トップ > カルチャー > 

中條金之助景昭

江戸時代後期の旗本。江戸幕府第13代将軍・徳川家定に仕え、剣術・柔術世話心得などを歴任。1867年、第15代将軍・慶喜が大政奉還後、勝海舟らが慶喜を警護する“精鋭隊”を発足。その隊長となり、江戸城から水戸に退く慶喜と共に下り、駿府へ移住の際も同行した。1869年、牧之原荒野の開墾を開始。外貨獲得の輸出品として注目されていた茶の生産を始め、茶の一大生産地となった。

カルチャーculture