フリーワード検索

トップ > カルチャー >  関西 > 兵庫県 >

智頭急行開業までの歴史と魅力~地味だけど速い!ローカル鉄道のすごい秘密~ 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年1月26日

この記事をシェアしよう!

智頭急行開業までの歴史と魅力~地味だけど速い!ローカル鉄道のすごい秘密~

兵庫県と鳥取県を南北に結ぶ智頭急行は、非電化区間ながらディーゼル特急を擁し、ユニークな駅も数多い。この路線は知られざる歴史を背負っていました。

智頭急行とは?

ローカル路線を愛する鉄道ファンに高い人気を誇るのが、兵庫県西部の上郡(かみごおり)から鳥取県の智頭(ちず)に至る智頭急行です。地方自治体が出資する第三セクターで、株式は鳥取県が33.89%、鳥取市が11.23%、兵庫県が13.33%、岡山県が8.1%を保有しています。

智頭急行の歴史

開業までには100年もの秘められた前史があります。明治時代の1892年、山陽地方と山陰地方を結ぶ「陰陽(いんよう)連絡路線」の一部として佐用(さよう)から智頭に至るルートが検討されましたが、実現せずに終わります。

その後、1922年に上郡から佐用を経て智頭に至る予定線が定められましたが、着手されたのは44年後で、しかも、国鉄の経営悪化で1980年には計画が凍結されてしまいます。結局、自治体主導の第三セクターとして国の助成金を得て工事を再開する方針となり、1986年に智頭鉄道株式会社が発足。8年後に社名を変更し、ようやく工事が完了して開業しました。

智頭急行の特徴

智頭急行には2つの特徴があります。

1つは黒字路線であること、日本各地の第三セクター鉄道の多くは赤字路線なのです。

もう1つは、非電化区間ながらディーゼル気動車の特急「スーパーはくと」と「スーパーいなば」を擁ようすることです。この2つは密接な関係があります。

ずばり、開業前に「普通列車のみなら赤字」「国鉄から特急が直通運転すれば黒字」と試算されたのです。

智頭急行の列車の特徴

特急「いなば」の名は現在の鳥取県東部の旧名である「因幡国」から取られ、「はくと」のほうは、『日本書紀』に登場する「因幡の白兎」の白兎に由来します。

普通列車の車両は、HOT3500系、特急列車の車両はHOT7000系気動車といい、型式名の「HOT」は、沿線の県名(兵庫・岡山・鳥取)の頭文字から取られました。内装は木材や和紙を使った和風モダン調で、独特の落ち着いた雰囲気があります。

智頭急行にはディーゼルエンジンの特急を導入

特急列車を走らせるため電化することも検討されましたが、電線の新設には膨大な費用がかかるので、ディーゼルエンジンの特急が導入されました。京都と鳥取を結ぶ「スーパーはくと」は最高速度が130km/h、岡山と鳥取を結ぶ「スーパーいなば」は最高速度が120km/hです。いずれも、JR山陽本線から智頭急行に乗り入れています。長い間、大阪から鳥取までは播但線経由で4時間10分かかっていましたが、智頭急行の開業後は一気に約2時間30分に短縮されました。

智頭急行沿線は魅力の観光スポットも点在!

沿線では、恋愛成就スポットとしてアピールしている鳥取県智頭町の恋山形(こいやまがた)駅、剣豪・宮本武蔵の故郷である岡山県美みまさか作市の宮本武蔵駅が有名です。

兵庫県内にある石井駅はログハウス風平福駅は日本家屋風のユニークな駅舎など、見どころが多くあります。特急が停車する佐用駅は、智頭急行ではなくJR西日本の子会社によって駅が運営されています。佐用は古くから出雲街道と因幡街道が接する宿場町として栄えた土地で、尼子(あまご)氏が築いた上月(こうづき)城跡があります。

『兵庫のトリセツ』好評発売中!

日本の各県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。兵庫県の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載!

●地図で読み解く兵庫の大地

神戸市の背後にそびえる六甲山の誕生の秘密、新温泉町や香美町で体感する山陰海岸ジオパーク、明石市を通る標準子午線はじつは少しズレている、地形と地質からひもとく日本最古の名湯・有馬温泉、地形で読み解く高級住宅地「芦屋市六麓荘町」の魅力、芦屋川や住吉川など阪神間の河川に天井川が多い理由・・などなど兵庫のダイナミックな自然のポイントを解説。

●兵庫を走る充実の交通網

「神戸線」の名を冠した阪神間の交通網の成り立ち、地味だけど速い!人気!智頭急行の秘密、意外な形で兵庫県内に残る弾丸列車計画の線路予定地、人気のハイキングコースとなった福知山線の線路跡、地元民も予想外だった新幹線相生駅ができたワケ…などなど、意外と知られていない兵庫の交通トリビアを厳選してご紹介。

●兵庫の歴史を深読み

丹波市で発見された恐竜の化石からわかる古代の兵庫、日本のはじまりは兵庫から!淡路島に伝わる国生み神話、古墳の数が日本一!なぜ兵庫には古墳がたくさんあるのか、清盛が築いた日本の首都・福原京の今むかし、石をどうやって山頂へ 朝来市の「天空の城」の謎、そもそも何 なぜここに 高砂市にある石の宝殿の謎、兵庫港と神戸港の違いとは その長くて深い歴史、兵庫は重要な拠点だった 消えた軍事遺跡を歩く・・・

などなど、思わず「そうだったのか」と納得のネタに尽きない兵庫の歴史。知れば知るほど兵庫の歴史も面白い。

『兵庫のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  関西 > 兵庫県 >

この記事に関連するタグ