フリーワード検索

トップ > カルチャー >  関西 > 大阪府 >

天下の台所として日本経済を支えた中之島

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2021年11月28日

この記事をシェアしよう!

天下の台所として日本経済を支えた中之島

江戸時代における日本経済の中心地は中之島。
2つの川に挟まれた中州には全国から年貢や特産物が集まりました。
その繁栄ぶりを見てみましょう。

天下の台所・大阪を代表する中之島

天下の台所とは江戸時代の大坂につけられた異称で、大正時代の歴史家がつくった用語だとする説もあります。

当時の様子を表すのに、これほどぴったりな言葉はありません。実際、江戸時代の大坂は全国から米や特産物が一挙に集まる、日本最大の流通拠点でした。その中心地となったのが、現在の大阪市北区にある中之島(なかのしま)です。

天下の台所・大阪を支えた蔵屋敷

大坂の陣によって豊臣家は滅亡し、江戸に幕府が開かれたことで大坂は政治の中枢ではなくなりました。ですが、豊臣時代に建てられた、各大名が年貢米や特産物を保管・販売するための蔵屋敷(くらやしき)は残されていました。この蔵屋敷の存続により、大坂は経済の中心地であり続けたのです。

天下の台所・中之島が経済の要衝として発展したワケ

江戸時代になると、大坂は幕府直属の城代と町奉行、そして町人から選抜された惣年寄(そうどしより)と町年寄によって水路が多数開削され流通の拠点となっていきます。この運河と西・東回り航路の整備によって、大坂への船舶輸送がさかんになりました。

堂島川(どうじまがわ)と土佐堀川(とさぼりがわ)に挟まれた中之島は大阪湾に近いだけでなく、淀川を通じて京都ともアクセスしやすく、船場の商業地にも近いという利点がありました。水の都の経済の要衝として、中之島は発展していったのです。

天下の台所としてにぎわう中之島

全国の諸藩は、米や作物を収穫すると大坂に船で送ります。中之島につくと蔵屋敷に運び込み、そこから各品の入札や販売を行います。 中之島の蔵屋敷は元禄年間(1688~1704年)に130を超え、川岸には物資運搬用の堀や入り江がいくつもつくられました。

江戸時代中期になると、全国の米の値段を決定する堂島米会所(こめかいしょ)や、金銀の相場を決める北浜金相場会所が近隣に設けられたことで商業取引はより活発になりました。

また、特産品を取り扱う問屋や諸藩と取引する金融商人などの経済活動もさかんに行われ、まさに天下の台所にふさわしいにぎわいでした。

中之島でとくに経済の中心地だった堂島

中之島の中でも北に位置する堂島は、江戸時代における大阪経済の中心地でした。堂島新地の開発で当初は歓楽街として発展しましたが、やがて淀川米市の堂島移転で商業地となっていきます。

1730年に世界初の先物取引所である「堂島米会所(米市場)」が開設したことにより、堂島は日本の米の値段を決めるほどの商業地となりました。明治の蔵屋敷廃止や戦時中の米取引停止で大きな被害を受けましたが、現在は多数のオフィスビルが立つビジネス街となっています。

天下の台所・中之島の一時荒廃と近代都市への発展

そんな中之島も、明治維新後の蔵屋敷廃止で一時は荒廃してしまいます。それでも官公庁の蔵屋敷跡買い上げと、1891年の市営中之島公園の開設で活気を見せはじめ、病院や学校も次々に開設されました。

大正時代には朝日新聞社や日本電力などの企業ビルが立ち並ぶ近代都市へと発展しました。現在も中之島は関西有数のビジネス街として大阪経済を支え、各所に置かれた石碑が、かつての蔵屋敷の名残を今に伝えています。

昭和初期の中之島

中之島で大川(旧淀川)は堂島川と土佐堀川に分岐します。戦前から、中央公会堂や日本銀行大阪支店、大阪ホテル(現・リーガロイヤルホテル)など、政財界の主要な機能が集まる重要な場所でした。

『大阪のトリセツ』好評発売中!

大阪府の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。大阪府の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載!

【見どころ―目次より抜粋】
Part.1:地図で読み解く大阪の大地
大阪の歴史は水を起源とするとされる理由
大阪府の属する関西・近畿・畿内の違い
こんなに違った古代の大阪! 消えた河内湾と河内湖 ほか

Part.2:大阪を駆ける充実の交通網
西国へ、京都へ、熊野へ府下を通る旧街道の痕跡
どの道路が、なぜ混むのか?大阪の道路網の現状
徹底比較! 大阪の私鉄(阪急電鉄と阪神電鉄、京阪電気鉄道、近畿日本鉄道、南海電気鉄道) ほか

Part.3:大阪の歴史を深読み!
幕府軍が落とせなかった千早赤坂城の秘密
織田信長に恭順して残された富田林寺内町
天下の台所として日本経済を支えた中之島 ほか

Part.4:大阪で生まれた産業や文化
ダイハツ、パナソニック・・企業城下町の今
万博、花博、EXPO2025など国際博覧会の最多開催地・大阪
偉人たちが好んで食したなにわの伝統野菜 ほか

<コラム>
データで分かる74市区町村 人口と所得、観光、工業・農業・漁業
絵図で見る 大阪の川と「八百八橋」
鳥瞰図で見る 100年前がわかる大阪市パノラマ地図
鳥瞰図で見る 吉田初三郎が描いた90年前の大阪府
鳥瞰図で見る 大阪周辺にある歴代天皇・皇族の陵墓
絵図で見る 大坂冬の陣における諸将の配置
一見の価値あり! ヘンチクリンな建築物

『大阪のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!