フリーワード検索

ジャンルから探す

トップ > カルチャー >  九州・沖縄 > 熊本県 >

熊本の酒といえば焼酎?日本酒?熊本県内ではっきりと分かれている日本酒圏と焼酎圏 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年8月3日

この記事をシェアしよう!

熊本の酒といえば焼酎?日本酒?熊本県内ではっきりと分かれている日本酒圏と焼酎圏

日本酒もおいしければ、焼酎もおいしい熊本県ですが、北部と南部で酒の文化がくっきりと分かれています。その理由は、約700年にわたる長い歴史がありました。

熊本特有の酒文化は北部の日本酒圏、南部の球磨焼酎圏に分かれる

熊本県内には1000を超える湧水群があるといわれますが、その水によって良質の米が生産され、熊本特有の酒文化が育まれてきました。その文化は地図を見てもわかるように、北部と南部では明白に分かれています。北部が日本酒圏であるのに対し、南部は圧倒的に球磨焼酎圏となっています。これは、北部の熊本藩に対し、南部が鎌倉時代から江戸時代の終わりまでの約700年間、相良氏に支配され、熊本藩とは文化的にも独立していたからです。

参考:熊本酒造組合ホームページ「熊本の清酒の歴史」
高橋酒造ホームページ「球磨焼酎500年の歴史」

熊本の酒文化:日本酒の歴史

熊本における日本酒の文化は、「赤酒」に始まったとされます。赤酒とは、もろみに木灰を入れて弱アルカリ性にし、保存性を高める灰持酒(あくもちざけ)の一種で、江戸時代には御国酒(おくにざけ)とされ、藩内で赤酒以外を造ることも、藩外の酒が持ち込まれることも禁じられていました。明治に入り、熊本に「熊本県酒造人組合」が設立され、灰持酒から、加熱によって低温殺菌を行う、いわゆる清酒(火持酒)がつくられるようになったのは1879(明治12)年のこと。1909(明治42)年には、組合によって、熊本県酒造研究所が設立され、のちに株式会社となりました。

熊本県酒造研究所で発見された「熊本酵母」が全国へ

この熊本県酒造研究所で1953(昭和28)年に発見されたのが「熊本酵母」でした。その熊本酵母は、高い吟醸香と強い発酵力を有することから「きょうかい9号酵母」として日本醸造協会に採用され、1968(昭和43)年に全国への頒布が始まると、一気に吟醸酒人気に火がつき、今でも全国の蔵元でもっとも多く使われている酵母のひとつとなりました。

熊本の酒文化:球磨焼酎の歴史

一方、熊本を代表する酒として、球磨焼酎も忘れてはならない存在です。そもそも、室町時代に東南アジアや大陸と活発に交易をしていた相良氏によって、蒸留技術が持ち込まれたのがルーツだとされています。さらに文禄・慶長の役(1592~1598年)のときに、大陸から蒸留法の新しい技術がもたらされることで、現在に伝わる球磨焼酎の製法がほぼ完成し、江戸時代には人吉・球磨で盛んにつくられるようになりました。

ただし当時は、貴重な米を原料とする米焼酎は武士、それも上流階級のものとされ、庶民は、もっぱら麦や雑穀を原料とした焼酎を飲んでいたといいます。しかし、1995(平成7)年には、球磨焼酎は国税庁から「米のみを原料として人吉・球磨の地下水で仕込んだもろみを人吉・球磨で蒸留し、瓶詰めした焼酎だけを『球磨焼酎』と呼ぶことができる」という「地理的表示の産地指定」を受けると、一気に人気ブランドとなり、球磨地方以外にも多くの愛飲者を獲得したのでした。

『熊本のトリセツ』好評発売中!

地形、交通、歴史、産業…あらゆる角度から熊本県を分析!

熊本県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。熊本の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載!

Part.1 地図で読み解く熊本の大地

・激しい地殻運動が生んだ熊本県の変化に富んだ地形
・御船町でさまざまな恐竜の化石が発見されるのはなぜか?
・阿蘇で今も語り継がれる「健磐龍命蹴裂伝説」の謎
・南北に分断された九州がひとつになった理由とは?
・4つの川は熊本にとって恵みの存在なのか?
・ちょっと不思議な天草諸島の地形はどうやってできたのか?
・熊本は「火の国」ではなく、実は「水の国」だった!?

…などなど熊本のダイナミックな自然のポイントを解説。

Part.2 熊本を駆け抜ける鉄道網

・熊本の物流を支える鉄道はどうやってつくられたのか?
・熊本電鉄の路線で、“懐かしの車両”に出合えるのはいったいなぜなのか?
・2020年7月豪雨で存亡の危機に! 果たして肥薩線は復活できるのか?
・全線不通から全線開通は可能か? くま川鉄道と南阿蘇鉄道の挑戦は続く
・熊本を走る観光列車のいろいろ。その歴史と魅力を知っておこう!
・九州新幹線の開通で人の流れは変わったのか?

…などなど熊本ならではの鉄道事情を網羅。

Part.3 熊本で動いた歴史の瞬間

・旧石器時代の沈目遺跡の打製石器は誰がつくったのか?
・弥生時代の熊本は鉄器製造の一大産地だった!?
・菊池を450年にわたって支配した大豪族・菊池氏の正体は?
・肥後を支配した守護代「大友氏」の壮絶な家督争いとは?
・加藤清正が「セイショコさん」と呼ばれ、今でも熊本県民に慕われるワケは?
・西南戦争における最大の激戦「田原坂の戦い」とは?
・軍都へと変貌していった熊本県と熊本城の運命は?

…などなど、激動の熊本の歴史に興味を惹きつける。

『熊本のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  九州・沖縄 > 熊本県 >

この記事に関連するタグ