フリーワード検索

トップ > カルチャー > 

近代の文化、歴史、地理に関する記事

1〜10件を表示 / 全 128件

作曲家・古関裕而のメロディが昭和歌謡史に燦然と輝く!

「六甲おろし」に「長崎の鐘」、「モスラの歌」、「オリンピック・マーチ」から全国の校歌や応援歌まで、生涯で約5000曲を生み出した作曲家・古関裕而とはどんな人物だったのでしょうか。...

福島事件や喜多方事件の勃発~自由民権運動の高揚と挫折~

憲法制定、国会開設、地租減免などを求めた自由民権運動では、福島が先駆的な役割を果たしました。 その中心人物が河野広中でした。...

福島県は3県が合併して成立!県都が福島に置かれた理由とは?

明治維新、廃藩置県、府県統合を経て、ついに福島県が誕生します。 福島県誕生までの経緯や、県庁所在地に福島町が選ばれた理由を見ていきましょう。...

白河口の戦いに敗れた会津藩は会津若松城の開城し新政府軍に降伏する

なぜ会津藩は、明治維新では新政府軍に抵抗を続けたのでしょうか。 徳川宗家に従ってきた、親藩大名としての必然的な理由がそこにはありました。...

福島県の歴史~江戸時代から物流とエネルギー開発の拠点となった現代まで

一次産業や二次産業が主軸だった福島県域は、道路網整備やエネルギー開発によって多様性を獲得します。 そして現在、復興の最中にあります。...

円谷英二とその特撮世界~福島県須賀川が生んだ特撮の神様~

日本の特撮映画黎明期を牽引した円谷英二は、福島県須賀川市出身。 飛行機に憧れて上京した少年が特撮監督になり、ヒット作を生み出していった過程を追います。...

福島の日本酒はなぜすごい?鑑評会の金賞受賞数日本一!

清酒製造場が69場で全国5位、清酒製成数量は全国7位(2018年度)の福島県。 近年は鑑評会で金賞受賞数日本一が続き、質の評価も上がっています。...

福島は養蚕で経済が発展!近年はくだもの栽培へ転換し「くだもの王国」に!

古くから養蚕が盛んで、明治時代には輸出用生糸の生産を担った福島。 養蚕が斜陽になると、果樹栽培に転換して「くだもの王国」となりました。...

野口英世の生涯~感染症と闘い続けた細菌学者~

手術を受けた経験から医学の道に進み、海外に渡って黄熱病などの感染症の研究に打ち込んで、ノーベル賞候補にもなった野口英世の研究人生に迫ります。...

半田銀山の繁栄から閉鎖まで~上杉景勝が開発しやがて五代友厚の経営に

幕府直営で繁栄し、石見、生野と並び「日本三大銀山」と称された半田銀山。 明治時代には全国一となるも、山が崩壊。 長年の治山事業で緑豊かに甦りました。...