>

国道138号 須走道路・御殿場バイパス開通(須走口南IC~ぐみ沢IC)

昭文社_地図編集部_sato

更新日:2021年3月15日

この記事をシェアしよう!

国道138号 須走道路・御殿場バイパス開通(須走口南IC~ぐみ沢IC)

2021年4月10日に国道138号 須走道路・御殿場バイパス(須走口南IC~ぐみ沢IC)が開通します。この開通により御殿場を経由して富士五湖方面へのアクセスが容易となります。

開通する須走道路の区間は?

今回開通する区間は「ぐみ沢」から「須走口南」までの区間です。御殿場ICからぐみ沢までは国道138号の一般国道を走ることになります。また、須走口南から先は東富士五湖道路に直結しています。さらに仁杉Jctを経由して新東名高速道路の新御殿場ICへアクセスすることも可能です。

新御殿場ICも同時に開設される!

同じ日に新東名高速道路の新御殿場ICが開設されます。東京方面は東名高速道路の御殿場ICを利用することには変わりはありませんが、名古屋方面からのアクセス時には御殿場ICを利用せず、新御殿場ICを利用することが可能となるため御殿場ICの周辺の渋滞緩和へ繋がることが期待されています。

新御殿場ICも同時に開設される!

須走道路・御殿場バイパスの開通区間

(地図:GIGAマップル関東道路地図)

新御殿場ICから御殿場Jctを経由して東京へは行けない⁉

御殿場市街を避けて市街地の手前にある新御殿場ICから御殿場Jctを経由して東京へと考える人もいるでしょう。

しかし、地図をよく見ると「行けない⁉」。実際に東京方面へは行くことができないので、注意が必要です。そのまま途中のICで引き返すか、新清水Jct⇒清水Jctを経由して戻ってくるなんてことにもなりかねません。

新御殿場ICから御殿場Jctを経由して東京へは行けない⁉

新御殿場ICから御殿場Jctを経由して東京方面へは通行できないので注意!

(地図:GIGAマップル関東道路地図)

富士五湖へ!中央道で行くか、東名高速で行くか

今回の開通で富士五湖地域へのアクセスがより便利になります。東京から富士五湖へ行くには通常は中央道を利用して行くことが多いですが、今後は御殿場経由をして行くことも選択肢として考えても良さそうですが、実際にはどうなのでしょうか?

シミュレーションしてみた!

中央道と東名高速。それぞれ比較してみました。

結果は中央道を利用した方が距離的にも金額的にも優しい結果となっています。しかし、新しいルートとして季節や交通状況に応じて選択してみるのも良さそうです。

★永福出入口(首都高)⇒大月Jct(中央道)⇒河口湖IC(中央道)
【料金】●普通車 3,310円(ETC料金 2,340円) ●自動二輪 2,760円(ETC料金 1,950円) 【走行時間】約1時間15分 【走行距離】約97.3km

★東京IC(東名高速)⇒御殿場IC(東名高速)⇒須走道路・御殿場バイパス⇒須走IC(東富士五湖道路)⇒富士吉田(須走道路)
【料金】●普通車 3,700円(ETC料金 2,930円) ●自動二輪 3,210円(ETC料金 2,520円) 【走行時間】約1時間24分 【走行距離】約113km

※永福出入口および東京ICを週末の朝9時に出発と想定して算出しています

新しいアクセス手段として期待!

富士五湖方面から御殿場ICへ行く過程で渋滞が懸念されるポイントは御殿場市街が考えられます。今回の新東名高速道路の区間開通では新御殿場ICから御殿場Jct経由で東京方面へ行くことはできませんので新御殿場ICを利用することができません。

しかし、2021年度内に新東名高速道路の伊勢原大山IC~秦野IC間が、2023年には秦野IC~新御殿場IC間がそれぞれ開通予定であり、新御殿場ICから新東名高速道路を経由して東京方面へも行くことが可能となり、富士五湖方面への新しいアクセス手段として定着するかもしれません。

参考資料 NEXCO中日本

新しいアクセス手段として期待!

新東名高速道路の開通予定

(地図:県別マップル神奈川県道路地図)

新しいアクセス手段として期待!
新しいアクセス手段として期待!

エリア

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください