コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【北海道】札幌の夜の新定番 夜カフェで楽しむ「シメパフェ」おすすめ5店

【北海道】札幌の夜の新定番 夜カフェで楽しむ「シメパフェ」おすすめ5店

by DiGJAPAN!

更新日:2018年12月21日

お酒を楽しんだあとに、麺やごはんを食べて一日を締めくくる『シメ』。

札幌では、その一日のシメに麺やごはんではなく、なんとカフェでパフェを食べるのが定番になりつつあるんです!

今回は、そんな『シメパフェ』をご紹介します。

「シメパフェ」ってこんなスイーツ!

ここ最近、札幌では飲んだあとや食後のデザート、自分へのご褒美においしいパフェを食べて、一日の最後を締めくくるというシメパフェがブームとなっています。

手作りソースにこだわったパフェや無農薬の野菜を使ったヘルシーパフェなどお店によってそれぞれ、こだわりがあるのも特徴です。

隠れ家的雰囲気で味わう手作りパフェ「パフェ、珈琲、酒、佐藤」

パフェ、珈琲、酒、佐藤』はパフェと酒とコーヒーが味わえる大人のための新スタイル空間。北海道産の牛乳を使用したソフトクリームやソルペなど手作りにこだわる極上パフェが味わえます。

ネルドリップで抽出した雑味のないコーヒーもおすすめです。

ショコラとグリオット 972円

店内は、ウッドを基調としたナチュラルな和風モダン。観光客に人気の狸小路の裏路地にひっそりとあり、札幌に住む地元民からも大人気。

 
パフェ、珈琲、酒、佐藤
住所:北海道札幌市中央区南2西1-6-1(MAP)
営業時間:18:00~23:30(金曜は~翌1:30、土曜は13:00~翌1:30、日曜は13:00~23:30)
定休日:月曜(祝日の場合は振替あり)
アクセス:地下鉄大通駅から徒歩3分

≫詳しくは公式HPをご覧ください。

非日常なおしゃれ空間と独創的なパフェが楽しめる「INITIAL」

日本酒とガトーショコラなどを組み合わせるといった、独創的な発想で誕生する見た目も美しいパフェが楽しめる『INITIAL』。

きめ細かいふわふわ食感のかき氷も人気。真ん中部分が空洞になったフルガリアシトロンは、上段下段と二種類のデザートを味わえ、フォトジェニックなパフェとしてインスタウケも間違いなし。

フルガリアシトロン 1426円

アルコールの種類も豊富で、店内はクラシックなシャンデリアなど照明にこだわった非日常的空間。

 
INITIAL
住所:北海道札幌市中央区南3西5-36-1(MAP)
営業時間:17:00~23:30
定休日:不定休
アクセス:地下鉄すすきの駅から徒歩3分

≫詳しくは公式FBをご確認ください

深夜3時までの営業が嬉しい「幸せのレシピ~スイート~」

彩り美しいかわいいパフェの専門店『幸せのレシピ~スイート~』。特性のジェラートは素材の良さをいかした濃厚ピスタチオや焙煎した香りが濃いのが特徴のほうじ茶や抹茶などのジェラートも用意しており、パフェの種類が10種類以上とかなり豊富です。

童話仕立てで解説する可愛らしいパフェメニューにも注目。

季節の果実舞踏会のパフェ 1880円

白を基調としたおしゃれな店内。すすきの駅から歩いてすぐなので、アクセスしやすい!

 
幸せのレシピ~スイート~
住所:北海道札幌市中央区南3西4 ビックシルバービルB1F(MAP)
営業時間:19:00~翌3:00(L.O.2:00)(土日祝日は11:30~)
定休日:無休
アクセス:地下鉄すすきの駅からすぐ

≫詳しくは公式HPをご確認ください

ランチ営業もしている「cafe et craft yue.」

北海道産の野菜を中心としたランチとボリュームの手作りパフェが楽しめるカフェ『cafe et craft yue.』。

パフェは甘さ控えめなので、甘いのが苦手な人にもおすすめ。使っている牛乳ソフトはさっぱりとしたくちどけが特徴です。

抹茶パフェ 980円(夜セット1620円)

席間にゆとりがあり、シックで落ち着いた店内。昼間も営業しているので、ランチ後のデザートとしてパフェを食べながらゆっくりするのもおすすめです。

 
Café et craft yue.
住所:北海道札幌市中央区南3西4 ワカツキスクエアビル9F(MAP)
営業時間:11:30~22:30(日曜、祝日は~18:30)
定休日:水曜
アクセス:地下鉄すすきの駅から徒歩5分

≫詳しくは公式HPをご確認ください

アルコールの種類も豊富!「パフェテリア パル」

お酒と一緒に楽しめる大人のパフェが豊富な夜パフェ専門店『パフェテリア パル』。パフェは甘さ控えめでアルコールとの相性も抜群です。

春は、いちご、夏はメロン、秋は洋梨、冬はゆずなど旬のフルーツを使った期間限定のパフェもそろう。

ピスタチオとチョコレートのパフェ 1250円

 
カウンターには旬の果物がディスプレイされています。席数はなんと、42席!たくさんあるので安心ですね。バクが描かれているかわいいイラスト看板が目印です。

パフェテリア パル
住所:北海道札幌市中央区南3西2-10-1 南4西2ビル6F(MAP)
営業時間:18:00~翌1:30
定休日:不定休
アクセス:地下鉄すすきの駅から徒歩3分

≫詳しくは公式HPをご確認ください

番外編 「雪印パーラー」のドリームジャンボパフェ

雪印パーラー』の高さ40cm、直径40cmの迫力ある巨大パフェ。なんと、通常提供されているパフェの約30個分!

たっぷりの果物や生クリーム、シフォンケーキやバームクーヘンに、たくさんのアイスクリームがトッピングされています。札幌での思い出に、ジャンボパフェに挑戦してみるのもいいかもしれません。

ドリームジャンボパフェ 14260円

ジャンボパフェだけでなく、こだわりの伝統製法で作るアイスクリームや種類豊富なパフェも充実しています。

 
種類豊富パフェのディスプレイがたくさんの外観。JR札幌駅からもアクセスしやすい。

 
雪印パーラー本店
住所:北海道札幌市中央区北2西3-1-31 太陽生命札幌ビル1階(MAP)
営業時間:10:00~21:00(L.O.20;30)
定休日:元旦
アクセス:JR札幌駅から駅から徒歩5分

≫詳しくは公式HPをご確認ください

夕食のあとは、シメパフェにトライしてみましょう

今回は、北海道札幌で今話題の新文化であるシメパフェを紹介しました。深夜までの営業やお酒が飲めるお店など、さまざまありましたね。
旅行の締めくくりや1日の締めくくりに、シメパフェをぜひ食べてみてくださいね。

≫シメパフェのほかにも、北海道には魅力がたくさん!
網走の流氷グルメ」や「新千歳空港のお土産」もぜひチェックしてみてくださいね。

※上記の記事は、「ザクザク深掘り ニッポン旅ガイドDiGJAPAN!」より許可を得て転載したものです
※掲載した内容は、2017年12月の調査によるものです。料金ほか開催期間など、各種データが変更されたり、季節・天候による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。ご利用の際には、改めて事前に公式サイトなどをご確認ください。

筆者:DiGJAPAN!

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×
×