フリーワード検索

ジャンルから探す

トップ > カルチャー >  関東 > 東京都 >

大政奉還した徳川慶喜だったが思惑が外れた?!~王政復古の大号令により廃止された江戸幕府~

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年5月13日

この記事をシェアしよう!

大政奉還した徳川慶喜だったが思惑が外れた?!~王政復古の大号令により廃止された江戸幕府~

幕府への不満が強く尊王攘夷思想が広がるなか、薩長同盟、幕府の長州征伐の失敗、孝明天皇の急死。
将軍・徳川慶喜は大政奉還し、徳川幕府は終焉しました。

大政奉還前の徳川幕府と薩長同盟

安政7(1860)年の桜田門外の変で権威が落ちた徳川幕府ですが、元治元(1864)年に長州藩が起こした京都御所・蛤御門(はまぐりごもん)の変に対して、長州征伐を行い幕府の力を誇示しました。

しかし、慶応2(1866)年1月に薩摩と長州はそれまでの敵対関係を解消して同盟関係を結びました。この背景には、両藩が共通の経験をしたことがあげられます。

薩摩藩の薩英戦争や長州藩の下関戦争を通じて西洋列強の強さを痛感し、このままでは日本は侵略を許してしまう、外国勢に対応するには徳川を超える政治体制を築くことが必要であると痛感しました。それには、武力をもってでも幕府を倒して強い政治体制を築くことが必要である、と一致していました。

薩長同盟後の2度目の長州征伐の途中、将軍・家茂は21歳で死去し、結果として長州征伐は失敗に終わりました。

大政奉還を表明した徳川慶喜

慶応2(1866)年12月、次の将軍に徳川慶喜(よしのぶ)が就きました。徳川慶喜は、望まれる形で将軍になる環境をつくり、幕府に好意的だった孝明天皇の要望もとりつけて将軍に就きましたが、その孝明天皇は同月に崩御し、明治天皇が即位しました。

弱体化した幕府に対して、薩長は朝廷を取り込み、慶応3(1867)年倒幕の密勅が薩長に下されます。動揺した徳川慶喜は、薩長の武力を回避するように、同年10月、京都二条城において、大政奉還を表明しました。

倒幕の密勅で戦闘の準備をしていた薩摩藩や岩倉具視(いわくらともみ)ら倒幕派は肩すかしをくった恰好になりました。

大政奉還した徳川慶喜であったが新政権を目指していた?!

徳川慶喜の大政奉還宣言は土佐藩による建白を受けてのものといわれています。徳川幕府は終焉しましたが、徳川慶喜は政権を天皇に返上はするが、諸藩による連合政権の中心になることを考えていたといわれています。

慶喜は自身を中心とした新体制を構築するつもりでおり、将軍職を離れても、徳川家は400万石の実力をもってして近代的な新政権による絶対君主を目指していたといいます。

大政奉還を受けた王政復古の大号令による徳川幕府の廃止

しかし、慶応3(1868)年12月、王政復古と明治新政府の樹立を宣言する大号令が発せられました。それは、薩長派など倒幕派と岩倉具視らによるクーデターでした。大政奉還を受けた王政復古は、徳川幕府の廃止を意味していました。

倒幕派は薩摩、長州、安芸(あき)、土佐、尾張、福井の各藩を巻き込み、徳川慶喜の将軍辞職の勅許、京都守護職・京都所司代の廃止、江戸幕府の廃止、摂政・関白の廃止、そして新たに三職(総裁・議定・参与)をおきました。新体制に徳川慶喜が名を連ねることはなく、辞官納地(慶喜の内大臣辞任と幕府領半分の返還)を求められて、時代は徳川慶喜の思惑とは違う方向に流れていました

大政奉還を受けた王政復古の大号令後の徳川慶喜

旧幕府側は王政復古に納得できず、会津・桑名藩らは二条城で待機していましたが、徳川慶喜は 大坂城に退去します。倒幕派は武力で幕府側を倒すことを選択し、年が明けると会津藩や 新選組らと鳥羽伏見で戦いました。

幕府側は最新兵器の倒幕派の前に敗走、大坂城に引き揚げます。しかし、そこには、大将の徳川慶喜の姿はありませんでした。徳川慶喜は夜のうちに、海路で江戸城に帰還していました。その後、上野寛永寺でひたすら謹慎を決め込むことになります。

将軍「慶喜」と「慶喜(けいき)」様

徳川最後の将軍となった徳川慶喜ですが、幕末の不穏な空気の中で育ち、桜田門の変なども知っており幕府の終わりを予感していたのではないかといわれています。徳川慶喜が大政奉還したことで無駄な血が流れることを少なくしたと評する人も。

駿府に移住してからは、趣味のカメラや油絵で過ごし、地元の人からは「けいき様」の愛称で親しまれ、楽しい時間を過ごしたと伝えられています。 明治30(1897)年に東京に戻り、巣鴨から終焉の地である文京区春日に住み趣味の生活を送りました。

