フリーワード検索

トップ > カルチャー >  関西 > 兵庫県 >

福知山線の廃線跡は人気のハイキングコース! 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年1月26日

この記事をシェアしよう!

福知山線の廃線跡は人気のハイキングコース!

春の桜、秋の紅葉、使われなくなったトンネルに鉄橋……。宝塚市と西宮市にまたがる福知山線の廃線区間は、見どころいっぱいの遊歩道に姿を変えています。

福知山線の廃線跡のもとは阪鶴鉄道だった

尼崎と京都の福知山を結ぶ福知山線で、生瀬(なまぜ)駅から武田尾(たけだお)駅に至る区間は、現在ではほぼストレートな路線となっています。しかし、かつては武庫川の渓谷に沿うように線路が敷かれ、途中には6つのトンネルと3つの橋がある複雑なコースでした。

この区間では、明治時代の1899年、伊丹に拠点を置く阪鶴(はんかく)鉄道によって最初に線路が敷設されています。大阪・神戸の大都市圏近郊を走っているにもかかわらず、険しい山間部にあるため電線の敷設は立ち遅れ、長らく単線の非電化区間でした。

福知山線の廃線跡は正式なハイキングコースに!

1960年代後半、三田、神戸、西宮の北部で人口10万人規模のニュータウンを建設する計画が持ち上がり、福知山線は通勤路線として改めて整備されます。宝塚より北の山間部を通る区間は廃棄され、代わりに西宮名塩のニュータウンを経由する路線を新設。生瀬から道場までの区間に、新たに長大なトンネルが築かれることになりました。

1986年からは新線が利用され、しかも、同時期には北山トンネルの近くでは武庫川ダムの建設が決定していたので、福知山線の廃線区間はダム湖に沈む運命と思われていました。

ところが、ダム計画は諸般の事情から実質的に凍結状態となります。福知山線の廃線区間は、観光客や鉄道ファンの間でしだいに人気を集め、2016年には宝塚市によって正式にハイキングコースとして開放されました。

福知山線の廃線跡ハイキングコースの見どころ

生瀬駅と武田尾駅の近くには、それぞれ廃線敷ハイキングコースへの入り口があります。約4.7kmの区間では、砂利の敷かれたバラスト(道床)や、山積みにされた枕木、保線(ほせん)施設、キロポスト(距離標)や速度標などの鉄道標識が多く残されており、徒歩約2時間で踏破できます。

コース内の見どころは数多くあります。北山第2トンネルは全長が400m以上もあり、奥深くまで進むと中は真っ暗です。長尾山第1トンネルと長尾山第2トンネルの間にある親水広場は、春には桜、秋には紅葉で非常に美しく彩られます。

なお、トンネル内は灯がないため、昼間でも懐中電灯は必須。また、自転車やバイクでの通行はできません。足元が危険な場所もあるので、歩くなら注意が必要です。

福知山線廃線跡のトンネルが自動車道路に

福知山線廃線区間で唯一車両が通行できるトンネルは、武田尾駅と道場駅の間にある草山トンネルで、全長は305mです。現在も自動車用に使われており、レンガの外壁はいかにも歴史を感じさせます。途中に横穴があり、旧ルートは封鎖されたままになっています。

『兵庫のトリセツ』好評発売中!

日本の各県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。兵庫県の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載!

●地図で読み解く兵庫の大地

神戸市の背後にそびえる六甲山の誕生の秘密、新温泉町や香美町で体感する山陰海岸ジオパーク、明石市を通る標準子午線はじつは少しズレている、地形と地質からひもとく日本最古の名湯・有馬温泉、地形で読み解く高級住宅地「芦屋市六麓荘町」の魅力、芦屋川や住吉川など阪神間の河川に天井川が多い理由・・などなど兵庫のダイナミックな自然のポイントを解説。

●兵庫を走る充実の交通網

「神戸線」の名を冠した阪神間の交通網の成り立ち、地味だけど速い!人気!智頭急行の秘密、意外な形で兵庫県内に残る弾丸列車計画の線路予定地、人気のハイキングコースとなった福知山線の線路跡、地元民も予想外だった新幹線相生駅ができたワケ…などなど、意外と知られていない兵庫の交通トリビアを厳選してご紹介。

●兵庫の歴史を深読み

丹波市で発見された恐竜の化石からわかる古代の兵庫、日本のはじまりは兵庫から!淡路島に伝わる国生み神話、古墳の数が日本一!なぜ兵庫には古墳がたくさんあるのか、清盛が築いた日本の首都・福原京の今むかし、石をどうやって山頂へ 朝来市の「天空の城」の謎、そもそも何 なぜここに 高砂市にある石の宝殿の謎、兵庫港と神戸港の違いとは その長くて深い歴史、兵庫は重要な拠点だった 消えた軍事遺跡を歩く・・・

などなど、思わず「そうだったのか」と納得のネタに尽きない兵庫の歴史。知れば知るほど兵庫の歴史も面白い。

『兵庫のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  関西 > 兵庫県 >

この記事に関連するタグ