まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

ドイツ【バーデン・バーデン】ローマ時代から続く高級温泉保養地

街の物語 ローマ時代から愛され続ける癒しの場

ヨーロッパ随一の温泉大国らしく、充実した施設が人々をひきつける

療養所として滞在する客が多く充実した社交場として発展

ドイツは、国内に320もの温泉を有する温泉大国。しかし、その多くは日本の温泉とは雰囲気も入浴方式も異なり、驚かされることも多い。日本のように、旅のついでに入浴する立ち寄り湯のような感覚で楽しむというよりも、最低でも3週間は滞在しながらの療養目的で訪れることがほとんど。そのため、カジノや劇場といった娯楽施設が整ったクアハウスが充実してきたという歴史がある。健康保険が適用される温泉施設も少なくない。 また、多くの施設は男女混浴で、しかも全裸で入浴するのが一般的。サウナなどは大きめのバスタオルを持参して、汗で床が濡れないようにするのもマナーだ。

ローマ浴場遺跡

2000年前のローマ浴場の遺跡。皇帝の浴場、壁暖房などが見学できる。音声ガイドは英語とドイツ語がある。

DT-IMG_6779

ローマ浴場遺跡

住所:
Römeplatz 1
地図を見る »
TEL:
07221-275934
営業時間:
11:00~12:00、15:00~16:00
定休日:
11月16日~3月15日 
Webサイト:
http://www.carasana.de

市立博物館

温泉保養地としてのバーデン・バーデンの歴史や、温泉のなりたちを知ることができる。ローマ浴場跡の発掘品も展示されている。

DT-IMG_6354

市立博物館

住所:
Lichtentaler Allee 10
地図を見る »
TEL:
07221-932272
営業時間:
11:00~18:00
定休日:
月曜 
Webサイト:
http://www.stadtmuseum-baden-baden.de

ここもおすすめ

バート・メルゲントハイム

筆者:

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ ドイツ」です。掲載されているデータは、2015年12月〜2016年3月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。 最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。