まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

【バリ島】3泊5日おすすめ欲張り旅プランを教えます!

タイプ別プラス1DAYプラン

誰と、何を目的にするかで、旅のプランは変わってくるもの。それぞれのキーワードに沿った一日のプランを自由に組み合わせて!

+1DAY カップルで楽しみたい♡

10:00 動物園で象と触れ合う(ウブド近郊)

Fotolia_40056061_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © Aleksandar Todorovic

象に乗って森のなかをゆっくり散策。途中川にもそのまま入るのでスリル満点! かわいい象にもたっぷり癒されて。
(バリ動物園)

13:30 インスタで話題のアクセをおそろで♡(クロボカン)

7371

世界中から予約がくるという人気のアクセサリーショップで、おそろいのブレスレットを購入♡
(ジュエル・ロック)

15:30 カフェでパワーチャージ(クロボカン)

7400

静かで落ち着いた雰囲気の隠れ家カフェでゆっくりランチ。スムージーとパンケーキを堪能。
(カフェ・ムーンライト・バリ)

16:00 家で使いたいジェンガラ陶器をGET(ジンバラン)

8259

ずっと欲しかったジェンガラ! ついつい時間を忘れてお買い物。
(ジェンガラ)

18:00 断崖絶壁のレストランでロマンチックな夜を(ジンバラン)

9148

インド洋のパノラマビュー!
断崖絶壁のバーでサンセットを眺めながらディナー。人気なので、早めに席を確保して。
(ロックバー)

+1DAY 子どもと一緒に家族で満喫

8:00 ホテルで朝食(ヌサ・ドゥア)

9236

朝はホテルの豪華ビュッフェ。洋食から和食まで豊富にそろうので、小さい子どもから大人まで大満足の朝ご飯。
(ムリア ヴィラス)

10:30 いろいろ楽しめる巨大施設で遊ぼう♪(ヌサ・ドゥア)

9212

ファミリー向けのアクティビティ施設で、ウォータースライダーやレンタサイクルで遊ぼう♪
巨大滑り台に子どもたちも大喜び!
(サーフ&ターフ・ヌサ・ドゥア)

13:30 海沿いのホテルのレストランへ(ヌサ・ドゥア)

9199
DCIM100GOPROG0046866.

絶景が望める有名ホテルでランチ。複数のダイニングがホテル内にあるので自由に選べる。
(クリスタル・ブルー・ オーシャン・グリル)

16:00 ビーチ沿いの遊歩道をお散歩(ヌサ・ドゥア)

9160

プライベートビーチで遊ぼう♪
海沿いに高級ホテルが建ち並ぶ白浜のビーチ。海水浴を楽しむ人たちを眺めながらお散歩。
(ヌサ・ドゥア・ビーチ)

18:00 夜はヴィラ付きホテルでのんびり(ヌサ・ドゥア)

9223

ホテルに戻り夕食をすませる。プール付きのヴィラで夜はのんびり過ごそう。
(ムリア ヴィラス)

+1DAY スピリチュアルな場所を巡りたい

8:00 パワスポで有名な滝で神秘を感じる(ウブド近郊)

10271

滝の側で水しぶきを浴びて!
滝つぼではたくさんの観光客が水着になって泳いだり、水しぶきを浴びている。マイナスイオンたっぷりで癒される~。
(テグヌガンの滝)

10:00 趣のあるバドゥアン寺院へ(ウブド近郊)

11205

アグン山の中腹にある寺院へ。バリ人の信仰を集める神秘的な寺院でバリ式のお祈りに挑戦しよう。
(バドゥアン寺院)

12:30 大迫力のバンブー建築を体感(ウブド近郊)

6765

至るところに竹が!

10286

午後はバンブー建築を見学。竹のぬくもりに癒されながらランチを。
(グリーン・ビレッジ)

17:00 寺院と夕日が織りなす絶景を(ウブド近郊)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その美しさに感動!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夕景がバリ随一美しいとされる奇岩に建つ寺院へ。カフェで全景を鑑賞しながら夕食をいただこう。
(タナ・ロット寺院)

20:00 伝統衣装、クバヤをおみやげに!

11264

バリを回るうちに欲しくなった伝統衣装、クバヤをお手頃価格で購入。
(カルフール)

How To ?プランニング

まずはバリでやりたいことの優先順位を決めておこう。島内は意外に広いので、移動時間も十分考慮して。

海or山?アクティブ派?それとものんびり派?

滞在拠点は大きく分けて海側と山側のふたつ。海側のクタやスミニャック、ヌサ・ドゥアなど南部リゾートエリアは、ショッピングモールやマリンスポーツを楽しみたい人におすすめ。山側のウブドでは舞踊、絵画などの伝統文化が息づき、のんびりとした雰囲気が魅力。両方のよさを楽しむなら、途中で滞在エリアを移動してもよい。ウブドへは日帰りツアーも多数催行している。

8340

到着便、帰国便の時間帯をチェックしよう

直行便の場合、往路は夕方到着、復路は深夜の出発。最終日のホテルチェックアウト後、荷物の置き場や過ごす場所が大きなポイントになる。スパや食事、客室利用がセットになった帰国日プランを用意しているホテルがあるので、事前に確認したい。

オプショナルツアーを上手に活用しよう

定番の観光スポットをめぐるものから、近郊の注目スポットや街へ行くものまで、さまざまな内容のツアーがある。都市間の移動もツアーに参加すれば簡単でラクチン♪

39543

日焼け止め&虫よけスプレーは必須

日差しが強いので日焼け止めクリームはマスト。帽子やサングラスもあると安心。また、蚊が多いので外出時は虫よけスプレーを!

トイレはホテルかショッピングセンターへ

ホテルやレストランではたいてい洋式だが、安宿や食堂、寺院などの観光地では、手汲み式やバケツやホースが備え付けられたトイレも多い。なるべくホテルや大型ショッピングセンター内のトイレを利用しよう。またポケットティッシュも携帯しておくと安心。

サンセットの時間を把握しておこう

バリ島のサンセットタイムは18時頃から19時頃。季節によって多少時間帯が異なる。11~3月の雨季に比べ、4~10月の乾季の方が日照時間がやや短いので、知っておこう。

11252

人気レストランはマストで予約

特にサンセットタイムは混むので、予約をするのが◎。また、人気のシーズン中はできれば3日前までの予約を心がけたい。

ニュピの祝日は事前にチェックして!

ヒンドゥ教のサカ暦の新年。この日は一切の外出、労働が禁じられ、飛行機の離発着も緊急以外できない。観光客にも適用されるので、旅行はニュピ周辺を避けるのがベター。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チャーターカー利用もおすすめ!

ホテルや旅行会社では、運転手付きの車をチャーターするサービスがある。郊外の観光名所を一日に複数回りたい場合、アレンジもきくので便利。タクシーの運転手と直接交渉をして、料金を決める場合もある。

筆者:mapple

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるバリ島」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2017年7~11月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので、現在取り扱っていない可能性があります。