フリーワード検索

トップ > カルチャー >  北海道・東北 > 宮城県 >

宮城県の名所には和歌に詠まれた地が多数!歌枕の地として京都・奈良に次ぐ!?

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年4月21日

この記事をシェアしよう!

宮城県の名所には和歌に詠まれた地が多数!歌枕の地として京都・奈良に次ぐ!?

宮城県には、古くから和歌の中で詠まれてきた歌枕の地が多数存在します。
時代を超えて、今なお人々を惹きつける名所・旧跡を見てみましょう。

宮城の名所と歌枕

平安時代の歌人で、作歌のための手引書などを手掛けた能因法師(のういんほうし)は、陸奥を京都、奈良に次ぐ第三の歌枕の国として位置づけていたといいます。

しかし、実際には陸奥に訪れることなく詠まれた歌も多数ありました。これには、古代・中世の頃、陸奥が理想郷とされていたからという説があります。ここでは、代表的な宮城の歌枕を紹介します。

宮城の名所と歌枕①:あねは(のまつ)【姉歯(の松)】(栗原市)

金成姉歯にあった松。小野小町の姉または松浦佐用姫(まつらさよひめ)の姉の墓上に植えた五葉松と伝わります。

宮城の名所と歌枕②:あぶくまがわ【阿武隈川】(県南部)

「阿武隈に 霧立ち曇り明けぬとも 君をばやらじ 待てばすべなし」(古今集・東歌)で陸奥の地名として認識されるようになりました。

宮城の名所と歌枕③:うきしま【浮島】(多賀城市)

多賀城跡の東、浮島神社が鎮座する丘。平安時代、屏風絵の題材でもありました。

宮城の名所と歌枕④:うやむやのせき【有耶無耶の関】(川崎町・山形市)

陸奥と出羽の国境であった笹谷峠のあたりにあった関。「むやむやの関」「もやもやの関」とも。

宮城の名所と歌枕⑤:おぐろざき【小黒崎】(大崎市)

小黒ヶ崎山を指し、「美豆の小島」とともに詠まれました。

宮城の名所と歌枕⑥:おじま(のいそ)【雄島(の磯)】(松島町)

松島に浮かぶ島。108の岩窟があったといわれ、現在は半数程度が残ります。島と本土を結ぶ朱塗りの「渡月橋」は東日本大震災により流失しましたが、現在は復旧しました。

宮城の名所と歌枕⑦:おだえのはし【緒絶の橋】(大崎市)

古川三日町と古川七日町との境を流れる緒絶川に架かる橋。男女の縁が切れることを詠んだ歌が多くあります。

宮城の名所と歌枕⑧:くりこまやま【栗駒山】(栗原市)

宮城、岩手、秋田の3県にまたがる成層火山。標高1626m。岩手では須川岳、秋田では大日岳と呼ばれています。栗駒山の名は、山の残雪が駒の形になった時に苗代に種をまく習慣に由来するといいます。

宮城の名所と歌枕⑨:しおがま(のうら)【塩竈(の浦)】(塩竈市)

古代、多賀城の外港として機能し、また製塩地としても知られ、陸奥を代表する歌枕となりました。塩竈の浦の別称として「千賀の浦」「千賀の塩竈」もあります。

宮城の名所と歌枕⑩:すえのまつやま【末の松山】(多賀城市)

宝国寺の裏手にある2本の松がそびえる丘。岩手県の浪打峠を指すという説もあります。

宮城の名所と歌枕⑩:すえのまつやま【末の松山】(多賀城市)

宮城の名所と歌枕⑪:そでのわたし【袖の渡し】(石巻市)

市の北部の北上川にあった渡し場。義経が船賃の代わりに片袖をちぎって船頭に渡したという伝説が残っています。

宮城の名所と歌枕⑫:たけくまのまつ【武隈の松】(岩沼市)

植え継ぎにより根元から二木に分かれているため、二木の松とも呼ばれています。現在は「二木の松史跡公園」内に7代目とされる樹高約17mの松がそびえています。

宮城の名所と歌枕⑬:(のだの)たまがわ【(野田の)玉川】(多賀城市・塩竈市)

