フリーワード検索

トップ > カルチャー >  海外 > アジア >

合肥の戦いと濡須口の戦い

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2021年12月14日

この記事をシェアしよう!

合肥の戦いと濡須口の戦い

200年の官渡(かんと)の戦いを制した曹操は、その後袁紹(えんしょう)の息子たちを滅ぼし、207年までに河北を掌握し、群雄のなかで随一の実力を手にしました。曹操は次の目標を荊州、そして孫家(そんけ)の支配する呉(ご)と定めて南下を開始します。

この頃、荊州の劉表(りゅうひょう)の下にあった劉備は、荊州名士(めいし)の間で評価を高めていた諸葛亮(しょかつりょう)を陣営に迎えて天下三分を基本戦略と定め、まずは曹操の南下を撃退すべく、孫権(そんけん)との同盟を締結します。

ここに三国成立の契機となる赤壁(せきへき)の戦いを迎えます。

わずか800名で10万の孫権軍を撃退した名将・張遼。

【合肥の戦い】800の兵で10万の孫権軍を撃退した名将・張遼

劉備(りゅうび)と和解した孫権(そんけん)は、漢中(かんちゅう)に出陣中の曹操(そうそう)の留守を狙い、合肥(がっぴ)奪還に出陣します。

一方、10万の大軍に包囲された合肥を守る張遼(ちょうりょう)ら7000の将兵に対し、曹操は「張遼と李典(りてん)は出撃し、楽進(がくしん)は城を守れ」と指令を出していました。それを受けた張遼はわずか800の兵で孫権の陣営に夜襲をかけてかく乱し、孫権にあと一歩まで迫るほどの戦いを展開します。こうして孫権軍に一撃を加えた張遼らは、この後ひたすら守りを固めました。

孫権軍も攻めあぐねるうち、陣中に伝染病が広まり、ついに孫権は撤退します。こうして魏軍は合肥を守り切ったのです。

【合肥の戦い注目の武将】張遼とはどんな武将?

呂布に従って董卓に仕え、呂布滅亡後、曹操に仕えました。官渡の戦いの後には、袁家の残党制圧に貢献し、冷静な判断力と豪胆な決断力で武功を重ねた張遼は、赤壁の戦い後、呉との最前線にあたる合肥の守りを任され、最後まで守り抜きました。

【合肥の戦い】三国志演義では?

合肥の戦いの後、許へ戻った曹操は、左慈(さじ)と名乗る人物の幻術に翻弄され、占い師の管輅を招聘します。すると管輅は、魯粛の死と劉備の漢中侵攻を予測し、さらに曹操排除を狙うクーデター計画の存在を暗示しました。これを受けて、曹操は政変を未然に防いでいます。

【濡須口の戦い】曹操に臣従した孫権の思惑

216年、今度は漢中(かんちゅう)より戻った曹操が呉に仕掛ける番です。すでに魏公(ぎこう)から魏王(ぎおう)になり大義名分も得ていた曹操は、40万の軍勢で孫権討伐に乗り出し、濡須口(じゅしゅこう)に向けて出陣します。

217年、先に仕掛けたのは呉軍でした。魏の陣営に夜襲をかけ、一撃をくらわしたのです。その後は両軍にらみ合いが続きますが、春になって戦いは意外な形で決着を迎えます。孫権が曹操に和睦を申し入れたのです。曹操もこれに応じ、孫権が曹操に臣従する形で戦いが終結しました。

この背景には、劉備の荊州領有を承認していた親劉備派の魯粛(ろしゅく)が没し、反劉備派である呂蒙(りょもう)が後任になったという呉内の事情がありました。これにより孫権は劉備から荊州全域を奪還する方針へと舵を切ったのです。

『地図でスッと頭に入る三国志』好評発売中!

群雄が割拠した三国志を勢力図で解説。正史vs演義、人気の三国志作品も徹底比較!

数多の武将たちが群雄割拠し、栄枯盛衰の理のもとに散っていった三国志。はるか昔の、しかも他国の歴史であるにも関わらず、日本ではマンガやゲームなど多くの作品の題材となり、どの世代も魅了している。本書では、三国志のなかでも重要な出来事や戦いを図説。なぜその土地が重要だったのか?その戦いがなぜそこで起こったのか?地図とともにみれば、三国志の本当の姿が見えてくる。また、正史としての三国志と、物語としての三国演義の比較、マンガや映画など人気作品を分析したコラムも三国志ファン必見!

【見どころ】目次より一部抜粋

■序章 三国志とはなにか?
【『三国志』と『三国志演義』】三国志といっても正史と演義のふたつが存在する
【日本人と三国志】江戸時代に始まる日本の三国志ブーム
【名士の社会】三国志の争いに大きな影響を与えた人々

■第1章 曹操の華北制覇
【黄巾の乱】太平道の張角が信徒を率いて蜂起! 群雄割拠の時代が幕を開ける
【董卓の死】子飼いの将に裏切られ命を落とした暴君
【呂布追討】呂布に徐州を奪われた劉備、曹操とともに呂布を討つ ほか
~コラム~くらべて楽しむ三国志
董卓の死/曹操・劉備・孫権の人物像

■第2章 三国時代のはじまり
【三顧の礼】荊州にて不遇の日々を送る劉備、諸葛亮と出会う
【赤壁の戦い】業火が曹操の水軍を焼き尽くした三国志最大の戦い
【樊城の戦い】樊城を陥落寸前まで追い詰めた関羽、呉の寝返りにより麦城に散る!
【曹操の死】曹操の死と曹丕の即位が三国時代の幕を開ける ほか
~コラム~くらべて楽しむ三国志
三顧の礼/諸葛亮と周瑜の角逐/錦馬超/『孟徳新書』/関帝信仰

■第3章 諸葛亮の北伐
【曹丕の南征】弱体化した呉を狙うも敗退し、蜀呉同盟復活の契機となる
【第一次北伐】劉備の念願をかなえるべく、諸葛亮が長安攻略を目指す
【第五次北伐】魏の持久戦術に成す術なく、五丈原で諸葛亮の命が尽きる

■終章 三国時代の終焉
【蜀の滅亡】厭戦気分の高まる蜀になだれ込み、成都を強行軍によって占領した魏
【魏の滅亡】司馬氏に乗っ取られた魏、禅譲によって晋に取って代わられる
【呉の滅亡】暴君・孫晧の悪政に付け込んで一斉に晋軍が侵攻 ほか

監修者紹介

渡邉義浩(わたなべよしひろ)
1962年生まれ。筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科史学専攻修了。早稲田大学文学学術院教授。専門は中国古代思想史。文学博士。主な著書に『三国志事典』(大修館書店)、『「三国志」の政治と思想 史実の英雄たち』(講談社)、『三国志 演義から正史、そして史実へ』(中公新書)などがある。

『地図でスッと頭に入る三国志』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  海外 > アジア >

この記事に関連するタグ