おすすめのイギリス料理!必食の美味しい10選

おすすめのイギリス料理!必食の美味しい10選
by sumawesomeness, CC BY-ND

mapple

更新日:2019年5月5日

イギリス料理は美味しくないと言われていますが、昨今はイギリスも料理ブーム、食ブームによりクオリティーが上がってきています。又、古くから多分化がイギリスにも流れ入っている為、特にインド料理系、アラブ系料理に関してはその他の料理より美味しく食べられる傾向にあります。今回は、ド定番のイギリス料理から、イギリスのパブでも食べられるようなメニューまで、10のオススメイギリス料理について挙げていきます。



1) フィッシュアンドチップス

やはりイギリスに行ったら食べるべきものはフィッシュアンドチップス!かなりお手頃な値段で美味しい白魚のフライが食べられます。日本で言うパン粉をまぶした魚のフライと違います。どちらかというと天ぷらに近いけれども、粉がもっとふわっとしています。

21910130688_5217c15cd1_z

by Anuj Biyani, CC BY

レモンを絞りタルタルソースをつけて頂く人が多いと思いますが実は英国人は塩を軽くふりかけ、モルトビネガーを沢山ふりかけて食べるのが主流となっています。結構癖があるモルトビネガーなので試したい場合はちょこっとかけて口に合いそうであれば、イギリス人のようにドバっとかけてみてください。

9458562069_9c6f58e587_z

Fish And Chips, by hagwall, CC BY

またこのフィッシュアンドチップスのお皿には、名前の通りちょっと太めのフレンチフライとグリーンピースがサイドにのせられて来ることが一般的です。レストランによっては、マッシュポテト、マッシュグリンピースが乗せられて来ることもあります。

7173152821_e501921b4f_z

Fish and chips at The Castle, by Matt From London, CC BY

2) スティッキートッフィープティング

実はこれ、イギリスで食べて初めて美味しいと思ったデザートトッフィープティングです。これは本当に甘すぎて繊細な甘さの日本のデザートに慣れている人にとっては重すぎるかもしれません。バター、お砂糖たっぷり!と口に入れた瞬間わかりますがとにかく美味しいんです。

15265045623_88bdb0da0c_z

Sticky Toffee Pudding, by Chris Pople, CC BY-ND

実は黒砂糖とデーツをつかったデザートになります。勿論少し重めのスポンジの仕上がりですが、スプーンを入れると中から甘いソースが出てきます。生クリームやバニラアイスクリームを添えて提供してくるレストランが多いです。

11511735456_e1c8e76a56_z

by Peter O’Connor aka anemoneprojectors, CC BY-SA

その他のデザートメニューは他の国でも食べられますが、このスティッキートッフィープティングは滅多に食べられないデザートメニューなのでコレをオーダーしてみてください。

21232617851_c593a0c77a_z

Sticky Toffee Pudding, by Sean MacEntee, CC BY

3) イングリッシュブレックファースト

これは1度は食べてみてください。B&Bやホテルでは必ずと言って良いほどイングリッシュ・ブレックファーストのメニューがあります。

20761603329_64d99a6d27_z

Full English Breakfast, by Tjeerd, CC BY

薄くスライスされたトースト、卵はお好みでスクランブルかオムレツ、または目玉焼きにしてくれます。そして輪切りにしたトマトを軽く妬いたもの、マッシュルーム、白いんげん豆をトマトで煮込んだもの、ベーコンまたはソーセージ、ハッシュポテトなどが添えられます。

20738545069_23cc210154_z

Full English Breakfast, by Tjeerd, CC BY

実はパブでもかなりお手頃に食べられるメニューとなっているので、イギリスに旅行の際は朝食がてら外に出て食べてみても良いでしょう。どこでもカナリお手頃の価格で提供していますので、物価の高いイギリスですが旅行の際にも気軽に食べられるでしょう。

16324917983_bc6c20cf4a_z

Cafe Grill, Finchley, London, by Ewan-M, CC BY-SA

4) スコーン

イングリッシュティーを味わうと必ず出てくるのがスコーン!クリームとジャムをつけて食べるのが典型的な英国のティータイムです。特に焼きたてのスコーンは絶品です。市販のものはレーズンなどが入っていたりしますが、1番は何も入っていないプレーンなスコーンです。

14767780016_bdb48cdd5c_z

SCONE!, by ironypoisoning, CC BY-SA

そしてクリームというっても生クリームではなく、クロテッドクリームという丁度バターと生クリームの中間のような脂肪分の多い美味しいクリームです。スコーンであればパブなどでも必ず出てくるティーデザートですね。

6660445645_054c042c4d_z

Tea time, by franksteiner, CC BY

5) ブラックプディング

これは本当に好き嫌いが大きく分かれるところですが、英国以外ではなかなか食べられないので試してみるのが良いでしょう。ソーセージと同じように腸詰めなのですがその腸の中に入っているのは豚の血です。