古歌に詠まれた六玉川の一つで、塩竈市大日向から多賀城市内を通り、砂押川に注ぎます。

宮城の名所と歌枕⑭:つつじがおか(つつじのおか)【榴が岡(榴の岡)】(仙台市)

榴岡天満宮や榴岡公園辺りを指し、かつてはツツジの名所でしたが、現在は桜の名所となっています。

宮城の名所と歌枕⑮:つぼのいしぶみ【壺碑】(多賀城市)

もともとは陸奥にあったとされる大きな石を指しましたが、江戸時代以降は多賀城碑を指すようになりました。

宮城の名所と歌枕⑯:とふ(のすがごも【十符(の菅薦)】 ) (仙台市・利府町)

東北で生産された、編み目が十筋ある菅の敷物。

宮城の名所と歌枕⑰:なとりがわ【名取川】(名取市)

宮城県中南部を東流する一級河川。仙台市と名取市の境で仙台湾に注いでいます。恋歌が多くあります。

宮城の名所と歌枕⑱:まがきしま【籬島】(塩竈市)

塩竈湾内に位置する無人島。鹽竈神社の末社、曲木神社が祭られています。

宮城の名所と歌枕⑲:まつしま【松島】(松島町)

松島湾内の島々。別称は「松が浦島」。

宮城の名所と歌枕⑲:まつしま【松島】(松島町)

宮城の名所と歌枕⑳:みづのこじま【美豆の小島】(大崎市)

江合川にある小島。かつての面影がなくなっていましたが、近年、地元を中心に整備活動が行われています。

宮城の名所と歌枕㉑:みやぎの【宮城野】(仙台市)

多賀城に向かう道筋にあたり、軍事上の拠点でありました。古くは原野が広がり、萩の名所として知られました。

『宮城のトリセツ』好評発売中!

日本の各県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。宮城県の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載!

●地図で読み解く宮城の大地

・複雑な地形が美しい三陸と松島はどうやってできた?
・奈良の大仏のメッキには涌谷産の金が使われていた!
・県西部に連なる火山群と数々の温泉地の関係とは、荒れ狂う北上川が舟運路に!
・伊達政宗が始めた一大治水事業、暗渠化した四ツ谷用水をたどると見えてくる伊達政宗の町づくり
・「杜の都」の由来となった森はいったいどこにある?
・東京駅丸の内駅舎に使われた雄勝石をめぐる波乱のドラマ

などなど宮城のダイナミックな自然のポイントを解説。

●宮城に開かれた道の歴史

・東北中の人々が旅した奥州街道!その繁栄を支えた宿場の光と影
・険しい奥羽山脈を越えて宮城と山形を結んだ道の歴史
・海運時代の幕開けとともに活発化した阿武隈川の舟運とは?
・野蒜港計画とともに消えた幻の巨大運河ネットワーク構想
・東北新幹線が仙台駅前後で不自然に蛇行する理由とは?
・東京メトロより古い 日本初の地下路線があった仙石線

などなど、意外と知られていない宮城の交通トリビアを厳選してご紹介。

●宮城で動いた歴史の瞬間

・宮城の豊かさを伝える旧石器や縄文の遺跡が各地に!
・東北最大の雷神山古墳が示す仙台・名取の有力豪族
・東北支配の拠点となった陸奥国郡山官衙と多賀城
・藤原家三代秀衡が陸奥守に就任・宮城の地も藤原家の統治下に
・室町時代に権勢を誇った大崎氏・名生館の屋敷で伊達氏らが拝謁
・敵を寄せ付けぬ天然の要害 正宗の拠点・仙台城が完成
・伊達62万石を揺るがせた伊達騒動の顛末を追う
・元禄バブル崩壊で財政危機!5代吉村が改革に乗り出した
・飛行隊基地に陸軍駐屯所など軍都としても栄えた宮城県

などなど、興味深いネタに尽きない宮城の歴史。知れば知るほど宮城の歴史も面白い。

『宮城のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!