フリーワード検索

トップ > カルチャー > 

交通の文化、歴史、地理に関する記事

11〜20件を表示 / 全 277件

鹿児島の鉄道史!明治34年に開通した鹿児島線の国分〜鹿児島間に始まる

鹿児島本線は肥薩線経由、日豊本線は吉都線経由と現在とは異なるルートで開業。 2路線が鹿児島駅で手を結ぶことで、九州縦貫幹線は完成しました。...

真岡線は幾多の苦難を乗り越えた~計画消滅、工事中止、廃線の危機~

SL運行により、多くの鉄道ファンの人気を集める真岡鐵道真岡線。しかし、その路線は、誕生から波瀾万丈、その後の歩みも平坦なものではありませんでした。...

LRTが宇都宮~芳賀を走る!~構想から25年を経て着工~

2023年3月、軌道系交通システムLRTの国内初の新設路線が、宇都宮~芳賀で開業を予定しています。構想から25年にわたる、その軌跡をたどってみましょう。...

沖縄本土復帰のシンボル 730バスとはどのようなバス?~復帰前日深夜に実施された交通方法変更とは?~

戦後27年間、右側通行だった沖縄の道路は一夜にして左側通行になり、バスも左ハンドルから右ハンドル車に切り替えられました。 その際のバスの交代劇を追います。...

東山道から下野国の律令期を概観~遺跡をたどれば古代の道が見えてきた!~

飛鳥時代から奈良時代になると、大宝律令の確立で平城京のある都と東北を結ぶ官道・東山道が整備されました。下野を通るこの道は、文化と経済の大動脈でした。...

栃木河岸によって江戸と交易舟運で“ 蔵の街 ”として栄えた栃木市

“蔵の街”として観光客の人気を集める栃木市は、江戸の昔、巴波川から渡良瀬川を経由し江戸に至る舟運の街として栄え、商都となり多くの人々が行き交いました。...

栃木の街道の変遷~時代は変われど中央と奥州を結ぶ要衝~

栃木県ではその位置と地形により、古くから南から北東へ縦貫する経路が街道として発達しました。古代の道から東北自動車道まで、その歴史をひも解いてみましょう。...

足尾銅山から鉱石を運んだ足尾鉄道がわたらせ渓谷鐵道の前身

自然豊かな渓谷美が満喫できるトロッコ列車が人気を集めるローカル線、わたらせ渓谷鐵道。しかしその前身は、足尾から鉱石を運ぶ鉱山列車でした。...

日光戦争を繰り広げたJR日光線と東武日光線の軌跡

世界的観光地として、今も昔も人気の高い日光地域と首都圏を結ぶ2つの路線。その開業から発展の歴史には、「日光戦争」と呼ばれた、熾烈な旅客争奪戦がありました。...

両毛鉄道は足利の織物を運ぶ鉄道として開通~日本のマンチェスターを目指せ!~

日本の鉄道黎明期、奥州線の大宮からの分岐によって幻となった両毛地域を結ぶ鉄道路線は、その後、地元の人々の尽力によって、両毛鉄道として開通します。...