コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【神奈川】ビル丸ごと遊び場に!横浜駅直通の新複合型体験エンタメ施設「アソビル」がオープン

【神奈川】ビル丸ごと遊び場に!横浜駅直通の新複合型体験エンタメ施設「アソビル」がオープン

【神奈川】ビル丸ごと遊び場に!横浜駅直通の新複合型体験エンタメ施設「アソビル」がオープン

by まっぷるリンク おでかけ編集部

更新日:2019年3月22日

遠くにおでかけは億劫。
かといって、家でゴロゴロも嫌。駅近で何かできたら・・・

その願いを叶えてくれるエンターテインメント施設「アソビル」が、3月15日に横浜にオープン。

おでかけ編集部は先日、一足先に体験してきました。各フロアの注目ポイントをご紹介します。横浜へ出かける前に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

雨の日でも傘いらず!横浜駅直通のアソビル

横浜中央郵便局別館をリノベーションした「アソビル(ASOBUILD)」は、アクセスが抜群。

横浜駅みなみ東口から直通で行け、また東口の駅前広場からも徒歩2分ほどで着きます。

雨の日でも傘いらず!横浜駅直通のアソビル

 
ひと際目を引く“ASOBUILD”のロゴが、ポップでカラフル!入る前からウキウキしてしまいます。

アソビルの中にも、いたるところに個性的なオブジェや、壁画等アート作品が飾られらています

見ているだけでも楽しくなるような、遊び心満載な作品ばかり。じっくり鑑賞することをおすすめします。

アソビル各フロアの注目ポイントはココ!

地下1階から4階と屋上まで、ビルを丸ごと使って遊べる様々な体験型コンテンツが楽しめる「アソビル」。さっそく見ていきましょう。

アソビル各フロアの注目ポイントはココ!

2F:体験イベントフロア「ALE-BOX」

シアタールームに入ったようなこのフロアには、脱出ゲームやVR、スポーツコンテンツなどエンタメ体験イベントが大集合。

2F:体験イベントフロア「ALE-BOX」

 
「厳選されたエンタメ体験のセレクトショップ」をコンセプトに様々なコンテンツが展開されます。コンテンツは定期的に入れ替わるのでその都度、新しい体験が味わえます。

まずおすすめしたいのは、こちらの「Escape from The NINE ROOMS」

連続する9つの部屋を舞台に、部屋ごとに出題される「謎」。タブレット端末を手に、五感を使って制限時間50分以内に解き明かす脱出ゲームになっています。

 
特別に許可を得て、いくつかの部屋の様子を撮影させていただきました。

次の部屋へ進むための手がかりが、どこに隠れているのでしょうか?頭をフルに使う謎解きを楽しんでみてくださいね。

映画の楽しみ方を、“鑑賞”から“体験”に変えるショートフィルムギャラリー「THE STORY HOTEL」

まるで映画のワンシーンに入り込んだかのような空間で、案内人から謎の手紙を受け取り、その指示に従って、次々とアクションを起こしていく…

 
ホテルでショートフィルムを楽しんだり、タイプライターで手紙を書いたり、ちょっと不思議な映画体験ができます。一度試してみる価値アリ!

 
SNSで話題を集めていた「うんこミュージアム YOKOHAMA」も、このフロアにあります。

 
会場内は「うんこ広場」・「ウンスタジェニックエリア」・「ウンテリジェンスエリア」・「ウンタラクティブエリア」の4つで構成されています。

 
シュールなテーマで展開されているこのインパクト大の体験型展示は、2019年3月15日〜7月15日の期間限定オープン中。興味のある方はぜひ!

キングコング西野亮廣さん著書の絵本『えんとつ町のプペル』を題材としたVRコンテンツも、6月14日まで体験できますよ。

 
VRを使い、立体感のある音に包まれた参加者は“かぼちゃアバター”となり、原作の世界観を360度表現した物語の舞台「えんとつ町」に入り込む、楽しい体験となります。

3F:ハンドメイド体験イベントフロア「MONOTORY」

ハンドメイド好きやDIY好きにはたまらない空間。

陶芸、アクセサリー、革小物、キャンドル作りなど、計20ジャンル200種類以上の「ものづくりワークショップ」が、毎日行われる国内最大級のハンドメイド体験フロア。

3F:ハンドメイド体験イベントフロア「MONOTORY」

 
12のアトリエとDIYツールの販売ショップ、各アーティストの個展スペースの展開のみならず、レーザーカッターや3Dプリンタ、転写プリンタ、UVプリンタなど最新デジタルファブリケーション機器も完備!

 

子供から大人まで楽しめる屋上・地下の遊び場

屋上には、フットサルとバスケットのコートがそれぞれ1面ずつとれるマルチスポーツコートを用意。

レンタル利用のほか、元プロ選手が教えるスポーツ教室プログラム等も体験可能。

子供から大人まで楽しめる屋上・地下の遊び場

 
「上質な大人の遊び場」をコンセプトとした地下1階のバーラウンジ「ピッチクラブ(PITCH CLUB)」

 
二軒目で、おしゃれな場所を探すとき、まずここをチェックしてみてね!

お腹減ったら「グルメストリート」へ駆け込もう

遊んでお腹が空いてきたら、ぜひ1Fの「グルメストリート」のおいしい食事を楽しみましょう。

路地裏にある飲み屋横丁のような雰囲気で、開放的なスタイルです。

お腹減ったら「グルメストリート」へ駆け込もう

 
ここには、“横浜が好きな人による、横浜を好きになってもらうための場所”をテーマに、18店舗がずらりと大集結!

横浜名物「シウマイ」でおなじみの崎陽軒が、アソビルにて「シウマイBAR」をオープン。

 
冷めてもおいしいを特長とした崎陽軒のシュウマイですが、こちらの店では“蒸したて”を楽しめます。

もっちりとしたたまらない食感が特徴的、出来立てがめっちゃ旨い!と思わず感心。

食べ比べのできる「シュウマイ5種盛り合わせ」(5個、680円)は一番おすすめします。

 
コスパ抜群なのに本格的!
横浜の高島町にある人気寿司店「鮨 鈴な凛(すずなり)」が本店以外で初出店。

 
熟練の板前さんが握る旬のネタを気軽に堪能できます。一貫81円~でお財布にも優しい。

 
小腹が空い時におすすめなのが、東京麻布十番に本店を構える人気店「DUMBO Doughnuts and Coffee」のドーナツ。

ホームメイドにこだわり、もちもちとした生地がやみにつきになる美味しさ。写真は麻布十番本店の一番人気メニュー、フランボワーズ(1個350円)。

 
“横浜家系ラーメン”のなかでも壱系と呼ばれる名店「ラーメン壱六家」も。

 
純度100%の豚骨スープを使った豚骨醬油ラーメン(680円)は、コクとパンチがあり、ストレート麺にしっかり絡み、クセになること間違いなしの味わいです。

 

アソビルへ遊びに行こう

いかがでしたか?ここでは紹介しきれない楽しみ方はまだまだありますよ。

今度横浜へおでかけの際は、ぜひ「アソビル」に寄ってみてくださいね。

アソビルへ遊びに行こう

アソビル
住所:神奈川県横浜市西区高島2丁目14-9
営業時間:10:00~22:00(フロアによって異なります)
※詳しくは公式サイトをご確認ください。

※掲載した内容は、2019年3月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。

※表示価格はすべて税込です。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

筆者:まっぷるリンク おでかけ編集部

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×
×