フリーワード検索

トップ > カルチャー >  関東 > 神奈川県 >

横須賀に造船所が作られ軍港となったのはなぜ?~神奈川の産業・文化~ 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年5月13日

この記事をシェアしよう!

横須賀に造船所が作られ軍港となったのはなぜ?~神奈川の産業・文化~

古くから海運の要衝だったとはいえ、小さな漁村にすぎなかった横須賀。
そこへ造船所ができ、やがては一大軍港となった経緯に迫ってみましょう。

横須賀に造船所が作られた基盤~海運の要で外国貿易が盛んになった横須賀

横須賀に造船所が作られた基盤~海運の要で外国貿易が盛んになった横須賀
観音埼灯台は横須賀造船所の前身の横須賀製鉄所の技術者として招かれたフランソワ・レオンス・ヴェルニーによって建設された

三浦半島(横須賀)は、古くから海運の要衝で、鎌倉~室町時代には浦賀や深浦が港として機能していました。また、この頃から走水(はしりみず)は房総半島へ渡る港でした。戦国時代には後北条氏(北条氏康)が浦賀城を築き、水軍の基地にもなっていました。

時が経て江戸時代、1607(慶長12)年頃から外国貿易が盛んになり、幕府は1632(寛永9)年に走水奉行が番所を設置し、1720(享保5)年には下田奉行を浦賀へ移転しています。東京湾(江戸)を守るため、浦賀水道に突き出た観音崎(現・横須賀市鴨居)は監視に適していたのです。

横須賀に造船所(旧製鉄所)が建設されたのはペリー来航を受けて

1853(嘉永6)年、ペリーの浦賀来航を受けて幕府は大船建造の禁を解き、軍艦の建造にとりかかります。造船所の建設を推進していた小栗上野介忠順(おぐりこうずけのすけただまさ)は、1860(万延元)年に、日米修好通商条約批准のための使節団の観察として渡米。このとき、欧米との技術力の差にがく然とします。

小栗上野介は当初、造船所建設をアメリカに協力要請しましたが、当時のアメリカは南北戦争のただ中でこれを断念。

そこで、カイコの伝染病に悩まされ製糸産業が壊滅の危機にあり、伝染病に強い日本の「カイコ」や生糸をほしがっていたフランスに打診することに。かくして1864(元治元)年11月、2代目のフランス公使レオン・ロッシュに技術者推薦を申し入れ、翌65年1月にフランスの援助を得た製鉄所建設が決定。技術者としてフランソワ・レオンス・ヴェルニーが招かれ、彼の指揮により横須賀製鉄所の建設が開始されます。起工式は1865(慶応元)年11月15日に行われました。

「工場の町」へと変化する横須賀

なお、ここでいう「製鉄所」は「造船所」にほかなりません。フランスでは船舶(軍艦含む)だけでなくエンジンや大砲もつくる工場を「アルスナル」といい、これを幕府が「鉄を加工する場所」の意味で「製鉄所」と訳したのです。

事実、製鉄所には、船舶を築造するドック、鍛造・圧延を行う加工機械のスチームハンマーや大型旋盤などの加工設備、兵器廠などが建設され、小さな漁村だった横須賀は「工場の町」へ姿を変えました。

ところで、横須賀製鉄所は、1871(明治4)年に完成するとともに横須賀造船所へ改称されています。

横須賀が造船所の建造地に選ばれた理由

ではなぜ、横須賀湾が造船所の建造地に選ばれたのでしょうか。まず、山が海に迫る場所の多い三浦半島にあって横須賀には平地が多かったこと、湾の水深が十分にあったことが理由に挙がります。また、フランス第一の軍港だったトゥーロンと地形が似ていることも選ばれた要因だと考えられています。

横須賀と造船所の明治から昭和

横須賀と造船所の明治から昭和
旧横須賀製鉄所の建設に貢献したヴェルニーをたたえて作られたヴェルニー公園。対岸には旧横須賀製鉄を臨む

1884(明治17)年には東海鎮守府が横浜から移転し、横須賀鎮守府となりました。当時の資料によると、横須賀造船所にはドック3基、造船台2基、修船台1基があり、鋳造・製鋼・錬鉄工場が並び、横須賀町の人口約9000人のうち3000人が造船所で働いていたといいます。1903(明治36)年には横須賀海軍工廠へ改称され、第二次世界大戦に至るまで多くの軍艦を建造しました。

終戦後、横須賀の港湾施設は米軍に接収され、修理工場として使用されました。しかし港湾の一部は早期返還され、貿易港として発展。1953(昭和28)年からは横須賀市が港湾管理者となりました。

現在、ドックなどの施設は、海上自衛隊横須賀基地および米軍横須賀基地として機能しており、米海軍第七艦隊の司令部が置かれ、米空母「ロナルド・レーガン」の母港にもなっています。

周辺には、ヴェルニーの指示で建てられたレンガづくりの倉庫や、ベトナム戦争時に横田基地へジェット燃料を輸送していた鉄道遺構なども多く残されています。

横須賀と造船所の明治から昭和

横須賀製鉄所の用水として使用されていた水源「ヴェルニーの水」

現存する横須賀造船所ドライドック

現存する横須賀造船所ドライドック

沿岸部の入り組んだ地形により、波の影響の少ない横須賀港付近。周辺の水深が深いことも港湾化の要因となりました。

横須賀造船所時代に築かれた1~6号ドックが現存します。付近には現在、海上自衛隊の艦船や潜水艦が停泊する基地施設があるほか、米海軍第七艦隊の司令部など米軍施設が所在します。

『神奈川のトリセツ』好評発売中!

日本の各県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。
第1弾は神奈川県の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載!

【注目1】神奈川の地質・地形を徹底分析

巨大カルデラを有する箱根火山のすごさ、三浦半島の最南端&城ケ島でわかる日本列島の魅力、かつて火山島だった丹沢山地、江の島ができる過程、天然の城塞都市・鎌倉の全貌など、神奈川のダイナミックな自然の成り立ちを解説。

【注目2】古代から中世、江戸時代、近現代の神奈川の歴史を一望

相模原にあった日本最古の住居遺跡、なぜ源頼朝は鎌倉に幕府を置いたのか、難攻不落を誇った小田原城と太閤一夜城の攻防、寒村に過ぎなかった横浜が開港の地になった理由、廃藩置県後4県あった神奈川はどうやってまとまったのかなど、神奈川の歴史のポイントがわかる。

【注目3】神奈川を駆け巡る鉄道網をはじめ、神奈川で育まれた文化や産業を紹介

箱根登山鉄道の実力をはじめ、幻の川崎市営地下鉄、小田急・京急・東急他私鉄各線のエピソード、廃線後も現存する横浜市電のトンネルなど、神奈川を走る鉄道網の秘密に迫る。また横須賀に造船所が作られ軍港になった理由や東京湾最大の自然島「猿島」に残る軍事遺産、相模川水系に築かれた3つのダムなど、神奈川を支える文化・産業のパワーを探る。

『神奈川のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!