「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  <終了しました>【静岡】一足早くのんびりお花見しませんか?南伊豆町の「みなみの桜と菜の花まつり」

<終了しました>【静岡】一足早くのんびりお花見しませんか?南伊豆町の「みなみの桜と菜の花まつり」

<終了しました>【静岡】一足早くのんびりお花見しませんか?南伊豆町の「みなみの桜と菜の花まつり」

by DiGJAPAN!

更新日:2019年3月1日

南伊豆町は伊豆半島最南端の町。起伏に富んだリアス式海岸線に囲まれた自然豊かなエリアです。



2月中旬になると町の中央を流れる青野川沿いに植えられた800本の河津桜が咲き始め、ちょっと早い春の便りを運んでくれます。

例年この時期に開催される『みなみの桜と菜の花まつり』は今年2019年で第21回。期間は2月10日から3月10日までです。

春探しの旅は伊豆急下田駅からスタート

『みなみの桜と菜の花まつり』会場の最寄り駅は、伊豆急行線の終点駅「伊豆急下田駅」。

伊豆急下田駅を下りると、目の前に印象的な時計台があります。

春探しの旅は伊豆急下田駅からスタート

 
この建物は築50年以上の土産店。「なまこ壁」という下田特有の壁が特徴的です。

伊豆急下田駅までは、東京駅から特急「踊り子号」を利用すれば直通で行けるので便利です。

時間帯によっては新宿駅・池袋駅から「スーパービュー踊り子号」もあります。

まずは下田駅でお弁当をGET!

さて、せっかくのお花見ですから、お昼ご飯は桜を眺めながら食べたいですよね。

駅周辺でお弁当を買っていきましょう!

まずは下田駅でお弁当をGET!

 
駅から徒歩2分ほどのところに、「一品香」という地元の天然塩を使ったラーメンが自慢の創作中華料理の店があります。

ここで地元食材をふんだんに使ったお弁当「下田弁」(2,400円)を購入しましょう。

 
日本一の水揚げを誇る、下田名物金目鯛を贅沢に使った中国黒酢あんかけや、カマ煮、シュウマイ、他にも下田産の「栄ちゃんトマト」や、しいたけ、みかんなど地元食材を多く取り入れた華やかな中華風幕の内です。

天然塩ラーメン&創作中華 一品香
住所:静岡県下田市東本郷1-4-8
営業時間:9:00~15:00、17:00~20:30
電話:0558-22-7476

※2日前までに要予約、3個から。それ以外の場合は応相談。仕入れによって内容が変わる場合があります。

いよいよお花見にでかけましょう

メイン会場の道の駅「下賀茂温泉 湯の花」までは、東海バス下賀茂行きで約25分の「九条橋」で降りてすぐ。

道の駅を中心に、東西に流れる青野川の片岸2.1km、両岸で4.2kmの範囲に800本の河津桜と200本のソメイヨシノが連なる桜並木は「青野川千本桜」と呼ばれ、親しまれています。

いよいよお花見にでかけましょう

 
今年は桜の開花にややばらつきがあるそうで、エリアによって開花が進んでいるところ、まだつぼみが固いところがあるようです。

見頃がずれているということは、いついっても満開の桜の木を見つけられるということかもしれませんね!

河津桜は静岡県河津町が発祥とされる早咲きの品種。ソメイヨシノよりも濃いピンク色の花が咲きます。

 
ソメイヨシノは数日で散ってしまいますが、河津桜は約1週間と開花期間が長いのも特徴です。

遠目には白く見える淡い色のソメイヨシノも美しいですが、菜の花との組み合わせは河津桜の方がピンクと黄色のコントラストがはっきりと、よりにキレイに見えますよね。

 
道の駅のすぐ裏手には、川岸に降りる階段があります。心地よい川の音を聞きながら、下から眺める桜並木はまた違った味わいです。

お花見をしながらお弁当タイム

川沿いには木製のベンチが点在していますので、お気に入りの場所を見つけて花見をしながらのランチタイム!

お花見をしながらお弁当タイム

 
また、道の駅の近くにある温室を利用した「さくら休憩所」は穴場スポット。

気温が低い日や風の強い日も温室内はポカポカと温かく、のんびりとお弁当を食べられます。

 
休憩所の近くに出店しているお土産売り場では桜茶の振る舞いがありますので、こちらもお忘れなく!

 

筆者:DiGJAPAN!

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  > 
×