌ語に漢字を当てたもの。
それぞれの地名がアイヌ語で何を意味するのか、読み解いてみましょう。

アイヌ語由来のものが多い北海道の難読地名

アイヌ語由来のものが多い北海道の難読地名
地名の由来となった地形や特徴が残っている場所もたくさん。アイヌ語地名からは、アイヌの人々がかつてその土地をどう見ていたか、何をしていたかを垣間見ることができます。

北海道の地図を眺めていると、「内」や「別」がつく地名が多いことに気がつきます。 実は、これらはアイヌ語で「川」を表す言葉「ナイ」「ペッ」に由来します。アイヌの人々は川と密接にかかわる暮らしをしていたため、川にまつわる地名が多いと考えられます。

アイヌ語由来の北海道難読地名:「幌内」の語源とは

「ナイ」のつく地名のうち、道内各地でとくによく見られるのが「幌内(ほろない)」です。

「ホロ」は「大きい」を意味するアイヌ語「ポロ」に由来し、「ホロナイ」は「大きい川」です。「ホロナイ」と名がつく川は、実際には小さいことも多いのですが、近辺にあるほかの川と比較して大きいほうの川、という意味でも「ホロナイ」が用いられるようです。

アイヌ語由来の北海道難読地名:「登別」「札幌」の語源とは

温泉で有名な「登別(のぼりべつ)」は「水の色の濃い川」の意。かつて、白濁した源泉が川にも流れ込んでいた様子が伝わってきます。

「札幌」の語源は諸説あって確かではありませんが、「乾く大きい川」を意味する「サッポロペッ」が省略されたものだという説があります。豊平川(とよひらがわ)が札幌扇状地に広がり、乾季には砂利河原となる様子を表しています。

アイヌ語由来の地名で地形を表すもの

地形を表すアイヌ語は、ほかにも 「ト」(湖)、「ソ」(滝)、「オタ」(砂浜)、「ピラ」(崖)、「シリ」(島、峰)などがあります。「利尻」は「リシリ(高い島)」が由来です。

アイヌ語由来の北海道難読地名はほかにも!

また、アイヌ語で「~が多い」「いつも~する」を表す言葉に「ウシ(ウス)」があります。これには「牛」「臼」「石」などの漢字がよく当てられます。

たとえば「浦臼(うらうす)」は、「魚を獲る罠が多い川」という意味の「ウライウシペッ」が由来。「カツラの木が多いところ」を表す「ランコウシ」から「蘭越(らんこし)」、「クルミの木が多いところ」を表す「ネシコウシ」から「根志越(ねしこし)」といったパターンもあります。

アイヌ語地名と狩猟採集生活の深い関わり

こうして見ていくと、アイヌ語地名は狩猟採集生活と深く結びついていることがわかります。アイヌの人々は、地形や植物、動物の習性を熟知していました。

暖かい時期は山菜を採り、秋にはサケ漁をします。冬には、弓矢や罠を用いたり、海や川に追い込んだりして、エゾシカやウサギ、キツネ、タヌキなどの動物を狩りました。トリカブトからつくった強力な矢毒で、ヒグマも仕留めることができました。

アイヌ語由来の北海道難読地名から学ぶアイヌ文化

アイヌの人々は、あらゆるものをカムイ(神)の化身またはカムイからの贈りものと考えました。狩りで獲れる動物のなかでも、クマは「キムンカムイ」(山の神)と呼ばれる特別な存在でした。子グマを生け捕りにした場合は、2~3年間大切に育てたあと「イヨマンテ」という儀式をして丁重にカムイモシリ(神の国)へ送りします。カムイに再び人間界へいきたいと思ってもらい、肉や毛皮をもたらしてもらうためです。

アイヌの人々と自然とのかかわり方は、現代から見ても学ぶところがたくさんあります。アイヌ文化を知る第一歩として、まずは地名の由来を調べてみてはいかがでしょうか。

『北海道のトリセツ』好評発売中!

地形、交通、歴史、産業…あらゆる角度から北海道を分析!地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。北海道の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載です!

『北海道のトリセツ』見どころ―目次より抜粋

Part.1 地図で読み解く北海道の大地
地球規模のプレート運動が北海道の大地と山々をつくる!
むかわ町穂別で発見された新種恐竜カムイサウルスとは!?
国内最大の湿地・釧路湿原が3000年以上も陸地化しない謎 ほか

Part.2 北海道を駆け抜ける鉄道網
日本初の軌道交通は茅沼を走り手宮~札幌に道内初の本格鉄道
ゴムタイヤで性能は上々 札幌市営地下鉄3路線の実力
樺太の鉄道と稚泊連絡船 最北の鉄路・宗谷本線 ほか

Part.3 北海道で動いた歴史の瞬間
4000年前の縄文時代に築かれたストーンサークルとは何か?
海を駆け巡る北の民アイヌ 樺太進出を狙い元と戦う!
松前藩が誕生し支配体制が確立! 南下を狙うロシアとのにらみあい
土方歳三の戦死で戊辰戦争終結! 旧幕府軍が描いた蝦夷共和国とは ほか

Part.4 北海道で育まれた産業や文化
150年で200万都市へ成長! 道都・札幌が大発展した理由とは?
北海道らしい大規模農業は開拓時代に黒田清隆が提唱した!
サッポロビールにニッカウヰスキー 北の大地で銘酒が誕生するまで ほか

<コラム>
データで分かる全189市区町村 人口、所得、農業・漁業
初三郎が描いた北海道の鳥瞰図
過酷な気候と労働が生んだ 小林多喜二のプロレタリア文学

『北海道のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  北海道・東北 > 北海道 >

この記事に関連するタグ