フリーワード検索

ジャンルから探す

トップ > カルチャー >  北海道・東北 > 秋田県 >

大河兼任VS鎌倉幕府!八郎潟東岸を拠点とする豪族の反乱 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年6月29日

この記事をシェアしよう!

大河兼任VS鎌倉幕府!八郎潟東岸を拠点とする豪族の反乱

源頼朝は奥州合戦で奥州藤原氏を滅ぼします。
ですが、奥州藤原氏の旧臣は、鎌倉政権に対して従順に従うものばかりではありませんでした。

鎌倉幕府に反発する勢力が挙兵

1189(文治5)年、源義経を匿ったことを口実として、源頼朝は奥州に攻め込み、奥州藤原氏を滅ぼしました。合戦後、藤原氏の旧領には東国武士が地頭職として配されましたが、藤原氏の旧臣や在地勢力とのあいだに軋轢が生まれました。

奥州合戦の終結からわずか3カ月後の同年12月、鎌倉政権に反抗する勢力が挙兵するに及んだのです。

当初、反乱軍を率いる首謀者は、死んだはずの「伊予守(いよのかみ)義経」(源義経)とか「朝日冠者」(木曾義仲(きそよしなか)の嫡男)と称し、出羽国海辺庄(山形県酒田市・東田川郡)や山北郡(せんぼくぐん)(仙北郡)で挙兵し、鎌倉政権を動揺させました。

大河兼任が率いた反乱軍

この首謀者の正体は、八郎潟(はちろうがた)東岸の大河(五城目町大川)を本拠とする豪族の大河兼任(かねとう)でした。一説には陸奥国津軽地方の豪族ともされていますが、藤原泰衡(やすひら)の郎党であったことは間違いありません。

7000余騎を率いた大河兼任は、河北(かほく)(雄物川以北)から秋田を経由して、大関山(笹谷峠(ささやとうげ))を越えて多賀(たが)国府(宮城県多賀城市)を制し、そのまま鎌倉まで攻め上ることを企図していました。毛々佐田(ももさだ)(秋田市)から鎌倉方の由利維平(ゆりこれひら)に送った書状には「主人の仇討ち」と明言されており、進軍目的は明白でした。

大河兼任はトラブルに見舞われながらも奮闘

しかし、冬場で凍結した八郎潟を渡ろうとしたところ、志加(しが)の渡(わたし)(山本郡三種町鹿渡(かど))で氷が破れ、5000余が溺死。

進路変更を余儀なくされた大河兼任軍は、小鹿島(男鹿市)へと向かい、鎌倉方の由利維平、宇佐美実政(うさみさねまさ)を討ち取りました。このとき小鹿島の地頭・橘公業(たちばなのきみなり)は抵抗せずに鎌倉へ逃げ帰っていきました。

大河兼任の乱

大河兼任の乱
『図説 秋田県の歴史』(河出書房新社、1987年)を元に作成

大河兼任は八郎潟東岸を発ち、1189(文治5)年12月頃、男鹿の大社山と毛々佐田で由利維平を討ったあと、津軽へ向かい宇佐美実政を破りました。

鎌倉幕府による大河兼任包囲網

公業は御家人たちから批判されましたが、源頼朝は無駄死にを避けた公業の判断を評価しました。頼朝としては、手柄を競った御家人が寡兵で挑んで確固撃破されることが起きないように、御家人たちを戒めておく必要があったのでしょう。

頼朝は千葉常胤(ちばつねたね)の東海道軍、比企能員(ひきよしかず)の東山道軍を奥州に向かわせ、さらに足利義兼(あしかがよしかね)を追討使として派遣し、千葉胤正(たねまさ)の大将軍も進発させました。

大河兼任軍の勢力も増大していた

大河兼任軍は津軽方面から陸奥中央部へと進出し、奥州藤原氏の旧拠点・平泉(岩手県西磐井郡)まで達しました。奥州藤原氏の残党を糾合した大河兼任兼任軍は、1万騎にまで膨れあがったといいます。

大河兼任の乱は鎌倉幕府軍の勝利に終わる

大河兼任軍と鎌倉方は、多賀国府より北に位置する栗原郡一迫(いちはさま)(宮城県栗原市)で激突しました。この戦いで壊滅的な敗北を喫した大河兼任は、現在の青森県青森市浅虫周辺の「有多宇末井之梯(うとうまいのかけはし)」(善知鳥崎(うとうざき)の橋)近くの山にたてこもることに。源義経ゆかりの栗原寺(りつげんじ)(宮城県栗原市)まで落ち延びましたが、立派な具足を着ていることを怪しまれ、地元の樵(きこり)に殺害されるのでした。かくして大河兼任の乱は終結しました。

