まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

2017年7月28日

台北

台湾・台北旅行出発前にチェック!格安時期はいつ?

by mapple

荷物が増えすぎたら郵便局で日本へ送ろう

ついついショッピングしすぎて荷物が大量になってしまった…。そんなときは郵便局へ。EMS(国際スピード郵便)で日本の自宅へ送ってしまえば、わずか2〜3日で到着する。送料は重さにより異なるが、5㎏で1130元、10㎏で1830元。重い荷物を持たず身軽に帰れることも大きなメリットだが、帰りの航空会社によっては荷物の重量や個数が多いと超過料金が発生するため、コスト面でもお得になる場合がある。

 

【関連リンク】

台湾東海岸「花蓮」台北から電車で行ける港町

台湾コスメ 上質天然由来!美しくなりたい女子必見!

 

331670

郵便局では旅の記念に台湾らしい切手を購入してみては?

331544

郵便局の営業時間は平日8:00〜17:00のところが多い

旅テク注意ポイント

旧正月は休業多し

旧正月とは中国の旧暦の正月で、中国語では春節(チュンチエ)という。日にちは年によって変動するが毎年1〜2月頃で、2017年は1月28日、2018年は2月16日が旧暦の元日にあたる。旧暦の大晦日から大型連休に入り、お店も公共施設も休業が多くなるので、できるだけこの時期の旅行は避けたほうが無難。

トイレの利用方法

下水が詰まりやすいため紙は流せず、備え付けのバケツに捨てるようになっている場所が多い。便座が汚いこともあるので、ウェットティッシュを持っていると安心だ。トイレの場所を聞くときは「トイレ」ではあまり通じず、「WC」か「洗手間(シーショウチエン)」「厠所(ツースオ)」「一号(イーハオ)」で聞こう。

暑くて寒い台湾の夏

日差しが強いので、春から夏にかけては帽子や日傘で対策を。室内は冷房が効きすぎて寒い場合も。薄手の上着があると安心。

写真撮影は事前に確認

空港や港、海岸線などでは、一部だが撮影が禁止されている場所がある。軍事施設はもちろん禁止。街なかでも周囲に配慮を。

夜市では貴重品に注意

人混みでスリが発生しがちなのは世界共通。夜市など多くの人が集まる場所では、貴重品は口の閉まるバッグに入れて体に密着させて携帯しよう。

チップは不要

基本的にチップの習慣はない。ホテルやレストランでは会計にサービス料が含まれている。

筆者 : mapple

mapple travel guideでは、国内&海外旅行のコツやノウハウ、話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの観光旅行情報を配信しています。

奥付:
「まっぷる台湾’18」が出展元となる記事に掲載されている営業時間や表記などのデータは、2016年10〜12月の調査・資料に基づくものです。諸事情により変更になる可能性がありますので、ご利用の際には改めて事前にご確認ください。
その他:
●料金、価格の単位は「元」で表示しています。2016年12月現在、1元=NT$1=約3.5円です。 ●ホテル、レストランなど一部施設では、別途サービス料がかかる場合があります。 ●休業日は、旧正月などの祝祭日や臨時休業を除いた定休日のみを表示しています。 ●原則として地名、店名などは漢字(中国語) で記しています。一部、英語表記があるものは、英語を併記しています。また、地名などのカナ表記については、日本語では表現しきれない微妙な発音もありますので、注意が必要です。カタカナ表記は中国語の発音を表しています。 ●クレジットカードの利用には、手数料がかかる場合があります。 ●「両」や「斤」は台湾の重さの単位で、1両は37.5g。1斤は16両で600gとなります。 ●各掲載物件の電話・FAX番号は現地の番号です。日本から電話をかける場合は国際電話となります。携帯電話の場合は各電話会社のホームページなどで確認してください。