フリーワード検索

トップ > カルチャー >  関東 > 千葉県 >

新京成電鉄のS字急曲線はなぜ生まれた? 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2021年12月7日

この記事をシェアしよう!

新京成電鉄のS字急曲線はなぜ生まれた?

周囲が開けた平地を走っているにもかかわらず、なぜか急曲線が連続する新京成電鉄。
その配線には、戦争の歴史が深く関係していました。

新京成電鉄にカーブが多い理由

新京成電鉄は、地形にかかわらず線路が右に左にカーブしています。直線区間が非常に少ないですが、これは太平洋戦争時における陸軍用地を転用したからです。

新京成電鉄のルーツは鉄道連隊

かつて日本には「鉄道連隊」と呼ばれる、戦地での鉄道敷設、輸送、破壊を行う陸軍の部隊がありました。物資輸送などを行う兵站(へいたん)は後方支援として非常に重要で、鉄道は輸送手段として大きな存在だったのです。

しかし、戦地において鉄道を迅速に敷設するには日頃の訓練、演習が必要で、千葉県にはいくつかの演習線が存在していました。その演習線を旅客線に転用したのが新京成電鉄です。

鉄道連隊とは

鉄道連隊は、帝国陸軍の「鉄道大隊」が1896(明治29)年に設けられたのが始まりで、日露戦争(1904~1905年)に出征。1907(明治40)年に鉄道連隊となり、それまでの東京の中野から千葉に第一・第二大隊を移転し、津田沼に第三大隊を新設。本格的な教育、訓練のため、四街道~千葉~津田沼間、津田沼~松戸間の演習線が設けられました。

1918(大正7)年には鉄道第一連隊が千葉、第二連隊が津田沼に置かれ、演習線のほか、鉄道連隊を利用し県内の鉄道を整備。現在の東武野田線、JR久留里線などが敷設されました。

太平洋戦争中は、タイ~ビルマ(現・ミャンマー)間を結ぶ泰緬(たいめん)鉄道の建設など、東南アジアでも活動しました。

新京成電鉄のカーブはかつての演習線の名残

戦後、演習線の津田沼~松戸間は放置されたままになっていました。これに目を付けたのが西武鉄道と京成電鉄で、国に払い下げを陳情。結果的に西武は資材を獲得、京成は1946(昭和21)年に新京成電鉄を発足し、同区間に新線を建設することになったのです。

新線の大部分は演習線を利用したため、用地費や土木費などは低く抑えることができました。半面、演習線ではさまざまな状況を想定して敷設演習が行われていたので、線形は曲線が非常に多く右に左に蛇行を繰り返しています。

当時は荒れ放題だったというこの用地に、新京成電鉄は軌道を敷き、1947(昭和22)年12月、新津田沼~薬園台(やくえんだい)間を開業しました。翌年から滝不動(たきふどう)、鎌ヶ谷大仏、鎌ヶ谷初富(はつとみ)(現・初富)と延伸を繰り返し、1955(昭和30)年4月に松戸までの全線が開業。一部区間は直線に改められましたが、急曲線の多さは特筆もの。

1975(昭和50)年2月、新津田沼~京成津田沼間を除き全線で複線化した際、演習線は大半が複線のため建設は容易だったといわれています。

新津田沼~京成津田沼付近の今

新津田沼~京成津田沼付近の今

1968(昭和43)年、藤崎台経由の路線を廃止するとともに、新津田沼駅を300mほど京成津田沼駅寄りへ移動させました。このとき、かつての陸軍鉄道連隊の訓練線を利用して前原から現・新津田沼の線路を敷設。さらに、京成津田沼駅と結んだために線路は急なS字を描くこととなったのです。

『千葉のトリセツ』好評発売中!

日本の各県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。本書では千葉県の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載!

●収録エリア:千葉県全域

【注目1】千葉の地質・地形を徹底分析

・市原市を流れる養老川河岸の露頭に約77万年前の地層チバニアン発見!
・恐竜時代の岩石がむき出しの見て楽しい銚子のジオ巡り
・火山がない県なのに鴨川に海底火山が流出?
・繰り返される巨大地震の爪痕・南房総に発達する海岸段丘
・鋸山の絶景をつくった「房州石」とはどんな石?

・・・などなど、千葉のダイナミックな自然の成り立ちを解説。

【注目2】古代から中世、江戸時代、近現代の千葉の歴史を一望

・ふたつの大型環状貝塚からなる巨大な加曾利貝塚の謎
・32基もの古墳がつくられた富津の内裏塚古墳群とは?
・鴨川市小湊がゆかりの地、高僧・日蓮の波乱に満ちた生涯
・坂東太郎の流れを変えた徳川家康の利根川東遷
・日本地図を完成させた佐原村の名主・伊能忠敬の素顔
・廃藩置県で26県もあった千葉県域をどうやって統一?

・・・などなど、千葉の歴史のポイントがわかる。

【注目3】千葉を駆け巡る鉄道網をはじめ、千葉で育まれた文化や産業を紹介

・民鉄最高速160キロでスカイライナーが走れる理由
・成田空港線の高架橋は成田新幹線の遺構だった
・登山鉄道も計画された小湊を目指した小湊鉄道
・かつて千葉市の中心駅は京成千葉駅だった!?

・・・などなど、千葉を走る鉄道網の秘密に迫る。

また、銚子港が水揚げ量日本一を誇る理由や明治期最先端の土木技術が光る海の要塞・第二海堡とは?、皐月賞や有馬記念の舞台として知られるJRA中山競馬場の誕生秘話・・・など、千葉県にまつわる文化・産業の面白話もたっぷりと紹介します。

『千葉のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  関東 > 千葉県 >

この記事に関連するタグ