大正2(1913)年旧水戸屋敷に近い文京区春日で死去。77歳。

現在の寛永寺周辺図

現在の寛永寺周辺図

徳川慶喜は鳥羽伏見の戦いの中、ひとり江戸に戻りました。江戸城を出て、徳川家ゆかり上野寛永寺で恭順謹慎の意を表しました。当時の寛永寺は現在の上野公園全部といえるほどの大きさです。

徳川慶喜の葬儀は寛永寺で行われ、最後の公方様を市民が沿道で送りました。墓は谷中霊園。

現在の寛永寺周辺図

徳川家の安泰を願う祈願寺として創建された、歴代将軍が永眠する東叡山 寛永寺

東叡山 寛永寺

住所
東京都台東区上野桜木1丁目14-11
交通
JR山手線鶯谷駅から徒歩8分
料金
無料

『東京のトリセツ』好評発売中!

地形、交通、歴史、産業…あらゆる角度から東京都を分析!

日本の各県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。東京の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載!

【見どころ】 Part.1 地図で読み解く東京の大地

・「低地」の下町と「台地」の山の手、 2つの地形で成り立つ東京
・多摩川によって作られた? 東京に広がる武蔵野台地
・昭島市はかつて海だった!? アキシマクジラ発見の衝撃
・御神火が生んだ島々、伊豆諸島の誕生と火山の関係
・実は立川市内にはない? 東京の活断層「立川断層」とは?
・玉川兄弟が江戸まで引いた ! 標高差わずか92mの玉川上水
・23区内は坂だらけ? 900以上の名前を持つ坂がある
・凸凹を考えて見てみるとおもしろい! スリバチ状の地形が点在する東京
・渋谷は谷が密集してできた街だった
・千鳥ヶ淵はダムだった !?
・荒川と隅田川に囲まれた低地はなぜできたのか? 海抜ゼロメートル地帯江東デルタ
・“荒ぶる川”荒川の流路付け替え
・地下の大宮殿!? 日原鍾乳洞
・火山活動で誕生した島々の進化の歴史 、小笠原諸島の成り立ち
…etc.

【見どころ】Part.2 東京を駆け抜ける鉄道網・交通網

・海の中を走る鉄道だった!? 日本初の鉄道が新橋~横浜で開通
・馬車鉄道から始まった東京の都市交通機関、60年にわたる路面電車の活躍
・日本の発展を支えた100年。帝都の玄関口、東京駅開業
・関東大震災以降、東京は郊外へと拡がった。田園調布の開発と私鉄の発展
・地下鉄は銀座線から始まった/東京地下迷宮! 幻のホームとは!?
・64年東京五輪のレガシー “夢の超特急”東海道新幹線開通!
・都電荒川線が唯一存続した理由
・新宿駅がビッグターミナルになるまで
・高尾山ケーブルカーは日本一の急勾配!?
・五街道の起点となった日本橋
・勝鬨橋は幻の万博のために作られた
・首都高速の誕生と未来/東京の交通網の未来予想図
…etc.

【見どころ】Part.3 東京で動いた歴史の瞬間

・天之手力雄命と菅原道真公を祀る 古代に創建された湯島天満宮
・片田舎の武蔵野は関東随一の大国だった
・文武両道の才人、太田道灌が江戸城を築城
・八王子城の落城と戦国時代の終焉
・江戸幕府開府と家光で完成した大都市
・迫られる外交方針 ! 徳川家光が定めた「鎖国」体制
・江戸を襲った明暦の大火
・江戸を恐怖の底に陥れた安政の大地震
・徳川慶喜の思惑が外れた大政奉還
・中央集権国家の誕生へ ! 東京の誕生と廃藩置県
・大久保利通暗殺、紀尾井坂の変
・江戸本所生まれ、郷土の偉人 勝海舟の波乱の人生を追う
・関東大震災 被害と復興
・“玉砕の島”硫黄島の悲劇
・条件降伏と玉音放送
・東京裁判とスガモプリズン
・敗戦から19年目の東京五輪
・学生たちは何を求めて闘ったのか? 東大紛争と安田講堂事件
・三島由紀夫、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地で自決
…etc.

【見どころ】Part.4 東京で生まれた産業・文化

・吉原遊廓は文化サロンの一面も!?
・大衆文化の頂点に立った江戸歌舞伎
・開国要求への抵抗!「お台場」の由来は幕末にあった
・西洋スタイルの銀座煉瓦街が誕生
・日本初の第一国立銀行は日本橋で誕生した
・一丁倫敦と呼ばれた丸の内 職人が手作業で組み立てた東京タワー
・神田から始まった日本の近代下水道モデル
・都営白鬚東アパートは巨大防火壁だった!
…etc.

『東京のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!