まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

2017年12月3日

ウィーン

ウィーン【アム・ホーフ周辺】石畳の小路を散策

by mapple

ヘレンガッセ駅すぐの老舗アーケード フェルステル宮 Harrach Palais Ferstel

ウィーン大学を設計したことでも知られるフェルステルが1860年に建築。ガラス屋根のパッサージュは、19世紀以降ヨーロッパで流行した都市型複合建築スタイルだ。角には老舗のカフェ・ツェントラルが営業。

87973

建築の重厚感に負けない高級店が並ぶ

112907

中央にはドナウ・マーメイドの噴水が凛とたたずむ

フェルステル宮

現地名:
Harrach Palais Ferstel
住所:
Herrengasse 14
地図を見る »
アクセス:
地下鉄3号線Herrengasseヘレンガッセ駅から徒歩2分
TEL:
01-53337630
営業時間:
通り抜け自由
定休日:
通り抜け自由 
Webサイト:
http://www.palaisevents.at

今夜はがっつりビール派 ? しっとりワイン党 ?

ウィーンで気軽な酒場といえばビアハウスかバイスル、あるいはホイリゲ。今夜はどちらへ?

健康に良いと評判のビール ゲッサー・ビアクリニック Gösser Bierklinik

大手ビールメーカー、ゲッサー直営のビアホール。ビールは健康に良い、との考えから店名はクリニック(診療院)と名付けられた。1683年創業の老舗で1階は中庭席のあるビアホール。2階は本格的レストラン。

83667

店の前は石畳でつねにフィアカーが通る

81755

定番のゲッサー・スペツィアル€4.20

83666

中庭席はビール1杯でもOK

ゲッサー・ビアクリニック

現地名:
Gösser Bierklinik
住所:
Steindlgasse 4
地図を見る »
アクセス:
地下鉄1・3号線Stephansplatzシュテファンスプラッツ駅から徒歩4分
TEL:
01-533-7598-12
営業時間:
10:00~23:30
定休日:
日曜 
Webサイト:
http://www.goesser-bierklinik.at

老舗で味わう伝統の味 オーフェンロッホ Ofenloch

クレント小路にある1704年創業の隠れ家的老舗レストラン。イチゴジャムを添えたウィーン風仔牛のシュニッツェルをはじめ伝統的なウィーン料理が味わえる。店内は伝統的雰囲気で、小さなテラス席はカジュアル。

81800

白と緑で統一されたセンスのよい外観

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シュニッツェルはサラダ付で€18.50

81767

ディナー向きの重厚な店内

オーフェンロッホ

現地名:
Ofenloch
住所:
Kurrentgasse 8
地図を見る »
アクセス:
地下鉄1・3号線Stephansplatzシュテファンスプラッツ駅から徒歩6分
TEL:
01-5338844
営業時間:
11:30~23:00(料理は12:00~22:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.ofenloch.at

大手ワイナリー直営レストラン エステルハージケラー Esterházykeller

貴族であり、ワイナリーも所有するエステルハージ家直営のレストラン。地階の店内は17世紀のワイン庫を改装したもので雰囲気満点。ろうそくの灯る薄暗い店内では、飲み物はテーブル、料理はカウンターで注文。

84085

夏はテラス席が出る

81761

日替わりメニューの豚のロースト

84084

料理はカウンターで注文する

エスターハージーケラー

現地名:
Esterházykeller
住所:
Haarhof 1
地図を見る »
アクセス:
地下鉄3号線Herrengasseヘレンガッセ駅からすぐ
TEL:
01-533-3482
営業時間:
11:00~23:00(ケラーは夕方から)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.esterhazykeller.at

オーストリア・ワインが揃う マインルス・ワインバー Meinl's Weinbar

高級食料品店ユリウス・マインル直営のワインバー。店の入口はナーグラー小路にあり、地下に下りてゆくと稀少なオーストリア・ワインが並ぶ空間に出る。軽食もあるがグラス1杯だけでもOK。マインルで買物のあとに。

84189

グラーベンに面したマインルの外観

81773

1階のワイン売場からもアクセス可能

84224

手軽なワインで一杯

マインルス・ワインバー

現地名:
Meinl's Weinbar
住所:
Graben 19
地図を見る »
アクセス:
地下鉄1・3号線Stephansplatzシュテファンスプラッツ駅から徒歩4分
TEL:
01-53233346100
営業時間:
11:00~24:00
定休日:
日曜、祝日 
Webサイト:
http://www.meinlamgraben.at

ウィーンで触れる映画『第三の男』

第二次世界大戦直後のウィーンを舞台に、突然の事故死を遂げた親友の謎を、主人公のアメリカ人が追いかけるサスペンス映画。古都ウィーンでは、この作品のロケ地が当時の姿で現存しているのがうれしい。シュマーレハウスをはじめ、ほかにも、主人公マーチンスが投宿していたホテル・ザッハーや、親友ライムのアパートはヨーゼフ広場のパラヴィチーニ宮だ。プラーター公園の大観覧車では、ライムとの再会シーンが撮影された。映画は1949年に公開後、カンヌ映画祭グランプリを受賞した。市内には第三の男博物館もあるので、出発前に映画を鑑賞して、より深くウィーンの旅を楽しみたい。

116128

●『第三の男』DVD
●発売元:アイ・ヴィー・シー
●価格:1890円(税込)

第三の男博物館

現地名:
Dritte Mann Museum
住所:
Preßgasse 25
地図を見る »
アクセス:
地下鉄4号線Kettenbrükengasseケッテンブリュッケンガッセ駅から徒歩5分
TEL:
01-586-4872
営業時間:
土曜14:00~18:00
定休日:
日~金曜 
Webサイト:
http://www.3mpc.net

トラベルデイズ ウィーン プラハ・ブダペスト

  • 発売日:2013年03月15日

筆者 : mapple

mapple travel guideでは、国内&海外旅行のコツやノウハウ、話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの観光旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるウィーン プラハ・ブダペスト」です。掲載されているデータは、2016年5〜8月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。 最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。