フリーワード検索

トップ > カルチャー >  関東 > 神奈川県 >

丹沢山地はかつて火山の島だった!?~その成り立ちは世界でも稀有な地質現象によるものだった~

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2021年11月10日

この記事をシェアしよう!

丹沢山地はかつて火山の島だった!?~その成り立ちは世界でも稀有な地質現象によるものだった~

神奈川県北西部を占め、標高1500m前後のピークが連なる「神奈川の屋根」とも呼ばれる丹沢山地。
その成り立ちは、遠い南の海の火山島が本州に衝突したという世界でも稀有な地質現象によるものでした。
県内の平野部から遠望でき、古くから「大山詣り」が行われるなど信仰の対象に。
現在は登山道も整備され、初心者から上級者までが、ハイキングや山深い縦走登山を楽しめる山域になっています。

丹沢山地と火山活動

丹沢山地の北端にはJR中央本線が走り、その北には奥多摩や秩父を含む関東山地が続いています。関東山地は、南の海から付加した石灰岩やチャートと日本列島が形成された頃の砂や泥を含む岩石でできているのに対し、丹沢は、かつて火山島だったことを示す凝灰岩、マグマが冷えて固まったトーナル岩、それらが変成作用を受けてできた変成岩でできています。

また、その火山活動は、日本から遠く離れた温かい海で始まった痕跡があります。丹沢山地は、かつてはるか南の海で生まれた火山だったのです。

丹沢山地の誕生

約1700万年前、南洋の海底で噴火を始めた丹沢は、北上するフィリピン海プレートに乗って徐々に北へと移動しました。フィリピン海プレートは、日本列島が乗っているユーラシアプレートと北米プレートの下にもぐり込んでいきますが、繰り返す噴火で大きな地塊になった丹沢は、もぐり込めずに本州に衝突。これは約600万年前のこととされています。

その根拠となる岩石や化石は、丹沢の各所で確認されています。たとえば、塔ノ岳から最高峰の蛭ヶ岳、西丹沢までを結ぶ主稜線は、約1600万~1300万年前に噴出した火山灰や火山礫が固まった岩石(凝灰岩や凝灰角礫岩)でできています。

丹沢山地の色別標高図とおもな登山道

丹沢山地の稜線は、おもに溶岩や火山灰、火山礫などの火山噴出物でできた岩石で形成されています。海中に噴出した「枕状溶岩」や火山灰が固結した凝灰岩が、熱や圧力によって変成した「緑色凝灰岩」も見られます。白線がおもな登山道を示しています。

枕状溶岩(まくらじょうようがん)

海底で噴出した溶岩が、水で急冷されたため枕を並べたような形になったもの。丹沢各所で見られる

火山由来の主稜線

丹沢山地を構成する地層のうち、凝灰岩や溶岩など火山噴出物が堆積したものを丹沢層群という。ヤビツ峠から塔ノ岳へ至る表尾根などは、約1600万~1300 万年前のそれで形成されている。

緑色凝灰岩(グリーンタフ)

丹沢には火山灰が固まってできた凝灰岩が多く分布。熱水などにより変質して緑色を帯びたものを緑色凝灰岩(グリーンタフ)という。

丹沢山地は衝突で隆起してできた!

丹沢火山島がかつて海底火山であった証拠としては、海底で火山が噴火したときにできる「枕状溶岩」が見られます。また、サンゴの化石やサンゴ礁に生息していた貝の化石も数多く発見されており、丹沢がかつて暖かい南の海にあったことがわかります。

さらに、約70万年前、丹沢と同様に南洋の火山であった伊豆半島が本州に衝突したことにより、丹沢山地は激しく隆起し、現在のような急峻な山容になったと考えられています。

このように、丹沢と伊豆が次々と衝突した痕跡は、断層として残されています。丹沢山地の衝突現場にできた代表的な断層が、藤野木-愛川構造線です。この断層は、ちょうどJR中央本線の相模湖駅から大月駅付近にかけて走っています。

丹沢山地は現在も隆起をし続けている

丹沢山地の南端にある大野山や高松山と、JR御殿場線のあいだには、神縄断層があります。これは、伊豆半島が衝突した際に生じた断層だと見られています。

フィリピン海プレートは、現在も年に5~6㎝ほど北へ移動しているとされ、つまり丹沢もその圧力を受けて隆起し続けていることになります。そう、丹沢は今もダイナミックな地殻変動のただ中にあるのです。

『神奈川のトリセツ』好評発売中!

日本の各県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。
第1弾は神奈川県の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載!

【注目1】神奈川の地質・地形を徹底分析

巨大カルデラを有する箱根火山のすごさ、三浦半島の最南端&城ケ島でわかる日本列島の魅力、かつて火山島だった丹沢山地、江の島ができる過程、天然の城塞都市・鎌倉の全貌など、神奈川のダイナミックな自然の成り立ちを解説。

【注目2】古代から中世、江戸時代、近現代の神奈川の歴史を一望

相模原にあった日本最古の住居遺跡、なぜ源頼朝は鎌倉に幕府を置いたのか、難攻不落を誇った小田原城と太閤一夜城の攻防、寒村に過ぎなかった横浜が開港の地になった理由、廃藩置県後4県あった神奈川はどうやってまとまったのかなど、神奈川の歴史のポイントがわかる。

【注目3】神奈川を駆け巡る鉄道網をはじめ、神奈川で育まれた文化や産業を紹介

箱根登山鉄道の実力をはじめ、幻の川崎市営地下鉄、小田急・京急・東急他私鉄各線のエピソード、廃線後も現存する横浜市電のトンネルなど、神奈川を走る鉄道網の秘密に迫る。また横須賀に造船所が作られ軍港になった理由や東京湾最大の自然島「猿島」に残る軍事遺産、相模川水系に築かれた3つのダムなど、神奈川を支える文化・産業のパワーを探る。

『神奈川のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  関東 > 神奈川県 >

この記事に関連するタグ