おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  <終了しました>【東京】“ギリギリ”を体現するメディアアート!東京ミッドタウンで4日間限りの『未来の学校祭』が開催中

<終了しました>【東京】“ギリギリ”を体現するメディアアート!東京ミッドタウンで4日間限りの『未来の学校祭』が開催中

<終了しました>【東京】“ギリギリ”を体現するメディアアート!東京ミッドタウンで4日間限りの『未来の学校祭』が開催中

by まっぷるリンク おでかけ編集部

更新日:2019年2月22日

“アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場。”



これをコンセプトにしたイベント『未来の学校祭』が、2月21日~2月24日、六本木の東京ミッドタウン各所で初開催。

気軽に最新のメディア・アートを楽しめるということで、おでかけ編集部は早速初日に行ってきました。

 

東京ミッドタウンで見れる、“学校では教えてくれない未来のこと”

テーマは「ギリギリ」
セーフかアウトか分からない、社会で今問わなければいけない問題と向き合う境界を意識した“ギリギリ”な作品が、『未来の学校祭』で披露されます。

東京ミッドタウンで見れる、“学校では教えてくれない未来のこと”

 
来場者は、
・エキシビション
・パフォーマンス
・ワークショップ
・トークショー
など、子どもから大人まで楽しめるプログラムを自由に体験できます。

※イベントガイドはこちらから確認できます。

『未来の学校祭』の注目コンテンツはコチラ

エキシビションで展示される、国内外のクリエイターの作品から、特に注目して欲しいコンテンツをピックアップしてみました。

なかには、世界的メディアアートの権威『アルスエレクトロニカ』の注目作品も!

Balance From Within(バランス フロム ウィズイン)

展示場所:ギリギリルーム プラザB1「無印良品」前

一本の足で危うげに立っているソファ。いつバランスが崩れるかわからない、均衡と崩壊の境界に挑戦する作品。

Balance From Within(バランス フロム ウィズイン)
©Jacob Tonski

ソファには、緻密なコンピュータ制御と、人工衛星にも使われるリアクションホイールによるロボット機構によって、絶妙にバランスを保っています。

ObOrO(オボロ)

展示場所:ギリギリルーム プラザB1「無印良品」前

光るボールは、空気流だけで空中で制御されて浮遊しています。

ObOrO(オボロ)
©ryo kishi

支えを一切持たず、空中に浮いている光るボールは、揺らぐボールの振る舞いから危うさ・脆さの魅力を表現しています。

浮遊するボールに触れ、その魅力をぜひ体感してみてください。

πTon(ピトン)

展示場所:ギリギリスクエア アトリウム(ガレリアB1)

無脊椎動物のような巨大なゴムチューブが、床をうごめくサウンド・インスタレーション作品です。

チューブは人間の声を合成した音の装置を持った4人に囲まれると、生き物さながらに不規則にくねくねと動き回ります。※パフォーマンス時間は、サイトにてご確認ください。

πTon(ピトン)
©Vavier Voirol

原始的な生き物のように動く「πTon」。生き物と人工物の境界にある生き物らしさを意識させます。

SEER: Simulative Emotional Expression Robot(シーア)

展示場所:ギリギリスクエア アトリウム(ガレリアB1)

まるで命を宿したかのように、目と眉を動かし、様々な表情を見せてくれるヒト型ロボット。

SEER: Simulative Emotional Expression Robot(シーア)

 
アイコンタクトを取ることによって、対面者の目と眉の動きを捕えて真似します。

「人らしさ」を感じさせてくれるロボットの視線と表現力にぜひ注目してほしい。

Heteroweave(ヘテロウィーブ)

展示場所:ギリギリラボラトリー ガレリア1F インフォメーション前 Galleria 1F

西陣織に、さまざまな異素材を緯糸(よこいと)として挿入し、伝統工芸品に最先端技術で新たな機能を埋め込む『ヘテロウィーブ』。

Heteroweave(ヘテロウィーブ)
©Yasuaki Kakehi

温度変化によって変色する箔を織り込んだ西陣織。布の上を移動するバーによって、色が変化する様子を体験できます。

機能性材料やデジタルファブリケーション、印刷技術によって作られた異種素材と伝統工芸品の西陣織を掛け合わせることで、表現される色や硬さの変化を感じてください。

今週末『未来の学校祭』に行ってみよう

今回は、鑑賞がメインのエキシビションをピックアップしました。

『未来の学校祭』では、パフォーマンスや、ワークショップ、トークショーなど参加型のイベントも数多く開催されます。

アーティスト達の挑戦する様々な“ギリギリ”の作品。東京ミッドタウンへおでかけする際、ぜひこの4日間限りの『未来の学校祭』を体験してみてください!

未来の学校祭
開催場所:東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン各所
開催期間:2019年2月21日~2月24日
時間:11:00~21:00
※プログラム詳細は公式サイトをご参照ください。

※掲載した内容は、2019年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。

※表示価格はすべて税込です。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

筆者:まっぷるリンク おでかけ編集部

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×