8682113627_47334ca6b7_z

The Doughnut Breakfast Butty, by Gwyrosydd, CC BY

そのため見た目はとても黒ずんでいる色をしています。これを聞いただけで食べられない人も多いでしょう。時々、イングリッシュ・ブレックファーストのソーセージと一緒に出される事が多いです。

5947259322_3b93e53be1_z

Black pudding, by m.mate, CC BY

6) フィッシュパイ

けっこうフィッシュパイも色々な種類のものがあります。例えば、一風変わった見た目の「スターゲイジパイ」は鰯を使って調理します。なんと丸ごと一匹を使い、鰯の頭だけパイ生地の上からちょこっと顔を覗かせるのがこのパイの特徴です。

462293888_2e090c75b4_o

baked stargazy pie, by goodiesfirst, CC BY

卵やジャガイモなどを食材として使います。鰯以外でも調理が出来、フィッシュパイは一般的に魚とホワイトソース、ほうれん草、玉ねぎなどの野菜をパイに包み込んだものとなります。魚はサーモン、鱈などの白身魚が一般的です。

6227252585_6d1aa11059_z

by Robb1e, CC BY-SA

7)サンデーロースト

サンデーローストはその名の通り、日曜日だけのメニューでローストされたチキンやラム、ビーフなどがメインのブランチメニューです。大抵どこのパブでも食べられます。ローストされたお肉には、茹でられた人参やグリンピースが並びその横にはマッシュポテトやフレンチフライなどが並べられています。

14838177929_26b8fb3b42_z

Sunday roast!!, by ashleyt, CC BY

そしてグレイビーソースをかけて頂きます。大抵どこのパブ、レストランでも安定の味が楽しめます。また、レストランによってはヨークシャー・プディングを添えてくれるところもあります。これは、シューのような軽い、ちょっとサクサクしたパンのようなものですが、グレイビーソースをつけて頂きます。このヨークシャー・プディングもオススメです。

13038462474_9f94a15b65_z

Sunday roast, gravy, potatoes and Yorkshire pudding. #london, by jardenberg, CC BY

8)ミートパイ

イギリス料理はパイ系、包む系が多いかもしれませんね。このミートパイは名前のとおり挽肉と細かく刻んだ野菜をパイ生地で包んだものとなります。パイと連想するとフランス料理のサクサクのパイ生地を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、イギリスのパイはけっこうずっしり重いタイプになります。

3154954798_7ff33399b6_z

Meat Pie, by C Jill Reed, CC BY-SA

606568095_6a5bffdeb4_z

Pie & Chips, by irene., CC BY-ND

例えばコーニッシュ・パスティもミートパイの類です。イギリスコンウォールエリアの料理となります。中をかじるととろりとした野菜とお肉が味わえます。コーニッシュ・パスティは持ち帰りも出来る店もあります。気軽に味わってみましょう。

327656943_a4ca796f8c_z

Cornish pasties, by scalleja, CC BY-SA

9)スコッチエッグ

ゆで卵を挽肉で包みコロッケのように揚げた軽食のようなフィンガーフードとなります。ガストロパブ、レストランなんかでは卵を半熟に茹でて調理しているところもあり、卵の黄みがとろりと出て来ます。挽肉には予め胡椒やナツメグなどが入っていて味もしっかりしている為日本のコロッケのように醤油やソースをかける必要はありません。

8586141496_79ab85efa2_z

by rjw1, CC BY-SA

そのまま食べられます。レストランの中にはトマトを煮込んだソースをサイドに添えてくれるところ、マヨネーズとマスタードを和えたソースを添えてくれるところもあります。是非一度レストランでメニューにあればオーダーしてみてください。

6120509366_80bc38743a_z

Scotch Eggs on the Thames, by thefoodgroup, CC BY-SA

10)イングリッシュマフィンサンド

実はこのイングリッシュマフィンは、とうもろこしの粉が表面にまぶされている丸いパンとなります。日本のパン屋でも時々見かけるので口にしたことがある人も多いでしょう。名前にイングリッシュとつくのでイカにもイギリスらしい一品となります。特に朝食として食べることがありますが定番のイングリッシュブレックファーストが飽きたら是非食べてみてください。

6901370113_e2cc55e2f4_z

by Marinate Me Baby, CC BY-SA

円形のパンなのでそれを半分に切って、間にチーズ、ハム、卵をはさんだりのせて頂きます。外が香ばしくカリっと焼けて、中はトーストよりもずっしりしています。ジャムをつけて食べたり、サーモンとクリームチーズを挟んで食べても良いでしょう。

23619413331_c2df4965c7_z

by Marinate Me Baby, CC BY-SA

3996149115_4febafb5f5_z

by nanik0re, CC BY-ND

筆者:mapple

×