「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  【北海道】北海道最大規模の市場!函館朝市で楽しむ海鮮三昧

【北海道】北海道最大規模の市場!函館朝市で楽しむ海鮮三昧

【北海道】北海道最大規模の市場!函館朝市で楽しむ海鮮三昧

by DiGJAPAN!

更新日:2017年1月18日

北海道を代表する味覚といえば何と言っても海の幸。とくに三方を海に囲まれた函館は、特産のイカやマグロをはじめ、さまざまな魚介が味わえる街です。観光で気軽に魚介を味わうのにおすすめなのが函館駅の隣にある函館朝市。今回はその函館朝市で味わえるおすすめグルメを紹介します。

まずは動画で函館朝市の様子を見てみましょう。

北海道の食材が集まる函館朝市

まずは函館朝市について簡単に紹介します。場所は函館駅のすぐそば、駅の正面口から出て左を向けばすぐにたくさんのお店が並んでいるのが分かります。ここは、新鮮な海産物や乾物、野菜を扱う店が約250軒も集まり、地元でとれた海鮮丼やお寿司が食べられる食堂も充実している市場です。

北海道の食材が集まる函館朝市

朝早くからたくさんの観光客で賑わっています

函館市民の台所と呼ばれる函館朝市には、北海道を中心に全国各地からさまざまな食材が集まります。早朝から営業している店が多く、昼過ぎには品切れになるところもあるので、なるべく早起きして出かけたいですね。商品選びのポイントは試食をさせてもらうこと。試食しても必ず買う必要はないので、いろんな店を回って好みを味を探すのがいいですよ。

イカを釣ってその場で食べる、元祖活いか釣り堀

函館朝市で大人気なのが、水槽に泳ぐイカを釣って、イカ刺しとして味わえる体験。釣りと言ってもイカに針を引っかけて揚げるだけなので子供でも楽しめます。ポイントはイカの耳に針をかけること。胴体にかけてイカを水から出すと、墨や水を吹くので注意してくださいね。

イカを釣ってその場で食べる、元祖活いか釣り堀

大人気のいか釣り体験

イカを釣り上げて店員に渡すと、その場でイカ刺しにしてくれます。調理の様子を見ることもでき、その包丁さばきのスピードに圧倒されますよ。ショウガ醤油もいいですが、一緒に付くイカゴロ(内臓)を醤油に溶いて味わうのもおすすめです。

新鮮なイカは透明でパリっとした食感

元祖活いか釣り堀
住所:北海道函館市若松町9-19 えきに市場内
営業時間:6:00~13:30(イカがなくなり次第終了)
定休日:1~6月・10~11月は第3水曜、5月20日~6月1日、イカ漁が中止の日
料金:時価(600円~)
※イカが水揚げされない場合は実施しません

海鮮料理の王道! 海鮮丼

函館に来たからには、白いご飯の上にイクラやホタテ、サーモン、マグロなどさまざまな魚介がのった海鮮丼は外せません。どのお店も使用する具材ごとにたくさんの種類の丼を用意しています。食べられない具材がのっていたら、外してくれるお店もあるので、注文時に確認してみてください。

今回は、どんぶり横丁の中にある海鮮丼のお店「馬子とやすべ」を紹介します。豊富な品揃えで、ボリュームたっぷりの海鮮丼が食べられる人気店です。おすすめは、とれたての新鮮素材を使ったサーモンいくら丼(1400円、お味噌汁と漬物付き)。

イクラには醤油で下味がしっかり付いているので、そのまま食べてもおいしい

醤油漬けにされたイクラとご飯との相性は最高

店内は2階もあって広々としています。

カウンター席もあるから一人でも入りやすいですよ

馬子とやすべ
住所:北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁市場内
営業時間:6:00~16:00
定休日:水曜

ランチにも!おすすめ握り寿司

海鮮丼に続いて、外国人に大人気の寿司。新鮮な魚介が集まる函館ですから寿司がおいしいのも当然ですよね。

今回、紹介するのはどんぶり横丁市場内にある「鮨処はこだて」です。シャリには函館産魚介と相性のいい、コクと旨味のある赤酢を使用しています。握り寿司や手巻き寿司のほかに、酢飯を使った海鮮丼が味わえるのも嬉しいですね。函館朝市内でも少し高い料金ではありますが、寿司ネタだけではなく、シャリにまでこだわった本格寿司が味わえるので、ぜひ行ってみてください。

ランチにも!おすすめ握り寿司

今回は握り寿司「函館」(3460円)を注文してみました

あっさりとしたシャリのため、ネタの味がしっかりと味わえます。ウニは無添加で醤油に付けずに、そのままが食べるのがおすすめとのことです。ネタの種類は季節により変動しますが、アワビやカズノコなど、北海道ならではのものが登場することもあります。

店主が心を込めて握る寿司は色鮮やかで、見た目が美しいのも特徴

寿司と一緒に注文したいのが、赤身マグロの刺身。日本でマグロといえば青森県の大間ですが、函館は津軽海峡を挟んで対岸にあるので、同等のおいしいマグロが水揚げされます。

赤身マグロの刺身(1200円)

鮨処はこだて
住所:北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁市場内
営業時間:8:00~14:00(夏期は7:00~16:00)
定休日:木曜(祝日の場合は水曜または金曜休)

筆者:DiGJAPAN!

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  > 

この記事に関連するタグ

×