フリーワード検索

トップ > カルチャー >  北海道・東北 > 宮城県 >

名取川の洪水から観音様を救ったのはカニたちだった!? 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年1月14日

この記事をシェアしよう!

名取川の洪水から観音様を救ったのはカニたちだった!?

仙台市、名取市、川崎町にまたがる名取川。
流域の発展を見守りながらも、古くから洪水を繰り返しました。
この水難から観音様を守ったカニたちの奮闘とは。

名取川ってどんな川?

宮城県の中央に位置する一級河川、名取川。流域面積は939㎢にのぼります。水源は宮城と山形の県境付近にそびえる神室岳で、奥羽山脈から流れる碁石川、広瀬川などと合流し、名取市閖上で太平洋に注いでいます。

名取川の名前の由来

名取川の名称はアイヌ語からきているとされ、「渓谷=ナイトリベツ」という説と、かつて下流部が入江であったことから「静かな海=ニットリトン」に語源を有するという説があります。

名取川に生息する魚

上流にはイワナやヤマメ、中流にはアユやウグイ、下流域には水の汚れに強いコイやニゴイ、モツノ、オイカワなどが泳いでいます。数は減ってしまいましたが、秋になるとサケの遡上も見られます。

名取川の歴史:伊達政宗による開削で河川輸送や流域開発が進んだ

伊達政宗により、1596(慶長元)年に名取川と広瀬川を結ぶ「木流し堀」が、翌年からは阿武隈川~名取川を結ぶ全長約15kmの「木曳(こびき)堀」(貞山(ていざん)運河)の開削が行われました。

これにより城下町を建設するための物資の輸送や行商など、河川をいかした舟運が盛んになったといいます。また、四ツ谷堰の工事によって、下流域の新田開発も活発に行われました。

名取川の流れ

名取川の流れ
国土地理院色別標高図を元に作成

仙台城下を流れる広瀬川などと合流して太平洋に注いでいます。水運に活用された一方で、たびたび氾濫して大きな被害をもたらしました。

名取川の歴史:氾濫を物語る伝説

一方、名取川は相次ぐ洪水に見舞われており、『伊達治家記録』などによると、藩政時代の250年間に50回以上の洪水があったことが記録されています。明治維新後から今日までも、台風などによる被害が後を絶ちません。

こうした名取川の氾濫の歴史を物語る伝説が、仙台市太白区に位置する落合観音堂で語り継がれています。

1627(寛永4)年に政宗が袋原から落合に移し、昭和26年(1951)の名取川改修時に現在の場所に移された落合観音堂。そばには名取川が流れていますが、洪水による氾濫で観音堂が浸水し、安置されている十一面観音像が流されそうになりました。

その時、名取川に生息する無数のカニが観音像を守り、流されるのを防いだという伝説が残っています。それ以来、地元の人々はカニを食べることはなくなり、絵馬にカニを描いて観音堂に奉納するようになったといいます。

名取川の河口にある閖上(ゆりあげ)の「閖」の由来とあんどん松

名取川の河口に位置する閖上の「閖」という文字は、日本で作られた国字の一つ。この文字は、四代藩主・綱村に由来があるとされています。1697(元禄10)年、綱村が大年寺(太白区)の山門から東に位置するゆり上浜を望み、「門の中に水が見えたので、門の中に水という文字を書いて『閖上』と書くように」と命じたことがきかけだったといいます。

河口近くの南側堤防沿いには、政宗が遠州から取り寄せて植えたというクロマツ並木があります。現存する46本は東日本大震災にも耐え、変わらない姿で残っています。かつて、地元の漁師が灯台代わりの目印に使っていたことから「あんどん松」と呼ばれるようになったといいます。

名取川の河口にある閖上(ゆりあげ)の「閖」の由来とあんどん松
国土地理院色別標高図を元に作成

名取川河口の閖上は、水上交通の要衝でした。

『宮城のトリセツ』好評発売中!

日本の各県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。宮城県の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載!

●地図で読み解く宮城の大地

・複雑な地形が美しい三陸と松島はどうやってできた?
・奈良の大仏のメッキには涌谷産の金が使われていた!
・県西部に連なる火山群と数々の温泉地の関係とは、荒れ狂う北上川が舟運路に!
・伊達政宗が始めた一大治水事業、暗渠化した四ツ谷用水をたどると見えてくる伊達政宗の町づくり
・「杜の都」の由来となった森はいったいどこにある?
・東京駅丸の内駅舎に使われた雄勝石をめぐる波乱のドラマ

などなど宮城のダイナミックな自然のポイントを解説。

●宮城に開かれた道の歴史

・東北中の人々が旅した奥州街道!その繁栄を支えた宿場の光と影
・険しい奥羽山脈を越えて宮城と山形を結んだ道の歴史
・海運時代の幕開けとともに活発化した阿武隈川の舟運とは?
・野蒜港計画とともに消えた幻の巨大運河ネットワーク構想
・東北新幹線が仙台駅前後で不自然に蛇行する理由とは?
・東京メトロより古い 日本初の地下路線があった仙石線

などなど、意外と知られていない宮城の交通トリビアを厳選してご紹介。

●宮城で動いた歴史の瞬間

・宮城の豊かさを伝える旧石器や縄文の遺跡が各地に!
・東北最大の雷神山古墳が示す仙台・名取の有力豪族
・東北支配の拠点となった陸奥国郡山官衙と多賀城
・藤原家三代秀衡が陸奥守に就任・宮城の地も藤原家の統治下に
・室町時代に権勢を誇った大崎氏・名生館の屋敷で伊達氏らが拝謁
・敵を寄せ付けぬ天然の要害 正宗の拠点・仙台城が完成
・伊達62万石を揺るがせた伊達騒動の顛末を追う
・元禄バブル崩壊で財政危機!5代吉村が改革に乗り出した
・飛行隊基地に陸軍駐屯所など軍都としても栄えた宮城県

などなど、興味深いネタに尽きない宮城の歴史。知れば知るほど宮城の歴史も面白い。

『宮城のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!