フリーワード検索

ジャンルから探す

トップ > カルチャー >  北海道・東北 > 岩手県 >

岩手・三陸沖の地震と津波発生のメカニズムを探る 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年6月22日

この記事をシェアしよう!

岩手・三陸沖の地震と津波発生のメカニズムを探る

岩手県を襲う地震は、さまざまなタイプに分けられます。
それぞれの地震はなぜ発生するのか、津波が発生するのはどんな地震のときか見てみましょう。

岩手県域で多発する地震のメカニズム

岩手県は、たびたびマグニチュード8以上の大きな地震による被害を受けてきました。岩手県周辺で地震が多いことには、地球を覆う岩盤(プレート)が関係しています。

岩手県は北米プレート(大陸プレート)上にあり、太平洋側から太平洋プレート(海洋プレート)が年間約10㎝のスピードで大陸プレートの下に沈み込んでいます。このためプレートにひずみがたまり、それが限界に達すると、プレート岩盤が破壊され、大地は大きく揺れ動きます。このときの揺れが地震です。

岩手県で起こる内陸型地震と海溝型地震

地震には、「内陸型地震」と「海溝(かいこう)型地震」があります。

深さ10㎞くらいの浅い地殻で発生し、断層が地上に到達して活断層をつくるのが内陸型地震。岩手県では、1896(明治29)年の陸羽(りくう)地震、1998(平成10)年の岩手県内陸北部地震、2008(平成20)年の岩手・宮城地震などの内陸型地震が起きています。

いっぽう、海溝型地震とは、陸と海のプレートの境界にある溝(海溝)付近で起こる地震で、海溝に引き込まれた大陸プレートに蓄積された歪みエネルギーが解放され、元の状態に戻ることによって生じる地震で、プレート境界地震ともいわれます。また、沈み込んだ海洋プレートの深部で発生する地震を「スラブ内地震」と呼びます。1896(明治29)年の明治三陸地震や2011(平成23)年の東北地方太平洋沖地震などがプレート間地震、1933(昭和8)年の三陸地震などがスラブ内地震です。

津波を引き起こす原因となる海溝型地震

海溝型地震の特徴のひとつは、津波が発生する可能性があることです。津波は、断層運動によって海底が隆起または沈降することで引き起こされます。

明治三陸地震では、最大震度4程度にもかかわらず大船渡(おおふなと)市で38.2mの津波を記録しました。このように、津波を引き起こす地震を「津波地震」と呼びます。

また、震源が深い場合は海底の変形が起きにくく、震度が大きくても津波が発生しないことがあります。

はるか遠くで発生した地震によって大きな津波が到来することもあります。南米を震源とした1960(昭和35)年のチリ地震では、津波が日本の太平洋沿岸に到達。大船渡市では死者・行方不明者62人、住家1000棟以上が全壊・流失という被害がありました。

津波を増幅させてしまうリアス海岸

リアス海岸では、津波の被害がさらに大きくなります。V字状の入り江に津波が到来すると、津波のパワーは湾の奥に集中します。加えて、水深も湾奥ほど浅いので、津波は高さを増してしまうのです。斜面をかけ上がった波は、海に戻っていくときも非常に強い力でものを押し流します

三陸において、津波による被害が大きいのはこのためです。

岩手県とその周辺の被害地震

岩手県とその周辺の被害地震
地震調査研究推進本部の資料を元に作成

2007(平成19)年以降の岩手県とその周辺のおもな被害地震について示しています。北上山地や奥羽山脈のそばに活断層があること、三陸沖に震源域が集中していることがわかります。

大船渡浸水範囲概況図

大船渡浸水範囲概況図
国土地理院「2万5千分1 浸水範囲概況図」を元に作成

東北地方太平洋沖地震による大船渡湾の津波浸水範囲。湾の奥ほど、内陸部への浸水範囲が広がっています。

『岩手のトリセツ』好評発売中!

日本の各県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。岩手の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。地図を片手に、思わず行って確かめてみたくなる情報を満載!

Part.1 地図で読み解く岩手の大地

・盛岡のまちを見守る名峰 岩手山はどうやってできた?
・宮沢賢治が名付けた理想の地? イーハトーヴの風景地とは
・三陸海岸のうち南部だけが リアス海岸になっている理由
・三陸沖で多発する地震と 津波発生のメカニズムを探る
・平泉の黄金文化を支えた 玉山金山はどこがすごい?
・カルスト台地に刻まれた猊鼻渓と 幽玄洞は古生代の化石の宝庫!
・ティラノサウルス類化石も発見! 国内最大の琥珀産地・久慈

などなど岩手のダイナミックな自然のポイントを解説。

Part.2 岩手を駆け抜ける鉄道網

・軌道から車両まで対策は万全! 積雪地帯を快走する東北新幹線
・一ノ関以北で客車が走り続けた 大幹線・東北本線の歴史と実力
・急勾配を克服する物流の幹線 IGRいわて銀河鉄道がすごい!
・『銀河鉄道の夜』の原風景を走る岩手軽便鉄道に始まった釜石線
・三陸縦貫鉄道を引き継ぎ誕生! 沿岸部を走る三陸鉄道リアス線
・龍ヶ森の急勾配を越えろ! 奥羽山脈を横断する花輪線

などなど岩手ならではの交通事情を網羅。

Part.3 岩手で動いた歴史の瞬間

・人々が定住し集落が生まれ 南北それぞれの文化が発達
・胆沢平野を中心に米作が進み 強大な権力も生まれる
・蝦夷のリーダー・アテルイと ヤマト王権の熾烈な争い
・安部氏から奥州藤原氏 やがて群雄割拠の戦乱へ
・前九年・後三年の役が終結し 花開いた黄金の平泉文化
・大崎氏と斯波氏の時代を経て 南部氏と伊達氏が台頭
・戊辰戦争での敗北から 紆余曲折ののち岩手県が成立

などなど、激動の岩手の歴史に興味を惹きつける。

『岩手のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  北海道・東北 > 岩手県 >

この記事に関連するタグ