フリーワード検索

ジャンルから探す

トップ > カルチャー >  九州・沖縄 > 沖縄県 >

「琉球処分」の全容とは?~琉球王国が終わりを告げた~ 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年6月15日

この記事をシェアしよう!

「琉球処分」の全容とは?~琉球王国が終わりを告げた~

琉球王国を日本に取り込んでいく政治的過程を「琉球処分」といいます。およそ450年続いた琉球王国は、どのように崩壊していったのでしょうか。

琉球処分の前段階として清国との分離を図る

日本が幕末の動乱に揺れるなか、1866年に琉球では清国から冊封使(さくほうし)を迎え、尚泰(しょうたい)王の冊封式典が行われていました。薩摩藩を通じて江戸幕府から間接支配を受けながらも、清国とは冊封・進貢関係を維持するという、日本と清から二重支配を受ける両属的な状態は幕末まで続いていたのでした。

近代国家に向けて国境の確定を図る

王政復古の大号令を経て成立した明治新政府は、近代国家の形成に向けて各種の制度改革に着手します。その際に近隣諸国との国境を確定させる必要が生じ、琉球には清との冊封関係を廃止させ、清から分離させようと考えました。

琉球処分はゆるやかに進んでいく

1871(明治4)年、明治政府は廃藩置県を実施し、日本全国の藩は廃止され府県制に移行しました。このとき琉球は、ひとまず鹿児島県の管轄下に置かれることになりました。

翌1872(明治5)年、明治政府は琉球に対し、明治維新を祝う使節を派遣するよう要請します。琉球側はこの要請を従来の慶賀使派遣と同様に考えていましたが、明治政府は琉球に「異国風(=中国風)」の装いではなく琉球の服装で来訪するように指示し、琉球藩を設置して尚泰王を「藩王」に任じる旨を伝えます。藩主や県令ではなく「藩王」としたことに、琉球や清からの反発を未然に防ぎ、段階的に王国を解体していこうという意図が感じられます。

琉球処分がついに執行され琉球王国は崩壊

1875(明治8)年、明治政府は琉球藩に対し、王国制度を解体させることと、沖縄県として日本に帰属させる旨を通達してきました。
琉球側は従来どおりの関係を継続できるように明治政府と交渉を続け、清には窮状を訴えて救援を求めますが、明治政府は武力行使による強権的な執行を決意。1879(明治12)年には内務大書記官の松田道之が警官160名と熊本鎮台分権隊400名を引き連れて琉球に渡り、王府で沖縄県設置を告げます。明治政府による強制併合というかたちで、およそ450年の歴史をもつ琉球王国は崩壊したのです。

琉球処分に反発した清国との関係は悪化

しかし、清はこの「琉球処分」に強く反発し、沖縄の帰属を巡る日清間の争いは国際問題へと発展します。
このとき清から調停の依頼を受けたのは、旅行で清に滞在中だった元アメリカ大統領のユリシーズ・グラントでした。アメリカ大統領経験者としては初めて訪日したグラントは伊藤博文ら政府高官と会談し、日本側は「沖縄島以北を日本領、宮古・八重山諸島を清国領」とし、中国内での通商権を要求する分島・増約案を提示します。

ロシアとの国境紛争も抱えていた清は早期解決を望み、いったんはこの案を受け入れる意向を示しますが、実際に調印に応じることはありませんでした。

琉球処分に端を発した日清戦争によって問題はうやむやに

やがて1894(明治27)年に日清戦争が勃発します。日本は勝利して台湾を植民地化すると、沖縄を巡る問題は立ち消えになり、清は沖縄に対する日本の主権をうやむやのうちに認めることになるのでした。

『沖縄のトリセツ』好評発売中!

地形、交通、歴史、産業…あらゆる角度から沖縄県を分析!

沖縄県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。沖縄の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。地図を片手に、思わず行って確かめてみたくなる情報を満載!

Part.1 地図で読み解く沖縄

・造山運動によって形成された琉球列島/新しい地層と古い地層、南北で異なる沖縄本島の地質
・エメラルドグリーンの海は隆起してできたサンゴ礁のおかげ?
・グスクの石垣から地下ダムまで利用される琉球石灰岩
・貴重な自然の宝庫「やんばるの森」とは?
・マングローブの生態系が「生きものたちのゆりかご」と呼ばれるのはなぜ?
・県内唯一の活火山島である硫黄鳥島は硫黄の産地だった
・西表島で行われた炭鉱開発とは?…などなど沖縄の自然を解説。

Part.2 陸海空、沖縄に巡らされた交通網

・那覇空港と市街を結ぶ県内唯一の鉄道路線「ゆいレール」
・県民の足として、輸送手段としても活躍していた沖縄県鉄道とは?
・海軍の飛行場からスタートし、各地を結ぶ那覇空港
・明治初め、本州と那覇を結ぶ国内最長の定期航路が誕生!
・沖縄復興のシンボルといわれた730バスとは、どのようなバスだったのか?
・全ての道は首里城に通じる?首里城から那覇港、本島南部に通じる琉球石灰岩の道

…などなど沖縄の交通事情を解説。

Part.3 沖縄で動いた歴史の瞬間

・沖縄の古代史総論/約2000万年前に住んでいた港川人はどこからやってきたのか?
・沖縄本島を三分割して約100年も勢力争いが続いた三山時代とは?
・琉球から江戸まで片道2000㎞の長旅 琉球使節の江戸参府の全貌
・黒船が琉球にやってきた!浦賀上陸前に琉球を訪れたペリーの目的とは?
・ソテツ地獄を経て、国内で唯一戦場となった沖縄
・沖縄の日本復帰を記念して開催された沖縄海洋博覧会とは?

…などなど沖縄の歴史を徹底解説。

Part.4 沖縄で育まれた産業や文化

・元々は宮廷料理だった?沖縄の郷土料理・沖縄そば
・男子禁制の祈りの場、御嶽とはいったいどのような場所なのか?
・15世紀に伝わり戦火からも復活!沖縄を代表する酒・泡盛の奇跡
・薩摩から朝鮮人陶工がやってきたのが始まり?沖縄やちむんの魅力とは
・絣や紅型のほか多彩な染織物「染色文化の宝庫」と呼ばれる沖縄

…などなど沖縄の産業と文化を丁寧に解説。

『沖縄のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  九州・沖縄 > 沖縄県 >

この記事に関連するタグ