サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会

ローマ時代の浴場跡に残る教会

古代ローマ時代の遺跡「ディオクレティアヌス帝の浴場跡」の敷地内にある教会。かつては古代浴場の中心にあったバジリカを、教皇ピウス4世の命により、1561年にミケランジェロが修復・再建した。オリジナルの遺跡を生かしたダイナミックな設計で、遺跡をそのまま残したファサードや、横に広く天井の高い身廊など、随所に古代ローマ時代の面影を残している。

198403

教会の内部には圧倒的なほどの広い空間がある

198409

ミケランジェロのデザインが残るファサードは必見

198437

内部のクーポラはパンテオンを思わせる高さが印象的

サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会

現地名:
Basilica di Santa Maria degli Angeli
住所:
P.za della Repubblica
地図を見る »
アクセス:
メトロA線 Repubblica レプッブリカ駅から徒歩1分
TEL:
06-4880812
営業時間:
7:00~18:30(日曜、祝日は~19:30)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.santamariadegliangeliroma.it

オペラ座(ローマ歌劇場)

オペラの歴史に欠かせない劇場

イタリアを代表するオペラ劇場で、1880年に建てられたバロック様式の建物。完成当初はテアトロ・コンスタンツィと呼ばれていた。1900年にプッチーニの『トスカ』が初演されたことでも有名だ。

198487

オペラ・シーズンの夜は多くの人で賑わう

オペラ座

現地名:
Teatro dell'Opera
住所:
Piazza Beniamino Gigli 7
地図を見る »
アクセス:
メトロA線レプッブリカ駅から徒歩4分
TEL:
06-4817003
営業時間:
10:00~18:00(日曜は9:00~13:30)
定休日:
祝日 
Webサイト:
http://www.operaroma.it

サン・カルロ・アッレ・クアットロ・フォンターネ教会

ボッロミーニの才能が詰まった教会

地元ではサン・カルリーノの愛称で呼び親しまれている小さな教会。1634年に奇才ボッロミーニが初めて個人で手がけた建築だ。うねるような曲線や楕円形のクーポラなど、狭く、左右非対称の敷地を巧みに生かす工夫が随所に見てとれる。

198516

ファサードの下部だけを完成させたあと、ボッロミーニは亡くなってしまった

サン・カルロ・アッレ・クアットロ・フォンターネ教会

現地名:
Chiesa di San Carlo alle Quattro Fontane
住所:
Via del Quirinale 23
地図を見る »
アクセス:
メトロA線 Barberini バルベリーニ駅から徒歩5分
TEL:
06-488-3261
営業時間:
10:00~13:00 15:00~18:00 土・日曜10:00~13:00
定休日:
7・8月の午後 
1 2 3
筆者

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ イタリア」です。掲載している情報は、2014年10月〜2015年1月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。