大河兼任に協力した旧奥州藤原氏の勢力を削ぐことができた頼朝は、伊沢家景(いさわいえかげ)を陸奥国の留守職に任じ、奥州総奉行の葛西清重(かさいきよしげ)とともに奥州での支配体制を確立させ、東北地方における鎌倉政権の影響力を強めていくのでした。

八郎潟東岸の巨大製鉄炉跡

1998(平成10)年、八郎潟東岸の琴丘町(現・三種町)の堂の下遺跡から、鎌倉時代初期の鉄及び鋳物生産関連の遺構・遺物が発見されました。

発掘調査では砂鉄を蓄えた穴、木炭を生産する炭窯、砂鉄から鉄塊をつくりだす製鉄炉、鉄塊を溶かす溶解炉などが確認されました。製鉄炉の構造が新潟県北沢遺跡のものと似ていることから、北陸方面から技術が伝播したと考えられています。

また、溶けた鉄を注いで鍋をつくりだすための鋳型が多数出土。鉄の原料採取から製品生産まで一貫して行われた中世の遺跡としては、本遺跡が日本最北の例です。

『秋田のトリセツ』好評発売中!

地形、交通、歴史、産業…あらゆる角度から秋田県を分析!

秋田県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。秋田の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。地図を片手に、思わず行って確かめてみたくなる情報を満載!

Part.1 地図で読み解く秋田の大地

・秋田県の地形総論
・火山の痕跡や地殻変動を体感!男鹿半島ぐるり1周ジオ巡り
・世界最大の二重カルデラ湖「十和田湖」はどうやって生まれた?
・地下にかつての雄物川の流路!? 秋田平野が形成の驚きのしくみ
・黒川や雄物川流域に油田続々!秋田ではどうして油が採れる!?
・ブナ林が発達し海成段丘が縁取る 起伏が激しい白神山地の形成史
・美しき田園・象潟の九十九島は鳥海山の山体崩壊でできた
・大館・鷹巣・鹿角盆地と能代平野 米代川流域に形成された地形の謎

Part.2 秋田を駆ける充実の交通網

・全国2番目のミニ新幹線、E6系「こまち」が走る秋田新幹線
・一部レール幅を変えて新幹線もいく!福島~青森を結ぶ幹線・奥羽本線
・新津~秋田を結ぶ日本海側の動脈 寝台特急「日本海」も走った羽越本線
・米代川に沿って走る本州横断線 スイッチバックも見事な花輪線
・東能代~川部を結ぶ絶景ローカル線 「リゾートしらかみ」が走る五能線
・鷹巣と角館を結ぶ旧国鉄角館線 秋田内陸縦貫鉄道は見どころ満載!
・釜石~横手~本荘を結ぶ大計画も!? 由利高原鉄道鳥海山ろく線がすごい
・小坂鉱山の鉱石輸送のため開業 旅客輸送も担った幻の小坂鉄道/昭和40年代に消えたローカル私鉄 羽後交通の雄勝線・横荘線とは?

Part.3 秋田の歴史を深読み!

・秋田の古代史総論
・大型住居跡やストーン・サークルなど秋田県の縄文遺跡がおもしろい!
・出羽柵が遷置・整備されて秋田城と呼ばれるようになった
・奥羽を支配した出羽の豪族・清原氏が後三年の役により滅亡
・秋田の中世史総論
・八郎潟東岸を拠点とする大河兼任が鎌倉幕府に対して反乱を起こす
・秋田の近世史総論
・佐竹氏の入部以降、鉱山開発が進み鉱業が秋田藩の財政を支えた
・古来より栄えていた舟運に加え街道が整備され交易が盛んに!
・近現代史総論/奥羽越列藩同盟を離脱し新政府側へ 秋田藩の戊辰戦争と戦後のゆくえ
・日本最後の空襲となった土崎空襲 どうして土崎港が狙われたのか?

Part.4 秋田で育まれた産業や文化

・全国屈指の産油量だった秋田県がシェールオイルの開発・商業生産へ
・秋田港、船川港、能代港 三つの重要港湾が海上輸送網の拠点
・国内有数の米どころ・秋田県は農業産出額の5割以上を米が占める
・かつては国内2位の広さを誇る湖!? 八郎潟の干拓と大潟村の歴史
・古来より建材や工芸品に用いられた秋田杉の活用と保存の取り組み
・日本のロケット発祥の地は秋田県の道川海岸だった!
・地熱発電や風力発電などの再生可能エネルギーの導入が加速
・県内各地で伝承されている民俗芸能 国指定重要無形民俗文化財は国内最多!

『秋田のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  北海道・東北 > 秋田県 >

この記事に関連するタグ