フリーワード検索

ジャンルから探す

トップ > カルチャー >  東海 > 愛知県 >

三英傑でつかんだ天下統一!武家政権によって混乱した愛知県域の中世の歴史

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年4月19日

この記事をシェアしよう!

三英傑でつかんだ天下統一!武家政権によって混乱した愛知県域の中世の歴史

中世は武家政権に翻弄されましたが、愛知県域からは戦国時代に三英傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)が出ています。
彼らによって歴史は大きく動きました。

三英傑を生んだ愛知県における中世~戦国時代の権力争いの構図

東国と西国の境界に位置する尾張国と三河国は、中世には武家政権に翻弄され続けることになります。

平安時代末期には平氏一門が拠点としていたことから尾張や三河では朝廷の影響力が強かったものの、在地武士の多くは源平合戦で平家に反旗を翻し、源頼朝に加担しました。

ですが、承久(じょうきゅう)の乱(1221年)で朝廷(後鳥羽上皇)と鎌倉幕府(執権北条義時)が対立すると、朝廷や中央貴族との縁故を重視し、尾張国には京方に与(くみ)する者が多くありました。ところが、京方の軍勢は尾張国と美濃国の国境、墨俣一帯で幕府軍に大敗。承久の乱は幕府軍が勝利し、後鳥羽上皇は隠岐に配流(はいる)されてしまいます。尾張国には鎌倉幕府の有力御家人が地頭として着任し、急速に幕府権力が浸透していくのでありました。

室町幕府を開いた足利尊氏を支えた尾張国と三河国

三河国では、足利氏が三河守護を代々務めるようになります。足利氏の本拠は下野国足利荘(しもつけのくにあしかがのしょう)(栃木県足利市)で、のちに足利尊氏が出ました(生地は京都とされています)。

1333(正慶2)年、尊氏は後醍醐天皇の挙兵に呼応し鎌倉幕府を倒します。南北朝期を経て足利尊氏が室町幕府の初代征夷大将軍になると、尊氏の分国であった三河国や尾張国には将軍直属の奉公衆が数多く配属され、足利将軍家を補佐する役割を担っていきます。

尾張国内で急伸する織田家の勢力

尾張守護は足利将軍家の有力一門である斯波(しば)氏が務めました。斯波氏は幕府の管領を務める名門でしたが、家督を巡る御家騒動が勃発(武衛騒動(ぶえいそうどう)。これにより応仁の乱が引き起こされました。

斯波氏が内紛によって疲弊するいっぽう、尾張国内で急速に力をつけて台頭してきたのが、織田大和守家に仕える清洲三奉行家のひとつ・織田弾正忠家(おだだんじょうのじょうけ)でした。

当主の信秀は斎藤氏(美濃国)や今川氏(駿河国)と抗争を繰り広げながらも勢力を築いていき、やがて信秀の病死後に嫡男・信長が家督を継ぎました。

三英傑のひとりである織田信長が全国統一を目指す

信長は尾張国を統一し、1560(永禄3)年に桶狭間で今川義元を討ちます。三河国で独立した徳川家康と同盟を結ぶと、信長は西へ、家康は東へ版図を拡大していきました。

もともと信長は那古野(なごや)城(名古屋市)を拠点としていましたが、尾張統一を目指していた頃は清洲城(清須市)を拠点とし、桶狭間の戦い後に美濃攻略に着手すると小牧山城(小牧市)に移り、美濃攻略後には稲葉山城を岐阜城(岐阜県岐阜市)と改称して本拠地にしました。

織田信長の治世で大いに栄えた尾張国

足利義昭を奉じて上洛したのちは、安土城(滋賀県近江八幡市)を築城したように、戦略に合わせて本拠地を転々としたところに信長の特徴があります。この時代、尾張は織田氏の後背地として、戦乱に見舞われることなく領内を発展させていきました。

織田信長が本能寺の変で横死

岡崎城(岡崎市)を拠点に独立した家康は、甲斐武田氏と「大井川以東は武田、以西は徳川」との密約を取り交わし、旧主・今川氏の領土へ侵略していきました。ですが、今川氏の滅亡後に武田氏と領国を接すると、武田氏からの侵攻を受けるようになり、三方ヶ原の戦い(1572年)や長篠の戦い(1575年)が起こります。

1582(天正10)年、信長は甲斐武田氏を滅ぼしますが、同年に本能寺の変で横死しました。

三英傑・豊臣秀吉の天下統一と徳川家康による江戸幕府の開府

信長の死後、尾張城主の次男・信雄は家康と同盟し、羽柴秀吉と戦います(小牧・長久手の戦い)。家康はこの戦いで存在感を示し、豊臣政権下で重鎮となっていきます。

小田原征伐後、家康は関東に移封されますが、秀吉の死後、関ヶ原の戦いに勝利して江戸に徳川幕府を開きます。すると尾張は徳川御三家のひとつ・尾張徳川家の領国となり、三河は譜代大名や旗本領、寺社領などで分割支配されることになるのでした。

三英傑・豊臣秀吉の天下統一と徳川家康による江戸幕府の開府

『愛知のトリセツ』好評発売中!

日本の各県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。愛知県の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載!

●収録エリア
愛知県全域

【見どころ】 Part.1 地図で読み解く愛知の大地

・山地の三河と低地の尾張、愛知県が東高西低なわけ
・1500万年前の奥三河には富士山級の大火山があった!
・自然の断崖が名城を守る!大地の端に築かれた名古屋城
・西南日本を分断する大断層、中央構造線が奥三河に露出!
・知多半島の南部の地層で産する、美しく多様な深海生物化石群
・県内の死者予測は2.9万人、南海トラフ地震とは何か?
・伊勢湾台風がもたらした高潮ほか大被害のメカニズム

・・などなど愛知のダイナミックな自然のポイントを解説。

【見どころ】Part.2 愛知を駆け抜ける鉄道網

・愛知県の鉄道の始まりに名古屋駅は存在しなかった!?
・世界初のビュフェもあった幻の関西鉄道はどんな路線?
・名鉄名古屋本線はかつて名古屋を境に東西で別の私鉄?
・新幹線に負けない魅力満載!進化を続ける近鉄名阪特急
・国産初の超低床路面電車!リトルダンサーが走る豊橋鉄道
・飯田線には昭和晩年まで東西の名車が集結していた!?
・線路やホーム跡が現存する奥三河の秘境鉄道・田口鉄道

…などなど、意外と知られていない愛知の鉄道トリビアを厳選してご紹介。

【見どころ】Part.3 愛知の歴史を深読み!

・大集落の朝日遺跡が教える縄文から弥生への移り変わり
・東海地方最大の前方後円墳、断夫山古墳が示唆するもの
・須恵器の猿投窯に始まり中世に発展した愛知の窯業
・応仁の乱の発端となった大激戦は尾張と三河の守護職争い!?
・信長が少ない軍勢で挑んだ桶狭間の戦い勝利の裏側
・家康後の岡崎城主・田中吉政が築いた岡崎二十七曲りとは?
・都市ごと清洲から名古屋へ移転した清洲越えがすごい!
・廃藩置県後の県域には12県、愛知県はどのようにして誕生?

・・・などなど、興味深いネタに尽きない愛知の歴史。知れば知るほど愛知の歴史も面白い。

『愛知のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!