まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

ロンドンの新スタイル「ガストロパブ」に注目!

ゆったりとした広いテラスが魅力 ジョージ・イン The George Inn

17世紀のテムズ川付近に数多く存在した馬車宿も、現在、当時の姿がそのまま見られるのは、ギャラリーパブと呼ばれるこの場所のみ。暖かい日は広いテラスでパブ料理を満喫したい。

515331

フィッシュケーキ £7.95〜
日本人の口に合う、なめらかなコロッケのような味わい(上)
フィッシュスレート
素材を生かしたシンプル&ストレートな味付けで食もすすむ(下)

515362

エール1杯だけでも気軽に入れるのがうれしい

ジョージ・イン(ロンドン)

現地名:
The George Inn
住所:
75-77 Borough High St., SE1 1NH
地図を見る »
アクセス:
London Bridgeロンドン・ブリッジ駅からすぐ
TEL:
020-7407-2056
営業時間:
11:00~22:00、日曜12:00~21:00
定休日:
無休 

Let's Try! パブでの注文のしかた

パブでは、自分でカウンターに行って注文し、そのつど代金を払うのがイギリス流。グループの場合は全員でカウンターに並ぶことはせず、代表者がまとめて注文と支払いを。

1.ビールの大きさを選ぶ

イギリスのビールのサイズはパイント(約570㎖)かハーフ(約285㎖)。「パイント・プリーズ」または「ハーフ・プリーズ」と伝えて。

525194

店員さん:A pint or half? (パイント、それともハーフ?)
あなた:Pint, please. (パイントをください。)

2.そのほかの注文をする

料理などを注文する。とりあえず、それだけでOKなときは「ザッツ・イット・フォー・ナウ」という言い回しが無難。

店員さん:Anything else? (ほかにご注文は?)
あなた:That’s it for now. (とりあえずそれだけ。)

3.お勘定をする

「さぁ、どうぞ」と差し出されたら、金額を聞いてその場でお勘定。パブのカウンターではチップは不要。

店員さん:Here you go. (どうぞ。)
あなた:How much is it? Thank you. (いくらですか?(支払って)ありがとう。)

英国ビール図鑑

伝統のある店では、その店ならではの地ビールを出すところもあるので、その店の個性がにじむ「唯一無二」をぜひ体験してみたい。

523959

サンブルク (Sumburgh)
すっきりとしたのどごしのラガービール。肉料理に合わせて飲みたい。

523979

ウィルトシャー・ゴール (Wiltshire Goal)
南部のウィルトシャー州で造られた、甘みがあり飲みやすいエール。

523951

タイタニック・アイスバーグ (Titanic Iceberg)
2種類のモルトを使用した、見た目同様クリアな味わいのウィートビア。

524015

アーバン・ダスク (Urban Dusk)
コーヒーやナッツを思わせる少しビターな香りと味わいのエール。

523969

ステラ・アルトワ (Stella Artois)
ホップの香りが口いっぱいに広がり、後味は少しドライなラガービール。

523940

アルマザ (Almaza)
さっぱりした味わいが特徴で、ゴクゴク飲めるレバノン・ビール。

523989

ドゥン・バ (Doom Bar)
少し甘みのある、まろやかな味わいが特徴のマイルドエール。

523998

ニュー・キャッスル (New Castle)
ダークな色合いだが苦みが弱く非常に飲みやすいブラウンエール。

524006

ギネス (Guinness)
クリーミーな泡と深い味わいから、世界中で愛されているスタウト。

Gourmet Info グルメを楽しむために知っておこう

豪華ディナーにさくっとランチ…楽しみ方はいろいろ。TPOをふまえて賢く活用したい。

お店の種類

高級レストラン
グルメ誌などでも高く評価され、予約を取るのも困難な店。ドレスコードに気をつけたい。料金はプリフィクスメニューで£70〜。

カジュアルレストラン
エスニック、アジア料理はとくに評判が良く、£30前後で食事ができる。料理の種類も幅広い。予約不要でドレスコードがないところが多い。

パブ
ロンドンらしい雰囲気を気軽に味わえるパブ。ビールやスコッチを提供するだけでなく、食事が自慢のパブも増えてきている。予算£20前後。

ファストフード
マクドナルドやバーガー・キングのように世界的にチェーン展開する店のほか、ピザ、サンドイッチ、中華の店などもある。予算£3前後。

デリカテッセン
売り場で買った惣菜などを食べるコーナーが店内にある店が多い。パンやスイーツも豊富で、近年おしゃれな店が続々増加中。予算£10前後。

カフェ
英国は紅茶大国だが、最近では豆の焙煎や抽出方法にこだわった、おいしいコーヒーが飲める店が増えている。深夜まで開いている店も多い。

スイーツショップ
イギリスのスイーツといえば、カップケーキやチョコレート、ショートブレッド、メレンゲなど。カラフルでかわいいスイーツが見つかる。

屋台
マーケットなどでは多種多様な店が並び、世界中の味が見つかる。扱う食べ物はいろいろだが、メニューが貼ってあるのでわかりやすい。

Interior of Royal Hospital Road

高級レストラン

レストランの予約

ドレスコードのあるような、高級レストランに行く際は必ず予約をしたい。日時が決まったら早めにコンタクトをとろう。レストランのランクに限らず眺めの良い席に座りたい場合や、週末利用の場合も予約をしたほうが無難。ただ、最近では人気のある繁盛店でも予約を取らない(予約はできない)「WALK IN ONLY(ウォークインオンリー)」スタイルの店が増えている。何か月も前から予約をする必要もないし、急な予定変更でも店に迷惑がかからない。開店直後に行けば座れる可能性もあるので、観光客には心強いスタイルだ。

527661
筆者:

この記事のタグ

×