フリーワード検索

トップ > カルチャー >  北海道・東北 > 福島県 >

磐越西線の歴史~会津地方の大幹線!かつては東京と新潟の架け橋に~

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年1月22日

この記事をシェアしよう!

磐越西線の歴史~会津地方の大幹線!かつては東京と新潟の架け橋に~

上越線が全通するまで東京と新潟を結ぶ重要路線だった磐越西線は、同線の開通後も会津地方連絡の大幹線に変わりはなく、多くの列車が走っています。

磐越西線の歴史:私鉄の岩越鉄道からはじまる

磐越西線(ばんえつさいせん)は、郡山駅から新潟県の新津(にいつ)駅までの175.6㎞を結ぶ路線です。
歴史は古く、私鉄の岩越(がんえつ)鉄道が郡山~中山宿間を1898(明治31)年7月に開業させたのがその始まりです。翌年7月に若松(現・会津若松)駅まで延伸し、1904(明治37)年1月には喜多方駅まで開業。1906(明治39)年の鉄道国有法の公布によって岩越鉄道は国有化。1909(明治42)年に岩越線となり、1914(大正3)年11月には新津駅まで全通。1917(大正6)年11月に平(現・いわき)~郡山間の平郡線(へいぐんせん)が全通し磐越東線(ばんえつとうせん)となり、岩越線は磐越西線と改称されました。

磐越西線・福島県域の路線図

磐越西線・福島県域の路線図

磐越西線は郡山~新津(新潟市)の175.6㎞を43駅で結び、福島県内には18駅あります(臨時駅含む)。東北・山形新幹線も停車する郡山駅はもとより、会津若松駅では只見線、会津線と連絡するなど会津地方と首都圏や他地域を結ぶ重要路線です。

磐越西線の歴史:上越線全通後も東京と会津地方を結ぶ大幹線として活躍!

以来、磐越西線は、上越線が全通するまで、東北本線経由で東京と新潟を結ぶルートとして重要視されました。それまでの信越本線ルートは急勾配の難所、碓氷峠(うすいとうげ)の横川~軽井沢間があり、輸送力に問題を抱えていたからです。

他方で上越線のルートには、これも急峻な谷川連峰を越える上越国境があり、清水トンネルの建設に時間を要しました。全通は1931(昭和6)年9月まで待たねばなりませんでした。

上越線全通後、東京と新潟を結ぶルートは上越線が主役となるいっぽうで、磐越西線は、東京と会津地方を結ぶ重要なルートであり、幹線としての歴史を刻み続けました。

磐越西線の歴史:平成まで運転された客車による普通列車

現在では見られませんが、1995(平成7)年まで多数運転されていた客車による普通列車は、磐越西線がいかに幹線として歩んできたかの証しでもありました。

一般的にローカル線はディーゼル車の置き換えが進められ、客車列車は急速に数を減らしていきましたが、磐越西線では200番台の列車番号の客車列車が最後まで健在で、全線にわたって運転されていました。かつては蒸気機関車が牽引しましたが、晩年はED77形電気機関車、DD51形ディーゼル機関車が担当し、走りには風格を感じたものです。途中の日出谷駅では駅弁の立ち売りがあり、昔と変わらない光景も見られました。

磐越西線の歴史:郡山~会津若松間では東北新幹線開業後も定期列車が走り続けた

また、郡山~会津若松間は優等列車の特急「あいづ」、急行「ばんだい」が上野駅発着で結び、1982(昭和57)年11月の東北新幹線開業後も、急行「ばんだい」は1984(昭和59)年2月まで、特急「あいづ」は1993(平成5)年11月まで走り続けました。

磐越西線の現在

定期列車運転終了後「ばんだい」は郡山発着の快速列車になり、「あいづ」も同区間の特急「ビバあいづ」として運転され、新幹線に接続しました。なお、急行「ばんだい」(のちに「ひばら」に改称)は、定期列車廃止後も、上野駅発着の臨時列車として繁忙期にしばらく運転され人気を博していました。

また、郡山駅発着の優等列車は「あいづライナー」といった愛称や専用車両変更などを経て、現在は快速「あいづ」が郡山~会津若松間に運転。E721系電車によるリクライニングシートの付いた指定席車も連結され、磐越西線は変わらずに幹線の風格を保っています。

さらに、新津~会津若松間にはC57 180による「SLばんえつ物語」が臨時列車として運転され、往年の蒸気機関車が客車を牽引する姿を今に伝えています。

『福島のトリセツ』好評発売中!

日本の各県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。福島の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載!

Part.1:地図で読み解く福島の大地

・阿武隈山地や奥羽山脈が境目!浜通り・中通り・会津の3地域
・いわきで発掘された首長竜化石フタバスズキリュウとは?
・福島市がぽっかり入る福島盆地はどうやってできた?
・福島発展の礎を築いた常磐炭田
・磐梯山の大噴火と裏磐梯・五色沼湖群の形成
・猪苗代湖畔からウニ化石!?劇的な会津の地形の成り立ち
・石川町が日本三大産地のひとつ ペグマタイトとはどんな岩石?
・大改修から100年が経過 暴れ川・阿武隈川の今と昔

などなど福島のダイナミックな自然のポイントを解説。

Part.2:福島を駆け抜ける鉄道網

・東北本線旧線の黒磯~白河間には明治時代の面影が残されている!?
・日本最大のC62形SL牽引「ゆうづる」が走った常磐線
・かつては東京と新潟を結ぶ架け橋、会津地方の大幹線・磐越西線
・東京・浅草から特急が直通しトロッコ列車も走る会津鉄道
・かつて硫黄輸送で活躍した猪苗代町の沼尻鉄道とは?
・只見川に架かる数々の鉄橋ほか 魅力いっぱい絶景鉄道・只見線

などなど福島ならではの鉄道事情を網羅。

Part.3:福島で動いた歴史の瞬間

・人間の歯や骨をペンダントに!?原始福島の不思議な弔い
・東北地方最古の前方後円墳!会津大塚山古墳が示す会津の力
・浜通りに古代製鉄遺跡を発見! なぜ大規模な製鉄が行われた?
・中世史総論(関東武士が進出し国盗り合戦!白河・伊達・蘆名・岩城氏の攻防)
・南北朝時代に南朝が拠点とした幻の寺院城郭・霊山寺とは?
・伊達氏のルーツは福島にあり!奥州制覇を果たす道のり
・相馬地方を約700年統治した古豪・相馬氏とはどんな一族?
・奥州きっての城下町・若松はどのようにして生まれた?
・会津若松城で籠城戦を続けた会津藩が開城に至るまで

などなど、激動の福島の歴史に興味を惹きつける。

Part.4:福島で育まれた産業や文化

・最澄と大論戦した僧・徳一が開祖!慧日寺から始まった会津の仏教文化
・猪苗代湖の水を郡山へ! 幹線延長52㎞の安積疏水事業
・県境には二ツ小屋隧道が残る 福島と米沢を結んだ万世大路
・東北唯一の中央競馬場が福島市につくられたわけ
・幕府直営の半田銀山 明治時代は五代友厚が経営
・感染症と闘い続けた細菌学者・野口英世の生涯
・日本酒の金賞受賞数日本一!福島の地酒はなぜすごい?

などなど福島の発展の歩みをたどる。

ほか、巻頭「空撮グラビア」、テーマ別地図、コラム「データでわかる全59市町村」(人口、所得、農業・漁業)、吉田初三郎が描いた福島県の鳥瞰図 など

『福島のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!