フリーワード検索

トップ > カルチャー >  北海道・東北 > 北海道 >

小林多喜二のプロレタリア文学~過酷な気候と労働が生んだ思想~ 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2021年11月24日

この記事をシェアしよう!

小林多喜二のプロレタリア文学~過酷な気候と労働が生んだ思想~

労働者(プロレタリア)の厳しい現実を描くプロレタリア文学。
その代表的な作家が小林多喜二です。
彼の思想は、小樽で学び、働くなかで培われました。

小林多喜二のプロレタリア文学『蟹工船』が平成に再注目されたわけ

2008(平成20)年、ユーキャン新語・流行語大賞のトップテンに「蟹工船」が入賞しました。これは、大正時代から戦後までオホーツク海を運航していた食品加工設備つき漁船のこと。そして、この漁船の過酷な労働環境を生々しく描いた小林多喜二の小説のタイトルです。

非正規雇用などの社会問題が深刻化するなかで、昭和初期に書かれた『蟹工船』が再注目され、一大ブームとなったのです。形式的に管理職にされ、相応の権限や報酬を与えられないまま残業代や休日出勤手当をカットされる「名ばかり管理職」も同年の流行語大賞に入賞しているのが示唆的です。

小林多喜二の『蟹工船』執筆は蟹工船問題の報道から

蟹工船では、カニの漁獲から脱甲、缶詰への加工までを一貫して海上で行いました。この特殊な形態のため、工場法も航海法も適用されず、非人道的な労働者の使役が横行していました。まさに「法の抜け道」だったのです。

1926(大正15)年に、複数の地元新聞社が蟹工船問題を集中的に報道。蟹工船が遭難船の救助を不利益として怠ったことや、漁夫・雑夫の虐待を行っていたことが話題となりました。

当時、多喜二は北海道拓殖銀行(拓銀)小樽支店に勤務しながら、ひそかに執筆活動を行っていました。報道を見て蟹工船に関心をもち、新聞のスクラップをしたり、蟹工船の出漁地である函館で蟹工船の漁夫に話を聞いたりと取材を重ねました。そして書かれた『蟹工船』の単行本は、半年で3万5000部を販売したといいます。

小林多喜二がプロレタリア文学を書き始めた背景

そもそも多喜二がプロレタリア文学を書き始めたのはなぜだったのでしょうか。その背景には、家庭の厳しい経済状況と、北海道特有の労働環境がありました。

1903(明治36)年、多喜二は秋田の貧しい農家に生まれました。1907(明治40)年に家族で小樽へ移り住みます。伯父が興したパン製造・販売店「三星堂」の支店を開業するためです。移住して間もなく、多喜二の家の裏手で、小樽港の第二期築港工事が始まります。家の近くに労働者を収容する土工部屋が建ち、危険な工事で何人もの労働者が犠牲となりました。

極寒の未開地である北海道には十分な数の労働者が集まらなかったため、甘い言葉で労働者を誘い出して監禁し、半強制的に働かせる「タコ労働」がしばしば行われていました。「タコ」の語源は、「飢えたタコが自分の手足を食べるように肉体と労働力を切り売りするから」「他人に雇用されるから(他雇)」など諸説あります。たびたび工事現場へパンを売りにいった多喜二の心のなかに、過酷なタコ労働の印象が強く焼きついたことは想像に難くありません。

多喜二は伯父から学費の援助を受け、小樽商業学校、小樽高等商業学校(現・小樽商大)へ進学。エリートコースを歩みながら、雑誌投稿や同人誌制作に精を出す文学少年に育っていきます。

小林多喜二のプロレタリア文学執筆と政治活動の末の死

卒業後に多喜二が就職した拓銀は、北海道開発のための資金供給と、資本家や地主への融資を中心に行っていました。優秀で柔和なため行内で評判のよかった多喜二ですが、銀行員として資本主義の支配構造に関与することに自己欺瞞を感じたのでしょうか。やがて労働運動や農民運動にのめり込んでいきます。

こうした政治活動が問題視され、1929(昭和4)年に多喜二は拓銀を解雇されます。以後、上京して精力的な執筆と政治活動を行いました。治安維持法の弾圧対象とみなされた多喜二は、1933(昭和8)年に特高警察に逮捕され、築地署で拷問の末に殺害されてしまいます。

多喜二の命日である2月20日前後、小樽では毎年「多喜二祭」が行われています。

小樽の小林多喜二ゆかりの地

小樽の小林多喜二ゆかりの地

石炭の積出港だった小樽港は、北海道経済の中心地でした。色内町には20行以上の銀行の支店が集まり、「北のウォール街」と呼ばれていました。

小林多喜二のプロレタリア文学『蟹工船』を購入する

小林多喜二のプロレタリア文学『不在地主』を購入する

小林多喜二のプロレタリア文学『工場細胞』を購入する

『北海道のトリセツ』好評発売中!

地形、交通、歴史、産業…あらゆる角度から北海道を分析!地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。北海道の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載です!

『北海道のトリセツ』見どころ―目次より抜粋

Part.1 地図で読み解く北海道の大地
地球規模のプレート運動が北海道の大地と山々をつくる!
むかわ町穂別で発見された新種恐竜カムイサウルスとは!?
国内最大の湿地・釧路湿原が3000年以上も陸地化しない謎 ほか

Part.2 北海道を駆け抜ける鉄道網
日本初の軌道交通は茅沼を走り手宮~札幌に道内初の本格鉄道
ゴムタイヤで性能は上々 札幌市営地下鉄3路線の実力
樺太の鉄道と稚泊連絡船 最北の鉄路・宗谷本線 ほか

Part.3 北海道で動いた歴史の瞬間
4000年前の縄文時代に築かれたストーンサークルとは何か?
海を駆け巡る北の民アイヌ 樺太進出を狙い元と戦う!
松前藩が誕生し支配体制が確立! 南下を狙うロシアとのにらみあい
土方歳三の戦死で戊辰戦争終結! 旧幕府軍が描いた蝦夷共和国とは ほか

Part.4 北海道で育まれた産業や文化
150年で200万都市へ成長! 道都・札幌が大発展した理由とは?
北海道らしい大規模農業は開拓時代に黒田清隆が提唱した!
サッポロビールにニッカウヰスキー 北の大地で銘酒が誕生するまで ほか

<コラム>
データで分かる全189市区町村 人口、所得、農業・漁業
初三郎が描いた北海道の鳥瞰図
過酷な気候と労働が生んだ 小林多喜二のプロレタリア文学

『北海道のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!